AudiobookChannel

【AudiobookChannel】にて、文豪の朗読動画を配信しております。こちらhttps://www.youtube.com/channel/UCeTnkaLU8_MAMSdMFVrf1dw https://linktr.ee/harugoroshichimi

AudiobookChannel

【AudiobookChannel】にて、文豪の朗読動画を配信しております。こちらhttps://www.youtube.com/channel/UCeTnkaLU8_MAMSdMFVrf1dw https://linktr.ee/harugoroshichimi

    マガジン

    • 七味春五郎の作品ストック

    • 出版社「丸竹書房」のお仕事

      丸竹書房の出版状況を報告!

    • 七味春五郎の、ネタ三昧

      思いついたネタを、ツイートしていきます

    • 幕末新選組

      新選組関連の記事を集めたマガジンです

    • 新選組八犬伝

      新作、七味春五郎版、里見八犬伝を公開していきます!どうぞよろしく! 拡散希望です

    最近の記事

    再生

    【朗読 赤ひげ診療譚】山本周五郎『三、むじな長屋』 作業用BGM・睡眠導入などに  ナレーター七味春五郎 発行元丸竹書房

    再生リストはこちらです↓ https://www.youtube.com/watch?v=k6f9YlB1eHI&list=PLbLffmEwTDprl0_3t4U6aNHPXj0ZHky_C   むじな長屋に暮らす、職人佐八。労咳で死も間際になりながら、長屋の住人への施しをやめない。佐八の度を超した献身は何に起因するのか? 下町に暮らす極貧な庶民の治療を通じて、成長していく見習医員の姿を、今回も描きだします—— ※赤ひげという言葉を、名医の代名詞として定着させた、ヒューマンドラマの傑作。人間に期待しながら、その人間に裏切られるも、懸命に治療にあたる去定のもとで、保本登は、人として医師として成長していく。現代にも通じる社会問題をも描き出した名作を順次朗読していきます。 ■登場人物の紹介 新出去定(赤ひげ)……小石川養生所の医長。 保本登……長崎へ遊学後、江戸へ戻り、小石川養生所の医員見習となる。 森半太夫……養生所の見習医員。登の同僚。赤ひげを尊敬している。 お雪……養生所の賄所で働く。森を慕っている。 津川玄三……養生所の医員。登と交替して養生所を出る。 保本良庵……登の父。町医者。 保本八重……登の母。 天野源伯……幕府の表御番医(法印)。登の後援者。 天野ちぐさ……登の許婚者。登の遊学中に他の男と駆落ちをする。 天野まさを……ちぐさの妹。 ゆみ……富豪の娘。狂気で人を殺め養生所の離れに隔離されている。 お杉……ゆみの付添い女中。 お初……養生所の女中 竹造……養生所の小者。 佐八……輻屋の職人。末期の労咳患者。 おなか……別れた佐八の妻 太吉……おなかの息子 治兵衛……むじな長屋の差配 おこと……治兵衛の妻 平吉……佐八の友人にして、むじな長屋の住人 お松……むじな長屋の住人 川本靭負……松平壱岐守の家老 岩橋隼人……用人 ■用語集 黙許……モッキョ・黙認 二丁……一丁は、約109メートル 定火消……明暦の大火を教訓につくられた防火組織。はじめは四組で、のちに増えたが、大名火消、町火消の整備とともに縮小、元の四組にもどる。 厚味……コウミ・味がこってりしておいしいこと。ごちそう。 貪食……ドンショク・がつがつ喰らうこと。むさぼりくうこと 塵芥……ジンカイ 義絶……ギゼツ・肉親との関係を断つこと そぞろ……こころがおちつかない、そわそわすること 籠絡……ロウラク・巧みに手なずけて、自分の思い通りに操ること 因業……インゴウ・頑固で思いやりのないこと 二合五勺……コナカラ・一升の四分の一。0.45リットル ■「赤ひげ診療譚」目次 0:00 「むじな長屋」一 9:39 「むじな長屋」二 16:35 「むじな長屋」三 28:08 「むじな長屋」四 37:32 「むじな長屋」五 46:44 「むじな長屋」六 56:08 「むじな長屋」七 1:13:22 「むじな長屋」八 #山本周五郎 #朗読 #時代小説 #七味春五郎 ------------------------- 山本周五郎の長編はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=HGjbhb2x0Tw&list=PLbLffmEwTDppcuNWBi9S2xE09KMYIqMhE 半七捕物帳はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=iUobBtu-A4g&list=PLbLffmEwTDppu8wEkKJ4U1gfJyIrIuDVd 銭形平次捕物控はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=Gsuof7S8mX0&list=PLbLffmEwTDprV6OWTzThbBxKDoeB6a5r_ ーーーーー丸竹書房ホームページはこちらーーーーー ■https://marutakesyobou.com/ わたしの本です ■https://amzn.to/38g4RoI ■https://amzn.to/2vji2Xe ------------------------- ■画像をお借りしています。 https://pixabay.com/ja/ https://www.photo-ac.com/ ■効果音、音楽をお借りしています。 https://soundeffect-lab.info/ http://www.hmix.net/ http://shw.in/sozai/japan.php https://amachamusic.chagasi.com/ https://otologic.jp/ BGM:Copyright(C)Music Palette http://www.music-palette.com/ ■青空文庫、山本周五郎作品他、著作権きれた文芸多数 https://www.aozora.gr.jp/

      • 再生

        【長編朗読】野村胡堂 【美男狩】第一話「船の娘」   作業用BGM・睡眠導入などに 読み手七味春五郎  発行元丸竹書房

        今週より、野村胡堂の傑作長編「美男狩」をお届けいたします。  時は幕末、嘉永七年夏の七月。黒船来航の真っ只中。メリケンの船をめざす小舟からはじまる物語。その舟を追うは、幕末の英傑斉藤弥九郞と、その弟子桂小五郎。銭屋五兵衛の財宝をめぐって、一大ロマンが展開します。 ■銭形平次捕物控 作品リスト https://www.youtube.com/watch?v=TAZ_R3z6i_Q&list=PLbLffmEwTDprV6OWTzThbBxKDoeB6a5r_ ■銭形平次の長篇集はこちら! https://www.youtube.com/watch?v=ruF-vuGxqfs&list=PLbLffmEwTDprPA_TkWCNyyek_EKsRjHwj ◆山本周五郎の「赤ひげ診療譚」はこちら https://www.youtube.com/watch?v=k6f9YlB1eHI&list=PLbLffmEwTDprl0_3t4U6aNHPXj0ZHky_C ■登場人物紹介 銭屋五兵衛……幕末に世界を相手に抜け荷を行い、莫大な財宝を残して処刑される お京……五兵衛の 太三郎……銭屋五兵衛配下の船頭。 清水九兵衛……銭屋五兵衛配下の舟師。 お蘭……九兵衛の娘 多三郎……メリケン船の通辞だが、実は、五兵衛の部下。異人を装う。 篠原求馬……加州藩の武士だったが、父主殿が、銭五の疑獄で切腹。浪人となる。 斉藤弥九郞……幕末三大道場の一つ練兵館を創立した、神道無念流の達人。 桂小五郎……後の木戸孝允 斉藤勧之助……鬼勧の異名を持つ、弥九郞の子息。 お岩……弥九郞の妻 横山新太郎……求馬と同藩の武士。神道無念流の使い手。刀は、井上真改。 辰巳屋三次……江戸の侠客。新門辰五郎と並び称されるほどの、いい男。 江川太郎左衛門……伊豆の代官。弥九郞の親友 笹野雪江……梅辻規清の弟子で、女怪とよばれた女道士にして傑物。 奥様……? ■用語集 嘉永……1848年から1854年まで。大地震が立て続けにおこり、嘉永七年で安政に改元。前年にはペリー来航があった。 偉丈夫……イジョウブ・からだが大きくてたくましい男 櫓臍……ロベソ・櫓杭とおなじ 舷……フナベリ・船の両側面 美髯……ビゼン・美しく見事なほおひげ 詭道……キドウ・不正な手段 逸足……イッソク・すぐれた能力をもつ。逸材 深怨……シンエン 銀蛇……ギンダ 藤八拳……トウハチケン・狐拳、庄屋拳とも。両手を開いて、耳の辺りにあげるのが狐。膝の上に置くのを庄屋。左手を前に出すのが鉄砲 栄辱……エイジョク・名誉と恥辱 豁然……カツゼン・心の迷いや疑いが消える様。視野が大きく開ける様 閑寂……カンジャク・ひっそりとして落ち着いていること 稗史……ハイシ・小説 跋渉……バッショウ・仲良くすること。山野を越え、川を渡り、各地を歩き回ること 几帳……キチョウ・間仕切りや目隠しにつかう屏障具の一種 蘭灯……ラントウ・美しい燈籠。 ☆チャンネル登録お願いします →https://bit.ly/2WzKhMn ■この動画の目次 0:00 船路の巻 一  船路の巻 二  船路の巻 三  船路の巻 四  船路の巻 五  船路の巻 六  船路の巻 七  船路の巻 八  船路の巻 九  船路の巻 十  船路の巻 十一  船路の巻 十二  船路の巻 十三  船路の巻 十四  船路の巻 十五  船路の巻 十六  船路の巻 十七 #銭形平次捕物控 #野村胡堂 #朗読時代小説 ------------------------- 音本チャンネルへようこそ! ------------------------- チャンネル登録はこちらです ■https://bit.ly/3vXvUDm セカンドチャンネルはこちらです ■https://www.youtube.com/channel/UC2UJSjh_A_Erfoj7bD2drzA ★このCHANNELは、自作を朗読するために立ち上げました。朗読の上達と、創作の勉強をかねて、文豪方の胸を借りつつ、AudioBookの動画配信を日々行っております。 ーーーーー丸竹書房ホームページはこちらーーーーー わたくしのつくった個人出版社であります。 ■https://marutakesyobou.com/ わたしの本です ■https://amzn.to/38g4RoI ■https://amzn.to/2vji2Xe ------------------------- 山本周五郎の長編はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=HGjbhb2x0Tw&list=PLbLffmEwTDppcuNWBi9S2xE09KMYIqMhE 半七捕物帳はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=iUobBtu-A4g&list=PLbLffmEwTDppu8wEkKJ4U1gfJyIrIuDVd 銭形平次捕物控はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=Gsuof7S8mX0&list=PLbLffmEwTDprV6OWTzThbBxKDoeB6a5r_ 七味春五郎はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=R0Kduf0LNU8&list=PLbLffmEwTDpqgT7JTC6PiyBCIoaQzVEtY ------------------------- ■画像をお借りしています。 https://pixabay.com/ja/ https://www.photo-ac.com/ ■効果音、音楽をお借りしています。 https://soundeffect-lab.info/ http://www.hmix.net/ http://shw.in/sozai/japan.php https://amachamusic.chagasi.com/ https://otologic.jp/ BGM:Copyright(C)Music Palette http://www.music-palette.com/ ■青空文庫、山本周五郎作品他、著作権きれた文芸多数 https://www.aozora.gr.jp/

