日経産業 寄稿コラム:VC投資、グローバル展開、Fintech世界の、シンガポール起点の風景(Ryu Muramatsu 村松 竜)

GMOペイメントゲートウェイ 副社長 GMO VenturePartnersファウンディングパートナー。 99年、決済スタートアップを起業。05年にGMOベンチャーバートナーズ設立。12年よりシンガポール拠点にインド、東南アジア、北米への投資と事業開発

顧客にとことん向き合う

社長自らの給料はゼロの月もあった。長女のミルク代のために帰宅後の缶ビールをあきらめた。 次第に社員や幹部が辞めていった。 このサービスをどうしても諦めたくない社…

ラクスル編

「PMF(Product Market Fit)という言葉が良くない。成長過程の一定期間であるように誤解してしまうがそうではない、終わりがない活動なんだ。」と語るラクスル松本さんがPMF…

節約のすすめ

遥か後には大型調達してTVCMでもかなりの効果をあげたSansanだが、 創業期は創業メンバー達がある事をやって回っていた… カスタマーサクセス概念の本邦元祖でもある彼ら…

日本人には驚きのインドネシアFintech

東南アジアのほとんどのユニコーンが生息するユニコーン大国、インドネシア。経済大国でありEC大国。そのインドネシアで米国や欧州では当然のFintechインフラが一切ないと…

海外の同業知っておこう、という話

今回のコラムは、自身の99年起業当時の経験も思い出しつつ、書きました。 日本でネット系の急成長スタートアップを起こす場合は、海外の同業をなるべく早く調べておく必要…

中小企業にこそ、それも新興国の中小企業にこそ、ファイナンシャル・インクルージョンを。

今回のコラム寄稿について。 ファイナンシャル・インクルージョン、という言葉は、これまで主に消費者を対象とした考え方だったように思う。この世界で金融サービスの対象…