見出し画像

近場な市内移動は電動キックボード!

コペンハーゲンの中央駅について宿までに目についたのは自転車の多さと、キックボードがその辺にたくさん放置されているということ。

なんだろうね〜と言いながら調べてみると(旦那がね)2019年1月からこの電動キックボードが解禁になった様子。市内のエリア内であれば、どこで拾ってどこで乗り捨ててもいいみたいなのです。

複数社、電動キックボードにも種類があるみたいですが、料金体系的に一番安かった「TIER」というところのアプリをインストールしてみました。

アプリを起動すると、ポケモンGOみたいに、地図の中の自分のいる場所と界隈のキックボードを位置情報で教えてくれます。「あ、近くにあった」と思って近づくとそのブランドのキックボードが置いてあり、QRコードで電池の残量をチェックします。80%とか90%くらいあることを確認して(自分の乗る時間によるけど)START RIDEを押すと、そのキックボードの電源がONになります。最初はちょっとビビったけど、乗ってみると簡単。アクセルとブレーキが右手と左手にあるだけ。場合によっては自転車よりもちょっと遅いくらいですが、時速20キロくらいはでるかな。コペンハーゲン市内では、自転車通路が、車道と歩道との間に必ずあって、みんな結構飛ばしますが、快適でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
プロコーチ。PCC/CPCC/ORSCC・CRR Global Japan(システムコーチ養成機関)のトレーナー。”自分””夫婦””組織”のコーチングや「関係性のデザイン」元シングルマザー。複業の中ではママ業が一番不得意。 https://www.co-leaders.co.jp

こちらでもピックアップされています

北欧を旅をしながら働く(2019夏)
北欧を旅をしながら働く(2019夏)
  • 28本

世界中を旅しながらコーチングをしてみたい! という夢から始まったひと夏の夫婦の実験。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。