見出し画像

写すこと、撮ること

わずかな日程の東京滞在。
いつもお世話になっている写真家・藤里一郎先生のもとへ50枚ほどのプリントを持参した。

前回の写真展が終わってから撮ったものを中心に一枚一枚丁寧に見てもらう。写真を見てもらうときはいつも緊張で心がキュッと引き締まる。取り繕った自分を見せるのではなく、ありのままの自分を見てもらうのだから余計に心臓が脈打つ。

写真を撮るという行為は自分の人生が写る。喜びや悩み、羨望や憧憬の想い、迷いや覚悟。それら全てを曝け出すことに対して、どれだけ腹をくくれるかどうかが写真のなかに現れる。

ハラリ、ハラリと写真たちが振り分けられていくなかで僕は考える。

「僕は写真に嘘をついていないだろうか」

"写っている写真"と"写っていない写真"の間にはいったいどんな違いがあるのか、常に悩み続けている心の問い。

先生との対話はいつだって答え合わせだ。

「上手い写真なんて撮ろうとするな。いまはただその情熱をぶつけろ」

ぐっと背中を押してくれたこの言葉で僕のなかの何かが氷解した。それは、僕自身が気付いていた答えだった。笠置のひとをただ撮ることなら誰だってできる。いま目の前にいるそのひとを、その大切な瞬間を、写したい。その情熱をぶつけたい。それが僕にしかできないことじゃないか。

たとえ遠回りになろうとも、僕は僕の写したいそのひとのためにシャッターを切る。その積み重ねが、いつか僕が見た笠置町のカタチそのものになる--そう信じていきたい。

画像1

下手くそでいい。
誰よりも情熱を持って、写し続ける。

それがいまの僕の答えだ。

シバタタツヤ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
素敵な未来が訪れますように!
18
職業は人間。 写真と言葉を通じて、大切な想いを共有していきたい。 https://www.sbttty.com

こちらでもピックアップされています

[1 to 1]- hito to hito -
[1 to 1]- hito to hito -
  • 17本

日本で二番目に人口が少ない町、京都・笠置町。 いまを生きる子どもたちが大人になったとき。 この町に生まれたことを。 この町で生きていることを。 心から誇りに思えたら。 いまより少しだけ素敵な未来がやってくるんじゃないか。 そんな思いを繋いでいきたい。 写真と言葉で紡いでいきたい。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。