        • 再生

          【朗読 赤ひげ診療譚】山本周五郎『二、駆込み訴え』 作業用BGM・睡眠導入などに  ナレーター七味春五郎 発行元丸竹書房

          赤ひげという言葉を、名医の代名詞として定着させた、ヒューマンドラマの傑作。人間に期待しながら、その人間に裏切られるも、懸命に治療にあたる去定のもとで、保本登は、人として医師として成長していく。現代にも通じる社会問題をも描き出した名作を順次朗読していきます。 ■登場人物の紹介 新出去定(赤ひげ)……小石川養生所の医長。 保本登……長崎へ遊学後、江戸へ戻り、小石川養生所の医員見習となる。 森半太夫……養生所の見習医員。登の同僚。赤ひげを尊敬している。 お雪……養生所の賄所で働く。森を慕っている。 津川玄三……養生所の医員。登と交替して養生所を出る。 保本良庵……登の父。町医者。 保本八重……登の母。 天野源伯……幕府の表御番医(法印)。登の後援者。 天野ちぐさ……登の許婚者。登の遊学中に他の男と駆落ちをする。 天野まさを……ちぐさの妹。 ゆみ……富豪の娘。狂気で人を殺め養生所の離れに隔離されている。 お杉……ゆみの付添い女中。 竹造……養生所の小者。 六助……養生所の患者 牧野昌朔……外科の専任医師 金兵衛……六助のとまっていた旅籠の主人「柏屋」 藤助……おくにのいた長屋の家主 富三郎……おくにの夫 おくに……六助の娘。 とも……11になる長女。病で寝込んでいる 助三……八歳になる長男 おとみ……六歳 又次……三才 松蔵……五郎兵衛店という貸し屋の差配をしている。 島田越後守……北町奉行。おくにを裁く ■用語集 吐物……トブツ 腫脹……シュチョウ・炎症などが原因で、体の一部が腫れ上がること 初発……ショハツ 転帰……テンキ・病気が進行した結果、ある状態に至ること 激昂……ゲッコウ・ひどく起こること 文台……ブンダイ・書籍、硯箱などをのせる台 紫斑……シハン・紫色の斑紋 創面……ソウメン・傷口 患家……カンカ・医師の立場からみた、患者のいる家 施療……セリョウ・貧しい病人などを無料で治療すること 薬籠……ヤクロウ・薬箱 訴人……ソニン・告訴人 寺宝……ジホウ 利分……リブン・利益 人倫……ジンリン・人として守るべき道 入牢……ジュロウ・牢に入れられること 古家……コカ 厭悪……エンオ・嫌い憎むこと 情痴……ジョウチ・愛欲の為に理性を失うこと 妄執……モウシュウ・迷いによる執着 のらくら……怠けて遊んでいること 悋気……リンキ・嫉妬 持薬……ジヤク・常用薬 自責……ジセキ・自分で自分の過ちをとがめること ■「赤ひげ診療譚」目次 0:00 「駆込み訴え」一 9:39 「駆込み訴え」二 16:35 「駆込み訴え」三 28:08 「駆込み訴え」四 37:32 「駆込み訴え」五 46:44 「駆込み訴え」六 56:08 「駆込み訴え」七 1:13:22 「駆込み訴え」八 #山本周五郎 #朗読 #時代小説 #七味春五郎 ------------------------- 山本周五郎の長編はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=HGjbhb2x0Tw&list=PLbLffmEwTDppcuNWBi9S2xE09KMYIqMhE 半七捕物帳はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=iUobBtu-A4g&list=PLbLffmEwTDppu8wEkKJ4U1gfJyIrIuDVd 銭形平次捕物控はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=Gsuof7S8mX0&list=PLbLffmEwTDprV6OWTzThbBxKDoeB6a5r_ ーーーーー丸竹書房ホームページはこちらーーーーー ■https://marutakesyobou.com/ わたしの本です ■https://amzn.to/38g4RoI ■https://amzn.to/2vji2Xe ------------------------- ■画像をお借りしています。 https://pixabay.com/ja/ https://www.photo-ac.com/ ■効果音、音楽をお借りしています。 https://soundeffect-lab.info/ http://www.hmix.net/ http://shw.in/sozai/japan.php https://amachamusic.chagasi.com/ https://otologic.jp/ BGM:Copyright(C)Music Palette http://www.music-palette.com/ ■青空文庫、山本周五郎作品他、著作権きれた文芸多数 https://www.aozora.gr.jp/

