ryuichi_himori

1949生れ 東京都出身 団塊の世代です 32年間のヤマハ(株)勤務を経て58歳で嘉悦…

ryuichi_himori

1949生れ 東京都出身 団塊の世代です 32年間のヤマハ(株)勤務を経て58歳で嘉悦大学教授・副学長、65歳で北陸大学教授・副学長を務め、 73歳で退職しました。専門は文化政策、アートマネジメント、自治体経営改革など ヤマハ在職中51歳で大学院進学、修士の学位を取りました

最近の記事

  • 固定された記事

0.大学教授になりたいですか?

リスキリングのその先へ・・・ 大学教授の仕事に興味ありますか?この一連のnote記事は、民間企業(大手製造業)の文系社員から大学教授に転身し、二つの大学で副学長を務め、教員の採用にも携わった私が、その経験を活かして主として文系サラリーマン・公務員で次のキャリアとして大学教授を考えている方にアドバイスを行うものです。というのも、特に地方の私立大学で教員の採用に苦労しているからです。この記事を参考に、一人でも多くの、教員にふさわしい方がチャレンジされることを願っています。 な

    • 12.自分は大学教員としての発想ができるのか?

      日経電子版の記事によるケーススタディ 大学教授になろうとするとき、そもそも自分は現代の大学教員としての発想、考え方ができるのかを考えなければならない。このことを考える上で格好のケースが2024年4月12日の日経電子版に出ていた。 『「来年度は契約更新しません」。2020年12月、関西の私立大で英語を教えていた50代の男性は、大学側からの突然の宣告にがくぜんとした。16年度から学期ごとに5〜6コマの授業を担当。必修科目の英語はコマ数も多く、当然のように講師の仕事を続けられる

      • 11.大学教授になるために、地方私大の役割にに注目しよう

        地方私大はどのような役割を果たしているのか、その中で自分はどんな役割が果たせるのか 大学教授になるには、自分がどのような知識能力があるのかということの前に、そもそも社会において大学はどのような役割を求められているのか、そして大学が育てている人材(学生)にはどのようなニーズがあるのかを知らなければならない。その上で求められる役割やニーズに自分の持っている知識能力を果たして役立てることができるのかどうかを自分自身に問う必要がある。 そもそも首都圏(1都3県)のGDPは日本のGD

        • 10.公募によらない大学教員の採用

          私はなぜよばれたのだろうか? 大学教授になる道は公募だけではない。むしろ個別に声をかけられて、という方が多いかもしれない。例えば金沢工業大学では教員採用に当たって公募はしていない。私の2度目の就職(北陸大学教授・副学長)も公募ではなくお誘いをいただいたものだ。 公募ではない採用の場合、採用する側に様々な事情があり、その事情にマッチした人を探す。例えば新しい学部を立ち上げたり、新しい組織(企業との連携や知財活用など)を作る時、立ち上げに必要な人材が学内にいないことが多い。その

        • 固定された記事

        0.大学教授になりたいですか?

          9.なぜ、どのようにして大学教授になったのか?

          大学院を修了してからやっていたこと(初めての査読論文) 博覧会の仕事など多忙な中で2003年3月に大学院を修了した。当時の勤務地は静岡県浜松市だったが、行政経営フォーラムのメーリングリスト上で自治体改革についての活発な議論に参加していた。メディアでもコンサルでもない純然たる民間企業社員と言う立場は、参加者の中でも変わり種?だった。 一方でヤマハの立場で関わっていた一般社団法人日本クラシック音楽事業協会及び財団法人地域創造のつてで文化経済学会<日本>の研究大会に顔を出し、会員

          9.なぜ、どのようにして大学教授になったのか?

          番外.スキーに来たので記事はお休み

          だいたい3日に一遍のペースで書いているのですが、今日はスキーに来たのでお休み。今シーズンはこれが最後かな。74歳なのでケガしないように慎重に滑っています。ヘルメットの左側に見えているのは八ヶ岳の主峰赤岳。 大学教員在任中、2回ほど学生とスキーに行ったのもいい思い出です。 よく飲みにも行ったし、学生との付き合いのいいタイプの教員だったと思いいます。

          番外.スキーに来たので記事はお休み

          8.修士課程修了、その後は・・・

          修士論文を書く 修士論文のタイトルは「変動する社会環境と自治体改革―ビジネス手法の導入とその限界―」である。 修士2年の夏休み前に論文のタイトルと概要の発表会があった。他の学生の前で発表し、先生方の講評をもらう。この時はなかなかおもしろいのではないか、という評価をもらった(なかには全然ダメ、やりなおし、と言う評価を受ける人もいる)。しかしここからが思わぬ苦戦だった。夏休みになんとか第一章、第二章を書き上げたが我ながら不出来な内容だった。夏休み明けに演習で書いたところまでを発

