見出し画像

やりたいこと、やらねばいけないこと、やりたくないことの分類とは

沖縄でよく通っている鍼灸があります。そこの鍼灸師さんは東京から単身沖縄に渡った女性なんです。
那覇に日本屈指の鍼灸師がいて、その方へ弟子入りするために沖縄に渡ったというのがきっかけで、今ここ沖縄に永住しています。

彼女とは、東京の話、沖縄アルアルの出来事などを話し合う、とても安らげる関係で、めちゃくちゃ痛い鍼なんだけれど(その代わりだいぶスッキリするよ)、つい通ってしまうのです。

彼女は、東京の友人などに、
「ほっんと好き勝手に生きているよね」
と言われると言っていました。「そーなのかなぁ」とつぶやきながら。

それで、「でも、たしかに『やりたくないこと』はやってないもんね」と言っていて、同じような感覚の私もそれに完全同意したのでした。

やりたくないことはしない。人生がもったいないよね、と。

問題として挙がったのは、
「やりたいこと」と「やらねばいけないこと」の差でした。
1つの「やりたいこと」を達成するためには、それまでの過程で「やらねばいけないこと」があったりする。だから、この2つを分類することは難しいね、と話し合ったのです。
「やらねばいけないこと」をしたとして、それが「やりたくないこと」につながるのであれば、やらなくていいよね、とも。

特に見極めが難しいのは、よくわからないけれど「やらねばいけないこと」ですね。

鍼灸のおねえさんは、「最近さ、『やらねばいけないこと』も極力排除しているんだよね」と言っていました。
「人生において『やらねばいけないこと』って実はないんじゃない?」と。

どうなんだろう?
そうなのかな?

人生において、「やりたくないこと」も「やらねばいけないこと」も排除できたら、それはとても楽しいことになっちゃいますよね。
実のところ、私はまだ「努力型」から抜け切れていないので、「やらねばいけないこと」の排除には成功していないんですけれど、仕事でもプライベートでも少し考えてみてもいいのかもしれないですね。

そうすると、自分の願望がもっともっと焦点化するのかもしれない。そんなことを思ったのでした。

<つまみにこちらもどうぞ>


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもありがとうございます!「スキ」も「コメント」もとても励みになります。応援してくださったみなさんに、体験や考えから綴った文章で恩返しをさせてください。

やったー!!私もあなたが好き!!
13
ライターをしています。出版事業を2018年にスタート。東京⇆沖縄行ったり来たり。「枠(既成概念)を超える」をテーマにnoteを更新。教育について、人生について、仕事について、恋愛について、日々思うことを綴っていきます。読んだよ!と声をかけていただくと、尻尾を振って喜びます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。