          • 再生

            【朗読 赤ひげ診療譚】山本周五郎『一、狂女の話』 ナレーター七味春五郎 発行元丸竹書房

            赤ひげという言葉を、名医の代名詞として定着させた、ヒューマンドラマの傑作。人間に期待しながら、その人間に裏切られるも、懸命に治療にあたる去定のもとで、保本登は、人として医師として成長していく。現代にも通じる社会問題をも描き出した名作を順次朗読していきます。 ■登場人物の紹介 新出去定(赤ひげ)……小石川養生所の医長。 保本登……長崎へ遊学後、江戸へ戻り、小石川養生所の医員見習となる。 森半太夫……養生所の見習医員。登の同僚。赤ひげを尊敬している。 お雪……養生所の賄所で働く。森を慕っている。 津川玄三……養生所の医員。登と交替して養生所を出る。 保本良庵……登の父。町医者。 保本八重……登の母。 天野源伯……幕府の表御番医(法印)。登の後援者。 天野ちぐさ……登の許婚者。登の遊学中に他の男と駆落ちをする。 天野まさを……ちぐさの妹。 ゆみ……富豪の娘。狂気で人を殺め養生所の離れに隔離されている。 お杉……ゆみの付添い女中。 竹造……養生所の小者。 ■用語集 蒙昧……モウマイ・知識が不十分で道理に暗いこと 薄縁……ウスベリ・布のフチをつけたござ 食堂……ジキドウ 草本……ソウホン・本草学で、草の性質を持つ植物の総称 厳秘……ゲンピ・極秘 淫楽……インラク・色欲による快楽 本道……内科 内障眼……ソコヒ 患家……カンカ ■「赤ひげ診療譚」目次 0:00 「狂女の話」一 9:39 「狂女の話」二 16:35 「狂女の話」三 28:08 「狂女の話」四 37:32 「狂女の話」五 46:44 「狂女の話」六 56:08 「狂女の話」七 1:13:22 「狂女の話」八 #山本周五郎 #朗読 #時代小説 #七味春五郎 ------------------------- 山本周五郎の長編はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=HGjbhb2x0Tw&list=PLbLffmEwTDppcuNWBi9S2xE09KMYIqMhE 半七捕物帳はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=iUobBtu-A4g&list=PLbLffmEwTDppu8wEkKJ4U1gfJyIrIuDVd 銭形平次捕物控はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=Gsuof7S8mX0&list=PLbLffmEwTDprV6OWTzThbBxKDoeB6a5r_ ーーーーー丸竹書房ホームページはこちらーーーーー ■https://marutakesyobou.com/ わたしの本です ■https://amzn.to/38g4RoI ■https://amzn.to/2vji2Xe ------------------------- ■画像をお借りしています。 https://pixabay.com/ja/ https://www.photo-ac.com/ ■効果音、音楽をお借りしています。 https://soundeffect-lab.info/ http://www.hmix.net/ http://shw.in/sozai/japan.php https://amachamusic.chagasi.com/ https://otologic.jp/ BGM:Copyright(C)Music Palette http://www.music-palette.com/ ■青空文庫、山本周五郎作品他、著作権きれた文芸多数 https://www.aozora.gr.jp/

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 七味春五郎の作品ストック
            AudiobookChannel
          • 出版社「丸竹書房」のお仕事
            AudiobookChannel
          • 七味春五郎の、ネタ三昧
            AudiobookChannel
          • 幕末新選組
            AudiobookChannel
          • 新選組八犬伝
            AudiobookChannel
          • 七味春五郎の、道具大好き
            AudiobookChannel

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            再生

            【朗読まとめ】吉川英治 鳴門秘帖 【二、江戸の巻】   ナレーター七味春五郎  毎週木曜夜八時配信中!

            ※『二、江戸の巻』朗読まとめです。 一、上方の巻は、こちらです! https://youtu.be/cC1MvMtUeR8 大阪毎日新聞に1926年から連載された、長篇伝奇小説です!  倒幕の陰謀、宝暦事件から十年。事件の真相をさぐるべく、阿波に潜入した公儀隠密「甲賀世阿弥」の行方は知れないままだ。  世阿弥の行方をさがす男たちが、倒幕の密書〖鳴門秘帖〗をめぐって、闘争を繰り広げる一大絵巻。お聞きください! ■特設ページはこちら! https://marutakesyobou.com/?p=3741&preview=true ■用語集 水口……台所 鉄砲笊……細長い円筒形のざる 客死……キャクシ・カクシ・旅先または外国で死去すること 答え……イラエ 二天一作の五……九九の一つ。物を半分ずつにわけること 被布……ヒフ・着物の上にきる外衣 蠱惑……コワク・たぶらかすこと チボ……関西などでのスリ・巾着切りの呼び方 三世相……占いの一つ。または、その結果を記した書物 水調子……三味線の弦をゆるくはり、調子を特に低くした物 紅舌……コウゼツ・美人の口元、弁舌 意馬心猿……いばしんえん・煩悩妄念などで、心が乱れること ■登場人物 ○法月 弦之丞 (のりづき げんのじょう)…… 主人公・大番頭の若様。 ○甲賀 世阿弥(こうが ぜあみ) ……隠密組宗家。阿波に捕らわれている。 ○見返りお綱(みかえりおつな) ……江戸のスリ。 ○お千絵(おちえ)…… 世阿弥の娘。弦之丞に想いを寄せる。 ○蜂須賀 重喜(はちすか しげよし) ……黒幕とされる徳島藩第10代藩主。 ○天堂 一角(てんどう いっかく) …… 阿波の原士 ○お十夜 孫兵衛(おじゅうや まごべえ)…… 辻斬り。元阿波川島の原士。ソボロ助広の大刀を使う。常に、風呂に入る時も、お十夜頭巾をかぶっている。 ○旅川 周馬(たびかわ しゅうま)…… お十夜孫兵衛、天堂一角と共に法月弦之丞をねらう。お千絵に横恋慕しており、江戸の屋敷に監禁する。総髪でニキビ顔。 ○俵 一八郎(たわら いっぱちろう)……天満組同心。宝暦の変の黒幕が蜂須賀家ではないかと進言し、阿波の内情を探っている。鳩使い。 ○常木 鴻山(つねき こうざん)……元天満与力。俵一八郎の上役。宝暦の変の黒幕が蜂須賀家ではないかと進言し、阿波の内情を探っている。 ○万吉(まんきち)……目明し。鴻山や俵の部下。十手持ち。 ○平賀 源内(ひらが げんない)……作品では讃岐出身の医師として活躍する。 ○竹屋 三位卿 有村(たけや さんみきょう ありむら)……徳島藩に居候している公家。行動的で頭も回り、武芸も得意である。宝暦事件の首謀者であった。 ○三輪と乙吉(みわ と おときち)……角兵衛獅子の姉弟。 ○唐草銀五郎(からくさぎんごろう)……江戸の瓦屋だが、傾く甲賀家とお千絵のことを心配し、世阿弥を探しに阿波に向かう。 ○多市(たいち)……銀五郎の子分。孫兵衛に斬られ重傷を負う。 ○お米……川長の娘。労咳を病む。 ○お吉……万吉の妻 ○九鬼弥助……阿波のお船手組。 ○森啓之助……阿波のお船手組。 ○宅助……啓之助の仲間   ■山県大弐の活躍する、山本周五郎の「夜明けの辻」はこちら↓ https://youtu.be/Q9AbUKM73zY ■原士  というのは、現実にあった職制のようで、郷士のようで郷士でなく、藩の在地家臣として、れっきとしたもの。当初は原侍ともよばれ、原地を賜ったことからきているらしいです。 ■この動画の目次 0:00 お千絵様 28:44 旅川周馬 50:34 鏡の裏 1:19:18 悪玉と悪玉 #吉川英治 #長編 #朗読 #小説 #鳴門秘帖 ■江戸城心中再生リスト https://www.youtube.com/watch?v=_NcYTgrgS-M&list=PLbLffmEwTDpp7GlP3xlw-4uqFzpF-wcZO ■新編忠臣蔵もよんでおります  前篇 → https://youtu.be/UGFYWTl7QJc 後篇 → https://youtu.be/DS1Xiq6zzBQ ------------------------- ■画像をお借りしています。 https://pixabay.com/ja/ https://www.photo-ac.com/ ■効果音、音楽をお借りしています。 https://soundeffect-lab.info/ http://www.hmix.net/ http://shw.in/sozai/japan.php https://amachamusic.chagasi.com/ https://otologic.jp/ BGM:Copyright(C)Music Palette http://www.music-palette.com/ ■青空文庫、山本周五郎作品他、著作権きれた文芸多数 https://www.aozora.gr.jp/

