早起きの仕方。

残業がない日は子供と21時に寝て自分は4時に起きる。睡眠はちゃんと7時間。朝は2時間半自分の時間を作っています。マラソンしたり、デザインしたり、英語の勉強したり、本を読んだり、アレをしたり。早起きがなかなか出来ない人は多いと思いますが、ある1つの簡単なことをすると早起き出来ます。

それは、早く寝ること。

凄く簡単なことですが意外に出来ないのです。何故か。夜は誘惑が多くつい夜更かししてしまいます。色々やる事もあるし早く寝るとなんだか損した気分になります。では、どうするか。やるべきことは2つあります。1つ目は、早く寝る勇気を持つこと。精神論になりますが勇気を持って寝る。夜やるより朝やったほうが集中出来るのは本当です。子供も奥さんも干渉してこなくて本当に静かな時間です。勇気を持って明日に託す。2つ目は早起きマネージメントです。何故早起きしたいのか、早起きして何を何十分やるのか、限られた朝の時間を如何に有効活用するべきかマネージメントすることが大事です。夜は無限の時間が流れる如く眠くなるまで起きてしまいます。しかし、朝の時間は出社という固定された時間が存在するため時間が限られます。その限られた時間を如何に有効活用するかを考えて見てください。

●私のある日の朝のスケジュール

画像1

ご覧の通り、2時間半ですがすごく充実しているように見えませんか?理由は15分単位でワンセクションにしている点です。15分は短い時間ですが、意外に長いんです。時間を区切る際はキッチンタイマーを使用します。15分にセットして、ひとまずタイマーが鳴るまで、この15分は集中する。ワンセクションづつこなしていくイメージです。この日は5:00からジョギングをしていますが、前の日にウェアを準備しておくと尚良しです。前の日に準備をして明日の朝のゴールデンタイムを充実することができます。そうです、この時間は自分の為のゴールデンタイム。自分が成長するための二時間半です。是非、トライしてやってみてください。私の場合は、毎日ではなく、残業がない日は早く帰って明日の朝の時間に備える行動をしています。準備をすることも早起きした後の活動を助けてくれます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

プロダクトデザイナーをしています。小さなこだわりを綴って行きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。