見出し画像

聞いたことあるけどうまく使えない、大人の語彙力7選

今日は言葉の話です!

管理職になってから、社内調整をしなければならない業務がかなり増えました。
社内の人と意見を交わす際、納得できないんだけど
柔らかく言ううまい方法が見当たらないし
ストレートに言うとめんどくさくなりそうだから、黙っていようという機会が多々ありました。

今まではこれを相手の理解力がないから悪い
と思ってましたが、
うまく伝えられない自分が悪いんだ
ということをお恥ずかしながら最近気が付きました。笑


そこで、どんなネガティブな話でも相手を嫌な気持ちにしないで伝えるために
まずはボキャブラリーを増やそうと思い、本書を読み始めました!こんな本です!

超一流 できる大人の語彙力
安田正 著
https://www.amazon.co.jp/%E8%B6%85%E4%B8%80%E6%B5%81-%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E5%A4%A7%E4%BA%BA%E3%81%AE%E8%AA%9E%E5%BD%99%E5%8A%9B-%E5%AE%89%E7%94%B0-%E6%AD%A3/dp/4833423731

本書は、約200語の普通の人がどこかで聞いたことはあるんだけど
うまく使いこなせていなさそうな絶妙な言葉
が載ってます。
僕は本を読みながら、重要な言葉別にランクを書き込んだので
完全に主観で選んだ、Sランクワードの中から7つを発表していきます!


①勉強不足で申し訳ございません

「わかりません」は失礼な言葉です。
相手の話がこちらに伝わらないのは、「相手の説明力-こちらの理解力」となります。
よって、「わからない」のは少なからず相手にも非があることになります。
よって、100%こちらの責任で理解ができないことを表現するために
「勉強不足で申し訳ございません」という前置きが有効です!

②早急に

読み方は「さっきゅう」です。「そうきゅう」は間違えです。
相手に敬意を払う言葉のため、
急ぎつつ責任を持って取り組む というニュアンスになります。
ビジネスの世界ではよく使えそうですね!

③割愛する

割愛と省略は似て非なる言葉です。
省くのは一緒でも、細かいニュアンスがぜんぜん違います。
割愛:必要だけども都合によりカットする
省略:どうでも良いからカットする

時間の関係で提案書を最後まで話さずに帰るときは、省略じゃなくて割愛ですね。間違えてました。。。

④僭越ながら

よく結婚式のあいさつなどで「僭越ながら・・・」と言うのを耳にしますね。
自分の身に余るようなことをさせてもらって恐縮です・・・というニュアンスを含みます。
この言葉は発表の第一声に使うため、これを最初に入れるだけで
敬意のある人とか、ちゃんとしている人、って思ってもらいやすくなると思うので、ちょっと覚えておけばとてもコスパの良い言葉になると思いますw
特に発表の最初の掴みって大事ですからね!

⑤後学のためにお聞かせください

僕は営業なのでよく失注(お客さんが他社を選ぶ)します。
その際、必ず何が至らなかったのか等を聞くようにしています。
その時に「参考までに」と言っていたのですが、これは不正解でした。
参考までに:ただ理由を聞きたい
後学のために:その理由をもとに、次に役立てるという意思がある

というニュアンスの違いがあるみたいです。
たしかに後学のために、って言われた方が本気度を感じますよね!

⑥折り入って(相談がございます)

「どうしても」と同じような意味で使われますが、以下のニュアンスがプラスされます。
・あなたじゃないとダメなんです
・今まで頼んだことがないような重要な話です

・真摯にお願いしたいことがある
1つのワードでこれだけ多くのニュアンスが伝えられるんです。
場面としてはそんなに多くはないかもしれませんが、ちゃんとしたタイミングで使えれば効果は絶大ですね!

⑦忌憚のないご意見をください

遠慮や躊躇せず、何でもご意見をください!という意味です。
「何かご意見をください」って使いがちですが、
「何か」って雑な言葉なんですよね。日本人は遠慮しないでって言わないと遠慮する人種なので。


以上です。

ちなみにこの本で僕がSランクにあげたワードは全部で15個でした!
約200のワード全部に対して、S・A・B・ゴミの評価をつけて、B以上は目次に印つけていつでも読み返せるようにしてますw

1500円でこれだけのボキャブラリーを増やせたと思ったら、安い買い物だったのかなーと思いました!
本は読まない宣言を以前の記事でしましたが、このような内容は本の方が吸収しやすいかもしれません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
経営者や学者が語るビジネススキルはピンと来ない 会社員として働いた「経験」がないから 実体験した僕だから話せる超リアルなビジネススキルを 「会社員の攻略本」として徹底解説します! 成功したい30歳以下の会社員にお勧めです! ◆30歳 都内 ◆web広告会社 営業課長 ◆MUP
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。