            再生

            【人情朗読】山本周五郎詰『菊千代抄』2023Version ナレーター七味春五郎 発行元丸竹書房

            1950年(昭和25年)4月 『週刊朝日』掲載作品  巻野越後守の跡継ぎ、菊千代は、自分がまわりの遊び相手と何かが違うと感じていた。長じるほどにその思いは強くなっていく。ある日の遠乗りで、ついに事件は起こり——   ■用語集 朝散大夫……チョウサンダイフ・従五位下の唐名 謹厳……キンゲン・まじめでいかめしいこと 池畔……チハん・池の畔 小用……コヨウ・ショウヨウ・小便 分封……ブンポウ・領地を分け与えシ支配させる事 白皙……ハクセキ・いろのしろいこと 手爪先……テヅマサキ・手の指先 煩瑣……ハンサ・こまごましてわずらわしいこと 空疎……クウソ・空虚 惑乱……ワクラン・人の心などを惑わし乱す事 荒暴……コウボウ 愁眉……シュウビ・心配そうな顔つき 志操……シソウ・自分の主義や主張などを固く守って変えない心 愛憐……アイレン・哀れみ慈しむ事 ■登場人物 巻野菊千代……貞良の第一子。 巻野越後守貞良……寺社奉行。菊千代の父。 椙村半三郎……菊千代が一番信頼する遊び相手。近習。 松尾……菊千代の乳母。 木下市郎右衛門……松尾の父。 屋代藤七……松尾の夫。 樋口次郎兵衛……もと次席家老。菊千代の傅役。 庄吾満之助……菊千代の遊び相手。 巻野主税……菊千代の遊び相手。 柿沼大四郎……菊千代付きの若侍。 東谷……菊千代付きの若侍。 鶴子……菊千代の妹。 母……菊千代の生母。松平和泉守乗佑の娘。 佳玖子……菊千代の妹。 貞子……菊千代の妹。 淑子……菊千代の妹。 和島……中老。 竹中春岳……馬術の師範。 越後守貞意……菊千代の弟。 河井数馬……菊千代の新しい学友。近習。 末次猪之助……菊千代の新しい学友。近習。 佐野守衛……菊千代の新しい学友。近習。 矢島弥市……菊千代の近習。 茂平……波山村の小作人。 太九郎……保毛村の小作人。 市原数右衛門……名代名主。 竹次……原の小作人。非常に貧しく菊千代が援助をする。 おいく……竹次の女房。 正太……竹次の子。 楯岡三左衛門……某藩の浪人。菊千代が同情し屋敷内に住まわせる。 葦屋……腰元。 ■山本周五郎こぼれ話  山本周五郎は、時代小説のイメージが強いんですが、実生活では英語を連発していたらしい。英語学校の夜間部に通って習得したためで、その割に私生活は和服しか着ない。嫁は「きんべえ」もしくは「かみさん」と読んでいました。 ■「菊千代抄」目次 0:00 「菊千代抄」一 13:52 「菊千代抄」二 27:39 「菊千代抄」三 34:20 「菊千代抄」四 46:51 「菊千代抄」五 1:01:05 「菊千代抄」六 1:16:24 「菊千代抄」七 1:29:59 「菊千代抄」八 1:43:11 「菊千代抄」九 1:49:43 「菊千代抄」十 2:04:27 「菊千代抄」 #山本周五郎作 #朗読時代小説 #AudiobookChannel ■そのほかの傑作職人もの ちいさこべ → https://youtu.be/Wmzd48OURso おたふく三部作 → https://youtu.be/I1rRxXQgWvo 立春なみだ橋 → https://youtu.be/rTwRZPWo7Os ■山本周五郎サムライ劇場 ちくしょう谷 → https://youtu.be/G_EzCJ9XFwo 日日平安 → https://youtu.be/4Aw1GrJCaj0 夜明けの辻 → https://youtu.be/Q9AbUKM73zY 町奉行日記 → https://youtu.be/1lhBF39QdGk いさましい話 → https://youtu.be/QCcLS3e3VX4 大炊介始末 → https://youtu.be/gDXEmePeaH0 人情裏長屋 → https://youtu.be/dw4QwHmyJHQ 泥棒と若殿 → hhttps://youtu.be/W88fJoaBSOQ #山本周五郎 #朗読 #小説 #音本 #時代小説 #睡眠 #作業 #bgm ------------------------- サブチャンネルはこちらです ■https://www.youtube.com/channel/UC2UJSjh_A_Erfoj7bD2drzA 山本周五郎の長編はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=HGjbhb2x0Tw&list=PLbLffmEwTDppcuNWBi9S2xE09KMYIqMhE 半七捕物帳はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=iUobBtu-A4g&list=PLbLffmEwTDppu8wEkKJ4U1gfJyIrIuDVd 銭形平次捕物控はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=Gsuof7S8mX0&list=PLbLffmEwTDprV6OWTzThbBxKDoeB6a5r_ 旗本退屈男はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=v0DLSfAV9Ok&list=PLbLffmEwTDprjzY8W3ioaFm2C3fNkCcb2 七味春五郎はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=R0Kduf0LNU8&list=PLbLffmEwTDpqgT7JTC6PiyBCIoaQzVEtY ーーーーー丸竹書房ホームページはこちらーーーーー ■https://marutakesyobou.com/ わたしの本です ■https://amzn.to/38g4RoI ■https://amzn.to/2vji2Xe ------------------------- ■画像をお借りしています。 https://pixabay.com/ja/ https://www.photo-ac.com/ ■効果音、音楽をお借りしています。 https://soundeffect-lab.info/ http://www.hmix.net/ http://shw.in/sozai/japan.php https://amachamusic.chagasi.com/ https://otologic.jp/ BGM:Copyright(C)Music Palette http://www.music-palette.com/ ■青空文庫、山本周五郎作品他、著作権きれた文芸多数 https://www.aozora.gr.jp/

            再生

            【人情朗読】山本周五郎詰め合わせ/架け橋編『水戸梅譜/橋の下/落武者日記』 ナレーター七味春五郎 発行元丸竹書房

            今週は、水戸梅譜、橋の下、落武者日記、の三本をお届けします。 すべてあらたに撮り下ろしたものですので、再利用コンテンツではございます。 あしからず、ご了承くださいませ😀 ■「水戸梅譜」1942年(昭和17年)11月 『芸能文化』  山本周五郎版、水戸黄門!  若き水戸光圀の元に仕官にきた五百旗五郎兵衛というサムライ。仕官かなわじとみて、の庭にて腹を切ってしまう。光圀は、五百旗の遺族を探し出そうとするが……  水戸梅譜は、昭和十七年。三十九歳のときの作。同時期に日本婦道記の一連の作品が書かれていました。戦前の作品は焼き捨ててしまいたと云われていたそうですが、焼き捨てちゃだめな作品も多いです。 ■登場人物 小次郎……五郎兵衛の子。 五百旗五郎兵衛……奥州浪人。水戸家の庭前で切腹。 やす……五郎兵衛の妻。荒地千波ヶ原を開墾し小次郎を育てる。 徳川光圀……水戸藩主。 鈴木主税……水戸家執事。 お梶……熊七の娘。 熊七……やすの北隣の農夫。 くるまや六造……豪農。千波ヶ原の所有者。 井野甚四郎……河田の代官。 ■用語集 些少……サショウ・数量や程度が僅かなこと 公達……キンダチ・皇族の人々 厚志……コウシ・深い思いやりの気持ち 面形……オモカタ 荼毘……ダビ・火葬 叢林……ソウリン・樹木がむらがって生えている林 瓶子……ヘイシ・酒を入れて、つぐのに用いる器 土器……カワラケ 村夫子……ソンプウシ・むらの学者 行厨……コウチュウ・弁当 下賎……ゲセン・身分が低いこと ■橋の下 あらすじ  1958年(昭和33年)1月 『小説新潮』に発表され、38年と、45年に映像化された名作。  友人との決闘をひかえた若侍は、気負いのためか、約束の刻限よりはやく川原についてしまう。寒さに凍える若侍は、橋の下に火の手をみとめるが、そこにいたのは城下でも有名な「夫婦乞食」であった。  登場人物が少なく、みんな名前が出てこないという、めずらしい作品。若い過ちをさとす老人と、情景がかもす心象風景が印象的な作品です。 ■登場人物 若侍……決闘をひかえた侍。老乞食の話を聴く。 老人……橋の下に住む乞食。元侍であった。 妻女……老人の妻。 ■橋の下用語集 三叉……サンサ・みつまた 羨望……センボウ・うらやむこと ■落武者日記  昭和十六年三十八歳のときの作品。講談雑誌四月号掲載です。日米開戦を周五郎先生はラジオを前にきいていたらしく、「ひっそりと息を殺していた」そうで、内閣情報局が文化芸術においても、管轄統制の圧力をかけはじめます。そんな中で、周五郎先生は作品を書き続けました。  落武者日記は、関ヶ原のちが舞台で、西軍石田方についた祐八郎は、主君を見失い、山野をさまよう。途中友人をなくし、落ち武者狩りにおいたてられていくが。 ■登場人物紹介 大畑 祐八郎……石田三成の家臣。関ケ原合戦に破れて主君と離れる。 田ノ口義兵衛……石田三成の家臣。 若    菜……祐八郎の亡き妻。 ま    つ……農家の娘。怪我をしていた祐八郎を匿う。 柏山  条助……まつの兄。 徳川  家康……東軍の主将。 ■落武者日記 用語集 響音……キョウオン 永代……エイタイ・長い年月。永世 幕営……バクエイ・幕を張り巡らした陣営 扈従……コジュウ・貴人に付き従うこと 八千……ヤチ・数が極めて多いこと ■「山本周五郎詰め合わせ」目次 0:00 「水戸梅譜」一 7:46 「水戸梅譜」二 17:15 「水戸梅譜」三 24:55 「水戸梅譜」四 31:56 「水戸梅譜」五 37:38 「水戸梅譜」六 45:15 「水戸梅譜」七 53:02 「橋の下」 一 1:02:55 「橋の下」 二 1:13:15 「橋の下」 三 1:23:25 「橋の下」 四 1:33:35 「橋の下」 五 1:41:27 「落武者日記」 一の一 1:47:43 「落武者日記」 一の二 1:54:55 「落武者日記」 二の一 2:02:26 「落武者日記」 二の二 2:09:58 「落武者日記」 三の一 2:16:51 「落武者日記」 三の二  「落武者日記」 八 #山本周五郎作 #朗読時代小説 #AudiobookChannel ■そのほかの傑作職人もの ちいさこべ → https://youtu.be/Wmzd48OURso おたふく三部作 → https://youtu.be/I1rRxXQgWvo 立春なみだ橋 → https://youtu.be/rTwRZPWo7Os ■山本周五郎サムライ劇場 ちくしょう谷 → https://youtu.be/G_EzCJ9XFwo 日日平安 → https://youtu.be/4Aw1GrJCaj0 夜明けの辻 → https://youtu.be/Q9AbUKM73zY 町奉行日記 → https://youtu.be/1lhBF39QdGk いさましい話 → https://youtu.be/QCcLS3e3VX4 大炊介始末 → https://youtu.be/gDXEmePeaH0 人情裏長屋 → https://youtu.be/dw4QwHmyJHQ 泥棒と若殿 → hhttps://youtu.be/W88fJoaBSOQ #山本周五郎 #朗読 #小説 #音本 #時代小説 #睡眠 #作業 #bgm ------------------------- サブチャンネルはこちらです ■https://www.youtube.com/channel/UC2UJSjh_A_Erfoj7bD2drzA 山本周五郎の長編はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=HGjbhb2x0Tw&list=PLbLffmEwTDppcuNWBi9S2xE09KMYIqMhE 半七捕物帳はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=iUobBtu-A4g&list=PLbLffmEwTDppu8wEkKJ4U1gfJyIrIuDVd 銭形平次捕物控はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=Gsuof7S8mX0&list=PLbLffmEwTDprV6OWTzThbBxKDoeB6a5r_ 旗本退屈男はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=v0DLSfAV9Ok&list=PLbLffmEwTDprjzY8W3ioaFm2C3fNkCcb2 七味春五郎はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=R0Kduf0LNU8&list=PLbLffmEwTDpqgT7JTC6PiyBCIoaQzVEtY ーーーーー丸竹書房ホームページはこちらーーーーー ■https://marutakesyobou.com/ わたしの本です ■https://amzn.to/38g4RoI ■https://amzn.to/2vji2Xe ------------------------- ■画像をお借りしています。 https://pixabay.com/ja/ https://www.photo-ac.com/ ■効果音、音楽をお借りしています。 https://soundeffect-lab.info/ http://www.hmix.net/ http://shw.in/sozai/japan.php https://amachamusic.chagasi.com/ https://otologic.jp/ BGM:Copyright(C)Music Palette http://www.music-palette.com/ ■青空文庫、山本周五郎作品他、著作権きれた文芸多数 https://www.aozora.gr.jp/

