見出し画像

インドネシアで飛び入りDJした話


こんばんは、SENNAです。

本日は、インドネシアへひとり旅した時になぜか2つの場所でDJした話をしたいと思います😌

みなさんは、旅行はすきですか?海外旅行へは行きますか?

ちなみに私は、海外旅行が大好きで毎年ハワイかアメリカへ行っています。そんな中、思えばアジア圏に行ったことがないなぁと思ったのです。


アジアって言っても、中国、韓国、、いろいろありますよね。ちょうど転職するタイミングがあった昨年の2019年。転職前にどこか行きたいなと思いました。

でもあんまりお金もかけたくなかったので、そんなにかけずで行けないかなぁと考えて、旅行のパンフレットをみてみたり、インターネットで海外旅行を検索したり。。。

気づけば、次の転職先へ出社予定よりもう2週間弱となっていました。もうもったいないし、いいかな。と思っていた矢先に発見したのが『バリ島』。


バリ島って聞くと、なんだか新婚旅行とか、そんなイメージで高そうな感じで思ってたのですが、4泊6日で12.3万円。安!!!みたいな感じですぐ決定して、4日後には出国。

ネットで予約なので、あんまり仕組みを知らず空港へ行き、どうしたらいいかわからず飛行機に乗り遅れそうになるなどトラブルに遭ったり、中国語で話してこられたり。いろいろ楽しかったです。笑

一泊目はこちら。

画像1

割と繁華街である、クタにて宿泊。4月でしたが結構あついくらいでした。夜は、近くで中華料理をたべマッサージへ行きました😊

画像2

とにかく物価が安くて、これ4.5人前あるんですがこれで日本円700円くらい。この時ばかりは誰かと来たらよかったなぁと思いました😂

画像3

ホテルにはプールもあって、お昼はひたすらボーッと本を読んだり音楽をきいたり。村上龍さんの『おしゃれと無縁に生きる』この本には感銘を受けました。飾らない生き方こそ人間らしさなのだと、この本に出会えてよかった。

そして、その日の夜にホテル隣接のバーで飲んでいたら、なぜかこのホテルのオーナーさんと知り合うことになりました。

画像4

ひとりでこんな赤の服着たり飲んでたらさすがに目立ちますね。。そのバーは、ロックなバーでその日はインドネシアでも有名らしいアーティストが出演されていました。わたしはそれを近くの席でビールを飲みながらみていました。

VIPに座っていた彼らに、急に絡まれて、『ジャパニーズ ガール??シング オーケー?』とか言われて

ん?とか思いながらも、話をきくと

福山雅治さんの、なんとかっていう曲(名前わすれました)を歌ってほしいと。もちろん歌えなかったんですが、なぜかすごい期待されて、適当に歌詞をだして、歌ってる風の演出をしたらすごい喜んでもらえて

仕事何してるか聞かれたので、DJですって答えておいたら、横にCDJが、、、(その時初めてみつけました)

その日はDJのBoemiさんが出演される予定だったのですが、急遽わたしがBoemiさんのUSBでDJをすることになりました。

半分、試されていたと思います。

さらにBoemiさんの音楽はほとんどdeep house

最後まで、わたしは『deep house DJ』として演出しました。大変喜んでいただき、その様子をBoemiさんがインスタで流してくださいました。

それをみた、バリ島の方からものすごく反響があったのを今でも覚えています。

そのあと、別のSpanish BarでDJすることとなりました。

わたしは流暢に英語も話すことができません。でも、伝えたい気持ちを目を見て、身振り手振りで伝えようとすると、あぁ今伝わったなって思うことがいっぱいあるんです。(伝わってないかもですが笑)

セナは行動力があるとか、言っていただくこともあるのですが、わたしがしてることは単純でものすごく、単純です(2回目)

あんまり他の人がやらないようなことをやってると言うだけで、少し目立っちゃうんです。そのおかげで、今の自分があるのかなと思ったりしています。

こんな感じで、バリ島にはそんなに滞在したいないのですが、人脈だけはびっくりするくらい広がりました。一年経った今でもそれは続いています。

DJとしてだけではなく、仕事としても、お話をいただけることがあります。仕事の考え方は、日本人よりもアメリカやインドネシアで出会った方の方が感覚的に合うなと今でも思うので、海外の方とお話することが多いです。

画像5

画像6

画像7

一瞬にして人生が変わったようでした。

旅の1週間前、旅すること自体やめようと思っていましたが、自分の感覚を信じて、ひとりでやってきて本当に充実しました。

自分を信じるって本当に大切

画像8

バリ島での食事もすごく自分に合って、体の調子がよくなったり、便通もすごくよくなったり。自分にとって最高の環境がそこにありました。

道端で踊る人もいれば、近くのビーチでたそがれている人もいる。

サラリーマンが疲れた顔で電車に乗っている時間帯に、のんびり釣りをしたりモノを売ったりしている人々の姿がそこにありました。

考えてみれば、人生っていうのは自分で切り拓くもので、みんながこうだからこうしなければいけない、なんていうのは無いのに、いつのまにか同じようなレールに立って生きている。

みんながこうだから、自分もこうでいないといけない。

そんなことないのに、辛い思いをしている人だってたくさんいるんですよね。

画像9

バリ島自体は、日本に比べても全然裕福ではありません。女性はマッサージするか、モノを売るか、モノを作るか。男性は、ドライバー。通訳は少し稼げる。そんな感じで、日本人に比べたら働き方のジャンルがかなり狭まっているように感じました。

日本は逆にたくさん選べるからこそ、迷いがうまれることが多いのかもしれないですね。

画像10

バリ島に来てよかった。

人のあたたかみというのを感じた。日本にいると、窮屈だなと感じでしまうことがたくさんあって。お休みの日に街へ出ても人混み。遊ぶといっても、何して遊ぶ?ってなったり、ランチいくってなってもどこ入っても混んだたり。

バリ島に来て、ただ海の方をみながらボーッとしてるだけで幸せ。そこで聴く音楽、読む本、考えごと。すべてが幸せに感じました。お金では変えられない幸せです。

画像11

最後に。

わたしが大好きな本を載せておきます。おしゃれと無縁に、生きましょう。

知り合い限定ですが、もし行かれる方がいらっしゃったら、日本語の話せる、お友だちのガイドさんもご紹介できるのでご連絡くださいね。

DJのこと書こうと思ったのですがほとんど旅の日記みたいになっちゃいました、、、🙇‍♀️

みなさんもぜひ、一度は来てみてください😊

画像12

DJ SENNA  

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13
関西中心に活動するDJ。活動は年50回程、海外(バリ島)でのDJ経歴あり。インドネシアのクラブミュージック『Jungle Dutch』を愛しています。DJをしてみたい方は、ぜひご連絡ください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。