見出し画像

エリザベート2019

音旅2019 014 0630→015 0719

エリザベート@帝国劇場

画像3

『エリザベート』は、オーストリア=ハンガリー帝国の皇后エリーザベトの生涯を描いた、ウィーン発のミュージカル。脚本・作詞はミヒャエル・クンツェ、作曲はシルヴェスター・リーヴァイ。日本版演出・訳詞は小池修一郎。

6/30 マチネ
エリザベート初観劇。いつか見たいと思っていた井上芳雄と、我らが京本大我が同じミュージカルに出るというなら、行く!の一択しかなく。井上山崎京本の日に!

画像1

開演ギリギリに本を読み終え、予習完了!こういう時代物は背景、あらすじが分かってる方が楽しめる。
もうとにかく井上トートの声が広く深く色気があり、愛希エリザの少女時代から晩年への変化がもうそのもので素晴らしく、山崎ルキーニはいい意味で想像通りでぴったり!
きょもルドルフは、SixTONESのときは高音が美しい〜!と思ってたんだけど、低く響く音も美しい!京本大我でなく、完全にルドルフとしてそこに存在してて、死ぬ間際の、フッと笑った顔がゾクゾクした!
総じて誰も彼も歌が超絶うまくてシビれた。

後ろの席の方がいわゆるヅカオタの奥様たちで、「宝塚は公演ごとにばらつきあるけど、東宝ミュージカルはほんとみんな歌上手いわよね〜」とのこと。ほう。

基本主要キャストはダブルトリプルなので、別の組合せでも見たいなぁ!となるし、もちろん同じキャストでもまた見たいし、そもそも目が足りなくて舞台全部を一度に見きれないし、ミューオタ、ヅカオタの沼もすごく分かる気がする、、、!!

はぁー、エリザロス。

画像4

そして、19日後、、、。

7/19 ソワレ
初めてエリザベート観劇して感動してエリザロスに陥り、あああ、なんとかもう一度だけこの目に焼き付けたい!と思って、また行ってしまったのよ。

京本ルドルフ以外のメインキャストが前回と全員違うという、これまた贅沢な楽しみ方をできる公演のチケットをなんとか手にして。

画像4

好きなアーティストのライブでも、最近は1ツアー1公演しか行かないのに、突如沼に落ちてるの、自分でもちょっとおもろい。

古川トートは歌声がはっきりくっきり聞きやすい声で、彫刻みたいな顔してひたすら美しくて、花總エリザも美しさが圧倒的!!2人セットにして額に入れたい。成河ルキーニの自由でぶっとんでるキャラがすごくいいし、京本ルドルフの自害するときの、フッと笑う顔がたまらんな。あとあと前回見逃していた、ルドルフとしてではない役でのシーンもバッチリ追いかけて見れた👀ダンスが美しい!

幕間とかで、ルドルフについて語ってるミュージカルオタクの方の会話を耳をダンボにして聴いちゃうし、ツイッターで京本ルドルフがめちゃくちゃ褒められてるのみて、よしよしと思ったりして、わたしだれ?

もし円盤発売されても、京本くんは映像に残らないのが悲しい。カーテンコールの映像や、トレーラーにも映らないもんなぁ。YouTubeチャンネルとか、SNSとかやり出してるのに、ジャニーズそこはまだ古いよね。。。

トート閣下(井上芳雄・古川雄大)とルドルフ(京本大我)が歌う、「闇が広がる」という歌がとてもゾクゾクしびれて、動画探したら、城田優ver.があったので、ヘビロテした。で、城田優歌うま!!!ってなる。ルドルフの弱さ儚さがすごく現れてる。すごい。

来年の京本主演ミュージカル ニュージーズも絶対見たいな!ディズニーってところも!

#エリザベート #帝国劇場 #井上芳雄 #愛希れいか #山崎育三郎 #京本大我 #古川雄大 #花總まり #成河 #SixTONES #ヒサエズ音旅19

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
ゼネコンで現場監督しながらプロ野球速報に一喜一憂し、たまに山に登り、音楽贅沢に浸る日々。スキマスイッチ/秦基博/ゆず/SOFFet/風味堂/清竜人/NEWS/松室政哉/Calmera/NakamuraEmi/楽天イーグルス/SixTONES/Official髭男dism
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。