            再生

            【朗読】月曜山本周五郎アワー『孫七とずんど』 読み手七味春五郎 発行元丸竹書房

            ■あらすじ  1945年(昭和20年)3月発表の滑稽物。好対照の親友だが、ぼけの孫七郎は、天然なのか大物なのか、なにも気にしないぶっ飛んだ男で、27才になるのに、戦場にでたことがない。一方つっこみ役の寸度右衛門は、そんな孫七がはがゆくてならない。どうにかこの友人を世に立てようと、策を練る。 ■登場人物 柿ノ木孫七郎……榊原康正の家臣。27才になるが、何も気にしない男で、留守部隊ばかり勤めたため、いくさにでたことがない。 石原寸度(ずんど)右衛門……酒井家の家臣。親友の孫七郎を世に出そうといろいろ画策する。 榊原康政……徳川家の武将。孫七郎の主君。 お初……六郎兵衛の妹。孫七郎の見合い相手。 ■用語集 蟄伏(ちっぷく)……ひそんでいること 佳麗(かれい)……美しい女性。 叢林(そうりん)……樹木が群がって、生えている林 搦手(からめて)……城や砦の裏門 究竟(くっきょう)……物事をきわめた最高の所。つまるところ。結局。 箙(えびら)……矢を入れる武具のこと。 ■「孫七とずんど」目次 0:00 一 6:49 二 13:34 三 21:36 四 30:55 五 39:37 六 #朗読 #時代小説 #睡眠 #作業用 #bgm  ■そのほかの傑作職人もの ちいさこべ → https://youtu.be/Wmzd48OURso おたふく三部作 → https://youtu.be/I1rRxXQgWvo 立春なみだ橋 → https://youtu.be/rTwRZPWo7Os ■山本周五郎サムライ劇場 ちくしょう谷 → https://youtu.be/G_EzCJ9XFwo 日日平安 → https://youtu.be/4Aw1GrJCaj0 夜明けの辻 → https://youtu.be/Q9AbUKM73zY 町奉行日記 → https://youtu.be/1lhBF39QdGk いさましい話 → https://youtu.be/QCcLS3e3VX4 大炊介始末 → https://youtu.be/gDXEmePeaH0 人情裏長屋 → https://youtu.be/dw4QwHmyJHQ 泥棒と若殿 → hhttps://youtu.be/W88fJoaBSOQ #山本周五郎 #朗読 #小説 #音本 #時代小説 #睡眠 #作業 #bgm

            再生

            【朗読】江戸川乱歩【お勢登場】  朗読七味春五郎  発行元丸竹書房

            「大衆文芸」に、1926年に掲載された作品ですが、乱歩には、連作犯罪小説に仕立てる構想があったらしく、いずれは、この北村おせいという悪女と、明智小五郎とを対決させる構想を発表していました。が、続編が執筆されなかったのは、残念。 ■用語集 細君……サイクン・妻 一縷……イチル・ごくわずか 逢瀬……オウセ・男女がひそかに会う機会 疎漏……ソロウ・手落ち 姦婦……夫以外と密通する女性 悶死……モンシ・もだえ苦しんで死ぬこと 千秋……センシュウ・非常に長い年月 欺瞞……ギマン・あざむくこと、だますこと ■登場人物紹介 格太郎……主人公。労咳のため、余命幾ばくもない。 おせい……格太郎の妻。書生と不倫している。 格二郎……格太郎の弟。 正一……格太郎とおせいの息子。 ■この動画の目次 0:00 お勢登場 一 7:19 お勢登場 二 13:31 お勢登場 三 20:50 お勢登場 四 32:21 お勢登場 五 39:11 お勢登場 六 ☆チャンネル登録お願いします →https://bit.ly/2WzKhMn ★おすすめ! 江戸川乱歩の長編「幽霊塔」https://www.youtube.com/watch?v=9XIGFrJzL2U #江戸川乱歩 #朗読 #ミステリー

            再生

            文豪芥川龍之介が一九一五年に書いた小説を読んでみた。【ひょっとこ、松江印象記、羅生門】  朗読七味春五郎  発行元丸竹書房

            芥川龍之介が、一九一五年に発表した三作品を、朗読してまとめております。 大正四年四月(帝国文学) ひょっとこ     八月(松陽新報) 松江印象記     十一月(帝国文学) 羅生門 ■ひょっとこ ○登場人物 山村平吉……ひょっとこの面をかぶり、馬鹿踊りをする絵具屋のおやじ。 ○用語集 艇庫……テイコ 友禅……ユウゼン・友禅染、布に模様を染める技法の一つ 岩緑青……イワロクショウ・日本画で使われる緑色の顔料。孔雀石から生産 深間……フカマ・男女が別れられないほど、深い仲になること 赤毛布……アカゲット ■松江印象記 ○用語集 河流……カリュウ 木橋……モクキョウ 神橋……シンキョウ・栃木県日光市大谷川にかかる朱塗りの木橋。もとは、勅使、将軍専用 風趣……フウシュ・おもむき 愛惜……アイジャク・あいせき 没却……ボッキャク・念頭に置かないこと 梵刹……ボンサツ・仏寺 廟所……ビョウショ・墓所 忌憚……キタン・いみはばかること。 索漠……サクバク・物寂しく感じること 嗤笑……シショウ・嘲り笑うこと 街衢……ガイク・町。ちまた 水郷……スイキョウ・スイゴウ・湖や川の景色が美しい町や村 首肯……シュコウ・うなずくこと。納得し、賛成すること 蕪雑……ブザツ・雑然としていること ■羅生門 ○登場人物紹介 下人…… ○用語集 丹塗……ニヌリ・丹、または朱で塗ること 朱雀大路……平城京、長岡京、平安京、中央を南北に通じる大路 鴟尾……シビ・かわらぶき屋根の大棟の両端につけられるかざり 衰微……スイビ・衰弱 甍……イラカ・家の上棟。家屋の背、屋根の頂上の部分。 低回……テイカイ・思いにふけりながら、ゆっくり歩き回ること 逢着……ホウチャク・いきあたること 嚔……クサメ・くしゃみ 檜皮色……ヒワダイロ・黒みがかった蘇芳色(黒みを帯びた赤) 暫時……ザンジ・少しの間 語弊……ゴヘイ・言葉の使い方で、誤解を招くこと 聖柄……ヒジリヅカ・三鈷柄の刀剣 検非違使……ケビイシ・平安初期に設置された治安維持と民政のための機関 四寸……シスン・十二センチ 疫病……エヤミ 黒洞々……コクトウトウ・洞穴の中のように、あたり一面まっくらで見分けのつかない様 ■この動画の目次 0:00 ひょっとこ 19:11 松江印象記 30:56 羅生門 #芥川龍之介 #朗読 #文豪 #羅生門 #AudioBook

