ミョウガヤノブヒサ

京都のライター・ディレクター。旅の仕事がメイン。今は心の旅を実践中。生きづらさに蓋をして生きてきたけど、ようやく自分本来の輪郭が見えてきた。癒しと励まし、勇気のコトバをお届けします。https://kyotomyogaya.com/
    • note大学共同運営マガジン💖

      • 4131本
    • 日本酒紹介

      • 28本

      今まで飲んできた日本酒の紹介です。

    • まとめ:日々の気づき

      • 61本

      暮らし中での大切な気づき、インスピレーションのお話。意外に「ほぉ~」って感じのコトバが並んでます。

    • まとめ:おいしいはなし

      • 15本

      料理、日本酒など、美味しいものに関することをつらつらと。

    • まとめ:むかし、かぞく、じぶん

      • 25本

      昔の話、家族の話など、プライベートな話を中心に。できるだけせきららに、でも不快にならないように、書きました。

固定された記事

【自己紹介】アイラブミーで生きていく。

はじめまして、ミョウガヤノブヒサです。読んでいただいてありがとうございます! 簡単に自己紹介をします。 ■生まれ:1978年(昭和53年) ※午年、いて座、A型 42歳…

【日本酒紹介#028】山形県は出羽桜酒造「出羽桜 桜花吟醸酒 生酒」。避けていたわけではないが今まで飲む機会が無かった[吟醸酒のパイオニア]。生酒は珍しいなと思い購入。精米50%で透明感、スルスル感が秀逸。香りもあるけど食事を邪魔するほどではない。アル添だろうが旨い酒は旨いのだ。

【日本酒紹介#027】愛知県は山忠本家酒造「義侠 五百万石 純米原酒滓がらみ 生酒」。フレッシュ!新酒!旨すぎて写真撮る前に飲み切ってしまった。口に含むと穏やかながらも広がる果実香。舌の奥を通り過ぎるあたりで五百万石らしいほのかな苦み。旨味とキレもあり、食中酒としても申し分なし。

旅立ちの
青にそびえる
京都タワー

【日本酒紹介#026】鳥取県は大谷酒造「鷹勇 純米にごり酒 瓶火入れ」。新酒ではないけど、にごり酒が飲みたくて購入。火入れだし、はじけるようなフレッシュ感はないけど、米の旨味ダイレクトで好きな味。ちょっと温めると炊いたお米の香りがする。煮物とかクリームシチューとかに合いそうです。

【日本酒紹介#025】秋田県は日の丸醸造「まんさくの花 超限定 純米大吟醸」超限定って何やねん(笑)と思わず購入。年2回のみ販売、蔵渾身の一本らしく、その名に恥じないハイクオリティ。瑞々しい果実香、透明感、甘みと酸味のバランス。これ日本酒ビギナーが覚醒してまうヤツ。飲みすぎ注意。