          8.修士課程修了、その後は・・・

          7.花の社会人大学院生活

          社会人大学院の通学負担 私の通った聖学院大学大学院政治政策学研究科では終了に必要な単位数は2年間の春学期・秋学期で30単位+修士論文だった。30単位のうち8単位は演習(論文指導)で通常の授業は22単位。1科目は2単位なのでつまり2年間に11科目取ればいいことになる。 多くの学生は1年のうちに10科目程度はとってしまい、2年の時は授業1科目と演習のみであとは修士論文執筆に専念する。つまり1年の時は春学期秋学期とも各5科目+演習ということになる。授業回数は1科目半年で15回であ

          7.花の社会人大学院生活

          6.社会人大学院で学位取得!

          (この記事から文体を変えることにしました。) 実務家でも大学教授になるなら学位が必要、それなら社会人大学院へ(私の経験談) 既に述べたように、実務家教員でも採用されるためには(本音のところでは)学位が必要である。もしなければ取らなければならない。今は社会人が通って学位が取れる大学院がたくさんある。入試科目も社会人向きにレポートと面接しかない(語学や専門科目の筆記試験がない)とか、授業は平日の夜と土曜日に開講されるとか、様々な配慮がされている。仕事をしながら学位を取ることが

          6.社会人大学院で学位取得!

          5.大学組織と教員の役割

          日大アメフト部不祥事から知る大学組織における教員と職員の違い (大学教員になる前提としての大学組織についての知識) ここまでの記事では普通のサラリーマンが大学教授になるために 学位を取ること 自分たちは実務家教員と呼ばれること 大学教員になるために今がチャンスであること を書いてきました。ここまでは「どうしたらなれるのか」の前の前提となる知識です。 前提の最後として、皆さんに大学における職員と教員の違いを理解してもらうために、昨年フェイスブックに書いた日大アメフト部の不祥

          5.大学組織と教員の役割

          4.実務家教員の必要性と教授不足

          文部科学省は実務家教員を増やそうとしている 今から実務家教員を志望する者にとって、大学教員は衰退する職業ではない 少子化なので大学は衰退産業じゃないの、大学教員は先細りの職業じゃないの、というイメージを持たれるかもしれませんが、これから実務家教員を目指そうとするサラリーマンにとってはそんなことはありません。 現在、日本の4年制以上の大学数は793校です。少子化でばたばたつぶれているかというとそんなことはなく安定して推移しています(前年比新設1閉校2)。令和5年度

          4.実務家教員の必要性と教授不足

          3.実務家教員の定義とは?

          あなたは実務家教員と呼ばれるようになります もしあなたが大学教授になったら、あるいは大学教員に応募したら、あなたは実務家教員というカテゴリーに入ります。 実務家教員とは 実務家教員の明確な定義はありませんが、国立研究開発法人科学技術振興機構が運営する研究者のためのポータルサイト(JREC-IN Portal)では「一般には、企業・官公庁その他における実務経験を通して培われた知識・スキル等を活かして、大学及び大学院(専門職大学及び専門職大学院を含む)、短期大学(専門職

          3.実務家教員の定義とは?

          2.教員を採用する側の大学の本音は・・・

          ある大学の経営情報学部経営総合学科の商学・マーケティング分野の教員募集の応募資格に「博士・修士の学位を有する者またはそれと同等の能力、業績を有する者」と書いてあります。 そうか、必ずしも学位は必要ないのか、と思うかもしれませんが、それは違います。本音のところでは、学位の無い人を採用することはほとんどありません(あなたが高卒で東大教授になった建築家の安藤忠雄のような世界的名声と実績があれば話は別ですが。ちなみに青学大の原監督は中京大学部卒ですが2019年から地球社会共生学部教

          2.教員を採用する側の大学の本音は・・・

          1.サラリーマンからの転身

          大学教授になりたいですか? あなたは大学教授になりたいですか?なりたいですか?本当に?では、なぜなりたいのでしょうか? かっこいい、世間体のいい職業である。娘の結婚式のときに紹介される新婦の父の肩書としては申し分ない。 サラリーマンとしてこれ以上出世する見込みはない。だったらこれまでの知識経験を活かせる仕事に転進したい。大学教授になれば上司同僚を見返すこともできる。 会社の仕事の他にずっと追求したいテーマがある。そろそろフルタイムで専念したい。そのために大学教授と

          1.サラリーマンからの転身