            再生

            「山本周五郎/正雪記二十八 (第三部 八話)」 全三十一回 朗読七味春五郎  発行元丸竹書房

            ■第一部朗読まとめ(全八話)  →https://youtu.be/6h273xtEKYc ■第二部朗読まとめ(全十二話) →https://www.youtube.com/watch?v=7w3Cgi6lT3Q ■正雪記 再生リストはこちらです https://www.youtube.com/watch?v=ekNYrtKdfwk&list=PLbLffmEwTDprCWVypkXcxHEboAa3VBwyK ■特設ページはこちらです https://bit.ly/3M1c66U ■登場人物紹介 小太郎……由井与四郎。染め物職人の息子。のちに久米と名を変える。のち、久米与四郎 与兵衛……小太郎の父 おつね……小太郎の母 矢橋忠左衛門……紀伊家の侍をきって、逃げている浪人 矢橋小太郎……忠左衛門の息子 又兵衛……細工師 弓谷五郎兵衛……貧窮する浪人。 石川主税助……楠木流の兵学を教える浪人 林羅山……忍岡に塾を開く。儒者 金井半兵衛……改易になった蒲生家の浪人 はん……主税助の娘 小栗半太夫……頼宣の家臣 紀伊頼宣……紀伊大納言。楠木流の兵学に興味をもち、与四郎をめしだす。 安藤帯刀……家老。家康から頼宣につけられた。 勾坂喜兵衛……信濃松代の豪農の嫡男 味平兵庫……木曽で出会った剣客 次郎右衛門……喜兵衛の弟 小浪……喜兵衛の妹 小松……喜兵衛の妹 瀬尾…………喜兵衛の母 千鳥……勾坂家の先祖 小藤次……千鳥につかえる青年 妻戸……ツマド・家の端にある開き戸 弥五……はんにつかえる飯炊きの老人 とく……古谷孝平の娘。 トーマス・ジョンストン……クローグ号の船員。とくと結婚するが、マニラに追放される かなえ……とくとトーマスの娘 勘次……与四郎をすくった猟師 老……木曽の御岳で出会った老人。占星術をつかう 猪之助……勾坂の奉公人で、御岳山の先達 藤吉……勾坂の下僕 増六……田島という部落で樵をしている。切支丹。元は武士。 才助……増六の息子 シュモン善兵衛……増六の仲間 天草四郎……島原の首領 丸橋忠弥……宝蔵院流の槍の達人 五郎丸……与四郎が、小倉で拾った少年 松平信綱……寄せ手の大将 石谷十蔵……幕府の監察使 油屋重右衛門……戦場商いをする油屋の主人 重兵衛……重右衛門の息子 お歌……重兵衛の妻 後藤庄之助……はんに求婚する。銭座の肝いりをしている。 お辰……はんの家の裏で商売をしている女 おしゅん……はんが助けた少女。 善六……おしゅんの父 伝左……かごやの親方。侠気のある漢。 つた……肥前屋の女中 よしの……肥前屋の女中 中村佐兵衛……与力 鳴海平蔵……銀座支配 加ヵ爪忠澄……南町奉行 青木三左衛門……つなの結婚相手 平六……倉沢で伝馬をやっている。与兵衛から製紙の仕事をうばいとる。 新助……府中屋 丈吉……相模屋。与兵衛を助ける。 木右衛門……大工。与兵衛の屋敷をたてる 仲蔵……与兵衛のやとった下男 勘助……与兵衛のやとった庭番 剛八……肥前屋のもので、かなえを与兵衛のもとにつれてくる。 覚念……槍をつかう僧 はつ……庄三郎の世話をする老女 渡平……丸橋道場の小者 廓念……坊主 吉岡清之助……代官 おなつ……旅籠「鈴半」の女中 弓谷五郎兵衛……元武士。農夫となった二十軒を切り開く。おなつの父 和田屋嘉平……森戸の庄屋 金之助……おなつの弟 石渡安左エ門……二十軒の老人。 伝吉郎……安左エ門の孫 ちぐさ……和田屋の娘 本野平右衛門……代官 ■用語集 疫癘……エキレイ・悪性の流行病 瞞着……マンチャク・ごまかすこと。だますこと 中啓……ちゅうけい・扇の一種 擾乱……ジョウラン・秩序をかき乱すこと。 警鈴……ケイレイ 騒擾……ソウジョウ・集団で騒ぎを起こし、秩序を乱すこと ■この動画の目次 0:00 正雪記 第三部 八の一 8:50 正雪記 第三部 八の二 17:31 正雪記 第三部 八の三 26:18 正雪記 第三部 八の四 34:26 正雪記 第三部 八の五 #山本周五郎 #朗読 #長編 ------------------------- チャンネル登録はこちらです ■https://www.youtube.com/channel/UCeTnkaLU8_MAMSdMFVrf1dw セカンドチャンネルはこちらです ■https://www.youtube.com/channel/UC2UJSjh_A_Erfoj7bD2drzA ★このCHANNELは、自作を朗読するために立ち上げました。朗読の上達と、創作の勉強をかねて、文豪方の胸を借りつつ、AudioBookの動画配信を日々行っております。 ーーーーー丸竹書房ホームページはこちらーーーーー わたくしのつくった個人出版社であります。 ■https://marutakesyobou.com/ わたしの本です ■https://amzn.to/38g4RoI ■https://amzn.to/2vji2Xe ------------------------- 山本周五郎の長編はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=HGjbhb2x0Tw&list=PLbLffmEwTDppcuNWBi9S2xE09KMYIqMhE 半七捕物帳はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=iUobBtu-A4g&list=PLbLffmEwTDppu8wEkKJ4U1gfJyIrIuDVd 銭形平次捕物控はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=Gsuof7S8mX0&list=PLbLffmEwTDprV6OWTzThbBxKDoeB6a5r_ 七味春五郎はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=R0Kduf0LNU8&list=PLbLffmEwTDpqgT7JTC6PiyBCIoaQzVEtY ------------------------- ■画像をお借りしています。 https://pixabay.com/ja/ https://www.photo-ac.com/ ■効果音、音楽をお借りしています。 https://soundeffect-lab.info/ http://www.hmix.net/ http://shw.in/sozai/japan.php https://amachamusic.chagasi.com/ https://otologic.jp/ BGM:Copyright(C)Music Palette http://www.music-palette.com/ ■青空文庫、山本周五郎作品他、著作権きれた文芸多数 https://www.aozora.gr.jp/

            再生

            金曜山本周五郎アワー『ゆうれい貸屋』【朗読時代小説】 ナレーター七味春五郎 発行元丸竹書房

            ■ゆうれい貸屋 1950年(昭和25年)8月 『講談雑誌』  山本周五郎が得意とした滑稽物の一遍で、まるで落語。なんども映像化されている人気作。  腕のいい桶職人なのに、人間ばなれのしたなまけもので、女房には逃げられる貧乏暮らし。家主の平作は、米味噌をとどけては意見をしているが、本人の弥六がいっこう気にしていない。  そんな弥六の長屋に、辰巳の芸妓と名乗る、べっぴんの幽霊があらわれて……    この年は、同じ講談雑誌に「楽天旅日記」を十ヶ月にわたって連載。  同時に日本最大のの出版社だった、博文館の衰退にともない、主戦場を新潮社や文藝春秋社などにうつしていく。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ■おまけ動画について  近頃ゆる体操のお師匠さんといっしょに(小野先生)YouTubeChannelを立ち上げました。こちらには、撮影スタッフとして参加しております。今回のおまけ動画は、先週から配信しているゆるウォーク。その撮影のときに、私もいっしょに体操しましたので、そのようすを撮影したものを掲載しています。 《岡山駅元ゆる体操教室》はこちらです↓  https://www.youtube.com/channel/UCnuDd0DgwDQa1bwFo8Tql3w  小野先生のリードにあわせて、各種の体操がしていただけるような動画内容となっております。教室風のゆる体操動画の他、対談や、アンサー動画も配信していく予定です。  アスリート向けの動画配信をメンバーシップで行う予定ですので、みなさま登録者1000人にむけて、チャンネル登録のご協力お願いいたします。   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ■登場人物 弥六……腕のいい桶職人だが、度外れた怠け者でもある。 お染……元辰巳芸妓の幽霊。弥六と夫婦約束をしするが。 お兼……弥六の女房。実家に帰っている。 平作……長屋の家主。お兼に同情し弥六に度々意見をする。 お勘……弥六の隣家の女房。 男の幽霊……元紙屑拾い。 男の幽霊……いびき男にまけ、声を枯らす。 娘の幽霊……生前からの浮気もの。 娘の幽霊……実直者。 爺さん幽霊……疝痛持ち。 婆さん幽霊……喘息。 ■勉強用用語集 ■「ゆうれい貸屋」目次 0:00 一、怠ける者にも云えば理はあり 6:14 二、出る幽霊の身に都合あり 12:15 三、夜中の宴に酒と蒲焼き 23:29 四、これは乙なり夜だけの妻 34:56 五、世に例なき商売のこと 40:46 六、世間に楽な業はなし 46:44 七、貧乏人は三界が苦 59:37 八、元におさまる般若心経 #朗読 #時代小説 #睡眠 #作業 #bgm #山本周五郎 #音本 ■そのほかの傑作職人もの ちいさこべ → https://youtu.be/Wmzd48OURso おたふく三部作 → https://youtu.be/I1rRxXQgWvo 立春なみだ橋 → https://youtu.be/rTwRZPWo7Os ■山本周五郎サムライ劇場 ちくしょう谷 → https://youtu.be/G_EzCJ9XFwo 日日平安 → https://youtu.be/4Aw1GrJCaj0 夜明けの辻 → https://youtu.be/Q9AbUKM73zY 町奉行日記 → https://youtu.be/1lhBF39QdGk いさましい話 → https://youtu.be/QCcLS3e3VX4 大炊介始末 → https://youtu.be/gDXEmePeaH0 人情裏長屋 → https://youtu.be/dw4QwHmyJHQ 泥棒と若殿 → hhttps://youtu.be/W88fJoaBSOQ ------------------------- ○野村胡堂の朗読動画再生リスト ■銭形平次 https://www.youtube.com/watch?v=WDrZLXZPb2s&list=PLbLffmEwTDprV6OWTzThbBxKDoeB6a5r_ ■銭形平次 中・長篇 https://www.youtube.com/watch?v=NhMEugRhG8E&list=PLbLffmEwTDprPA_TkWCNyyek_EKsRjHwj ■池田大助捕物帳 https://www.youtube.com/watch?v=tMUPYoxZiRo&list=PLbLffmEwTDpqtBIGjphTFuN_g3zGCNzxK ■磯川兵助功名噺 https://www.youtube.com/watch?v=CXHLqBZYZzI&list=PLbLffmEwTDpoSdpI3O4KtDLWnVtIzOD8b ○江戸川乱歩の朗読動画再生リスト https://www.youtube.com/watch?v=9XIGFrJzL2U&list=PLbLffmEwTDprzpiYdpfh8gF1-1GeZ47hQ ○吉川英治の朗読動画再生リスト ■鳴門秘帖 https://www.youtube.com/watch?v=xLmO0fynRWE&list=PLbLffmEwTDprUlZiydjep1nPqCNQqjSjw ■江戸城心中 https://www.youtube.com/watch?v=_NcYTgrgS-M&list=PLbLffmEwTDpp7GlP3xlw-4uqFzpF-wcZO ■忠臣蔵 https://www.youtube.com/watch?v=UGFYWTl7QJc&list=PLbLffmEwTDpp8BOs3psa4vrmCr4CIFJId ■宮本武蔵 https://www.youtube.com/watch?v=6Kgo0k3pwVY&list=PLbLffmEwTDpptSATwqE3PtoxHMFPk5voQ ○山本周五郎の朗読動画再生リスト ■傑作選 https://www.youtube.com/watch?v=ROaFzZBuRx4&list=PLbLffmEwTDpqZQF2P5DIQH8Ou-5s3ltQY ■長篇・中篇 https://www.youtube.com/watch?v=6h273xtEKYc&list=PLbLffmEwTDppcuNWBi9S2xE09KMYIqMhE ■むかしも今も/柳橋物語 https://www.youtube.com/watch?v=XEadUG2akF0&list=PLbLffmEwTDpqsbOUIFJWzcQppzLW5VKK5 ■日本婦道記 https://www.youtube.com/watch?v=xSTGbFfsWxo&list=PLbLffmEwTDpokH58s0YeBcOiXTXfmTb8d ■正雪記 https://www.youtube.com/watch?v=6h273xtEKYc&list=PLbLffmEwTDprCWVypkXcxHEboAa3VBwyK ■ながい坂 https://www.youtube.com/watch?v=aAxlB6Uv_gE&list=PLbLffmEwTDppXmvSmjRbDYTIIYx48ycYb ■青ベか物語 https://www.youtube.com/watch?v=NLKu2osoGj8&list=PLbLffmEwTDpoNoIhKHyji8T4Mp4LE8Wwb ※他多数 ○岡本綺堂の朗読動画再生リスト ■半七捕物帳 https://www.youtube.com/watch?v=iUobBtu-A4g&list=PLbLffmEwTDppu8wEkKJ4U1gfJyIrIuDVd ○佐々木味津三の朗読動画再生リスト ■旗本退屈男 https://www.youtube.com/watch?v=v0DLSfAV9Ok&list=PLbLffmEwTDprjzY8W3ioaFm2C3fNkCcb2

            再生

            山本周五郎アワー『鼓くらべ』【朗読時代小説】読み手七味春五郎 発行元丸竹書房

            1941年(昭和16年)1月 『少女の友』  山本周五郎、このとき三十八才。太平洋戦争がはじまった年で、山本周五郎はラジオの前で、まんじりともせず、息を殺していたそうです。  各分野で協会ができ、文化統制の圧力をうけはじめます。暗雲の下で周五郎先生、その年もひたすら小説を書き続けます。 ■「鼓くらべ」登場人物 お留伊……絹問屋の娘。鼓の名手。 老人……老絵師。お留伊の鼓に聞き惚れる。 お宇多……海産物問屋「能登屋」の娘。お留伊のライバル。 観世仁右衛門……お留伊の師匠。 観世市之丞……観世の囃子方の名人。 六郎兵衛……観世の囃子方の名人。市之丞と鼓くらべをする。 観世幸太夫……鼓くらべの笛方。 ■勉強用用語集 温雅……オンガ・穏やかで上品なこと。しとやかなこと。 根雪……ネユキ・とけないうちに、雪が更に降り積もって、雪解けまで残る下積みの雪 木賃宿……キチンヤド・自炊させて泊めた宿。食事付きの宿は、旅籠。 清浄……ショウジョウ・清らかでけがれのないこと。 楽殿……ガクデン・音楽や舞踏を上演する建物。 嘉例……カレイ・めでたい先例。 御簾……ミス・貴人に用いるすだれ。 端座……タンザ・正座 ■「鼓くらべ」目次 0:00 鼓くらべ 一 6:38 鼓くらべ 二 14:16 鼓くらべ 三 22:09 鼓くらべ 四 #朗読 #時代小説 #睡眠 #作業 #bgm #山本周五郎 #音本 ■そのほかの傑作職人もの ちいさこべ → https://youtu.be/Wmzd48OURso おたふく三部作 → https://youtu.be/I1rRxXQgWvo 立春なみだ橋 → https://youtu.be/rTwRZPWo7Os ■山本周五郎サムライ劇場 ちくしょう谷 → https://youtu.be/G_EzCJ9XFwo 日日平安 → https://youtu.be/4Aw1GrJCaj0 夜明けの辻 → https://youtu.be/Q9AbUKM73zY 町奉行日記 → https://youtu.be/1lhBF39QdGk いさましい話 → https://youtu.be/QCcLS3e3VX4 大炊介始末 → https://youtu.be/gDXEmePeaH0 人情裏長屋 → https://youtu.be/dw4QwHmyJHQ 泥棒と若殿 → hhttps://youtu.be/W88fJoaBSOQ ------------------------- サブチャンネルはこちらです ■https://www.youtube.com/channel/UC2UJSjh_A_Erfoj7bD2drzA 山本周五郎の長編はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=HGjbhb2x0Tw&list=PLbLffmEwTDppcuNWBi9S2xE09KMYIqMhE 半七捕物帳はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=iUobBtu-A4g&list=PLbLffmEwTDppu8wEkKJ4U1gfJyIrIuDVd 銭形平次捕物控はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=Gsuof7S8mX0&list=PLbLffmEwTDprV6OWTzThbBxKDoeB6a5r_ 旗本退屈男はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=v0DLSfAV9Ok&list=PLbLffmEwTDprjzY8W3ioaFm2C3fNkCcb2 七味春五郎はこちらです ■https://www.youtube.com/watch?v=R0Kduf0LNU8&list=PLbLffmEwTDpqgT7JTC6PiyBCIoaQzVEtY ーーーーー丸竹書房ホームページはこちらーーーーー ■https://marutakesyobou.com/ わたしの本です ■https://amzn.to/38g4RoI ■https://amzn.to/2vji2Xe ------------------------- ■画像をお借りしています。 https://pixabay.com/ja/ https://www.photo-ac.com/ ■効果音、音楽をお借りしています。 https://soundeffect-lab.info/ http://www.hmix.net/ http://shw.in/sozai/japan.php https://amachamusic.chagasi.com/ https://otologic.jp/ BGM:Copyright(C)Music Palette http://www.music-palette.com/ ■青空文庫、山本周五郎作品他、著作権きれた文芸多数 https://www.aozora.gr.jp/

            再生

            【月曜山本周五郎アワー】『江戸の土圭師』山本周五郎【朗読時代小説】読み手七味春五郎 発行元丸竹書房

            小説の職人であった、山本周五郎の習作の姿勢がかいまみえる作品。最初のおくさんに対する感謝も吐露しているのかもしれません(^_^) 1942年(昭和17年)7月 『譚海』にて発表作品。  おそらく、「おれの女房」 https://www.youtube.com/watch?v=0_WqwM_7ESI  の元になったであろう作品です。若いながら名人といわれる腕をもつが、職人気質で、いいものをつくるためなら期日を守らず、ひどい貧乏暮らしをしている三次郎。お兼は愛想をつかして、家で出て行く。三次郎も窮して飲み歩くようになる。すっかりおちぶれてしまう。 ■登場人物 三次郎……時計職人。 徳兵衛……錺職「高橋屋」の主人。三次郎を育てた。 お兼……三次郎の女房。 小林八郎兵衛……三次郎の師。 灘屋七之助……三次郎のライバルとなる時計師。 和田貞次郎……三次郎のライバルとなる時計師。 長兵衛……長屋の家主。 ■用語集 半紙(はんし)……ここでは、延べ紙を半分にはった紙のこと。 ちりけ……灸点の箇所。えりくびの下。ちりけもとは、くびすじのこと。 琴曲(きんきょく)……七弦琴または十三弦琴でこく曲のこと。 胡弓(こきゅう)……日本の弦楽器。三味線を小さくしたような形。 芸題(げだい)……げいだい。上演される芸能の題名。 一揖(いちゆう)……軽くおじぎすること。 鬢髪(びんぱつ)……鬢の部分の髪。または、頭髪。 見料(けんりょう)……見物料。 韻律(いんりつ)……リズム。 ■「江戸の土圭師」目次 0:00 一 5:32 二 12:16 三 18:21 四 25:08 五 31:05 六 ■そのほかの傑作職人もの ちいさこべ → https://youtu.be/Wmzd48OURso おたふく三部作 → https://youtu.be/I1rRxXQgWvo 立春なみだ橋 → https://youtu.be/rTwRZPWo7Os ■山本周五郎サムライ劇場 ちくしょう谷 → https://youtu.be/G_EzCJ9XFwo 日日平安 → https://youtu.be/4Aw1GrJCaj0 夜明けの辻 → https://youtu.be/Q9AbUKM73zY 町奉行日記 → https://youtu.be/1lhBF39QdGk いさましい話 → https://youtu.be/QCcLS3e3VX4 大炊介始末 → https://youtu.be/gDXEmePeaH0 人情裏長屋 → https://youtu.be/dw4QwHmyJHQ 泥棒と若殿 → hhttps://youtu.be/W88fJoaBSOQ #山本周五郎 #朗読 #小説 #音本 #時代小説 #睡眠 #作業 #bgm

            再生

            江戸川乱歩作 「押絵と旅する男」 【作業・睡眠用BGM】 朗読七味春五郎  発行元丸竹書房

            江戸川乱歩、音本リスト →https://bit.ly/3Rio1zP ■押絵と旅する男 1929年(昭和4年)新青年 6月号掲載。  この時期、乱歩は実際に旅に出て、魚津にも訪れていた。そのたいけんをもとに書かれた作品だが、第一稿は本人も気に入らなかったらしく、乱歩自身の手で破り捨てられている。残っているのは、あらためて執筆された作品。  ■本編の登場人物 私……語り手。 男……額入りの絵と旅をしている。 兄……男の兄だというが、その昔行方不明となる。 お七……押し絵の中の女 吉三……お七の相棒 ■用語集 一隅……イチグウ・片隅 臙脂……エンジ・赤色の染料 妖異……ヨウイ・怪しくて普通でないもの 二等車……元国鉄の旅客サービスの等級。三等級あった。現在で言うグリーン車 黒血……腫れ物などから出る、黒みをおびた悪血。 舷灯……ゲントウ 結綿……島田髷のひとつ 嬌羞……キョウシュウ・女性のなまめかしい恥じらい 緋鹿の子……緋色の鹿の子絞り 凌雲閣……浅草公園にあったレンガ造り、十二階建て。関東大震災で半壊、撤去された。 盆石……ボンセキ・漆盆の上に庭園をつくる縮景の芸術 煩悶……ハンモン・苦しみもだえること ★おすすめ! 江戸川乱歩の長編「幽霊塔」 https://bit.ly/3Rio1zP https://www.youtube.com/watch?v=9XIGFrJzL2U #江戸川乱歩 #朗読 #ミステリー

            再生

            江戸川乱歩作「屋根裏の散歩者」  朗読七味春五郎  発行元丸竹書房

            江戸川乱歩、音本リスト →https://bit.ly/3Rio1zP ■屋根裏の散歩者  発表は大正十五年(1925年) 明智小五郎シリーズの5作目にあたります。明智小五郎の初出は、「D坂の殺人事件」  有名な作品なので、読んでみました。映像化されたものとは、ずいぶん印象がちがいます。まず、短編と思っていなかったです。  D坂が、発表されたのも同じ年。専業作家として、歩みをはじめたばかりの乱歩。精力的に活動を続けております。6ヶ月連続掲載の五作目で(ちなみに四作目は赤い部屋https://youtu.be/n7HX3JOKa4M)、 末期ガンの親の面倒をみながら書いた乱歩は、ひどい精神状態で、本作のことも全くの駄作と思ったらしい。酷評もされたが、好評であった面もあり、三十代前半の乱歩は、再び自信をとりもどした。 ■本編の登場人物 郷田三郎……25才。明智の影響で、犯罪嗜好癖をもつにいたる。 明智小五郎……三郎の友人。素人探偵 遠藤……歯科医者の助手。 北村……遠藤の友人。遠藤の部屋の管理を任されている。 ■用語集 雑踏……ザットウ・人混み 通暁……ツウギョウ・徹夜 止宿……シシュク・下宿すること 顧慮……コリョ・あることをしっかり考えに入れて心を配ること 眩惑……ゲンワク・目がくらんで、正しい判断が出来なくなること とつおいつ……考えが定まらず、あれこれと思い悩む様 旋転……センテン・くるくるまわること ■目次 0:00 屋根裏の散歩者 一 11:41 屋根裏の散歩者 二  21:19 屋根裏の散歩者 三 35:08 屋根裏の散歩者 四 45:22 屋根裏の散歩者 五 55:45 屋根裏の散歩者 六 1:07:15 屋根裏の散歩者 七 1:19:47 屋根裏の散歩者 八 1:29:56 おまけ「音本ご紹介」 ★おすすめ! 江戸川乱歩の長編「幽霊塔」 https://bit.ly/3Rio1zP https://www.youtube.com/watch?v=9XIGFrJzL2U #江戸川乱歩 #朗読 #ミステリー