宗庵よこ長で湯どうふを語ると、嬉野の魅力と課題が見えてきた。
見出し画像

宗庵よこ長で湯どうふを語ると、嬉野の魅力と課題が見えてきた。

旅館大村屋(佐賀・嬉野温泉)

嬉野温泉 旅館大村屋がお届けする「嬉野温泉 暮らし観光案内所」にようこそ。連載のために月に1度は必ず嬉野温泉に泊まっている、ライターの大塚たくま(@ZuleTakuma)です。この連載も今回で6回目となり、ぼくもかなり嬉野に染まってきました。

第1回でお届けした嬉野温泉の温泉湯どうふの特集。「湯どうファー」を自称する、ヘネシー吉川さんの湯どうふ講義はぼくを温泉湯どうふの世界にいざなってくれました。

じつはぼくが住む福岡県でも、スーパーに行けば佐嘉平川屋さんの温泉調理水と温泉湯豆腐用の豆腐が販売されているんですよ。最近はダイエットの意味もあって、週に1~2回は温泉湯豆腐を食べています。

画像1

そんなぼくがずっと「一度食べてみたい」と思っていたのが、宗庵よこ長。元祖・温泉湯どうふを謳う名店です。

画像188

ヘネシー吉川さんからも「定番と思いきや、じつはかなりオリジナリティのある湯どうふ」だと教えられていましたが、実際に食べてみてそれを実感。

最初から煮汁に味がついているだけでなく、豆腐の食感は他店よりもトロトロというより、フワフワ感が強い感じ。また新しい温泉湯どうふの美味しさを知ることになりました。

画像50

そんな宗庵よこ長さんにて、温泉湯どうふ誕生と嬉野名物になるまでの経緯、そして温泉湯どうふの未来について。旅館大村屋の北川さんと一緒にお話をうかがいます。


創業当初から構想にあった「名物湯どうふ」

画像4

宗庵よこ長 店主 小野原博さん

――宗庵よこ長さんで、湯どうふのメニューが誕生したのはいつ頃なんですか?

画像4

昭和32年の創業当初からあります。創業前から湯どうふを提供しようという構想がありました。

画像5

画像6

当時の反応はどうだったんでしょうか?

画像7

画像8

日本で「湯どうふ」と言うと、基本的には京都の湯どうふを想像するじゃないですか。だから、白濁した湯どうふを目の当たりにして「これは何?」と。「びっくり仰天」というか。

画像9

画像10

ぼくらも学生のころ、京都に修学旅行に行ったら、白濁していない湯どうふが出てきて「こんなの湯どうふじゃない!」って言ったことがありますよ。

画像11

――その逆ですね。笑 お客さんに京都の湯どうふと区別してもらうために、何か工夫をしていた点はありますか?

画像12

京都の湯どうふと区別するために「名物湯どうふ」として出していました。今でこそ「温泉湯どうふ」という名前が一般的になりましたが、それはここ最近の話ですよ。

画像13

画像14

――嬉野では、宗庵よこ長さんが創業する前から温泉水を使って湯どうふは、食べられていたんですか。

画像15

身近に温泉があるから、それを使って温めて食べようと。当時はその程度かと思います。

画像16

画像17

いわゆる商品化は全然されていなくて、家庭に当たり前にあったものだったということなんですね。

画像18

――何がきっかけで商品化を思いついたのでしょうか。

画像19

創業者である、わたしの父の本家が豆腐屋さんでして。

画像20

画像21

へぇ!元は豆腐の製造をされていたんですね。

画像22

画像23

画像24

父は「嬉野の温泉水を使って豆腐をゆでると、豆腐が溶ける」ということは小さいころから知っていたんです。それで商売を始めるときに、これを料理にして売り出そうと。

画像25

――そうだったんですね。かなり計画的。

画像26

本家から豆腐を仕入れるという形で始めました。本家は今では豆腐製造を辞めています。昔は井手酒造さんの前あたりにあったんですよ。

画像29

画像28

えー!そうだったんですね。知らなかった。昔は嬉野に豆腐屋さんがもっとたくさんあったんですか。

画像29

画像30

ありました。江戸時代の地図にも載っているのを見たことがあります。江戸時代から、嬉野には豆腐があるんですよ。

画像31


どうして嬉野に豆腐屋さんがたくさんあるのか

画像32

――嬉野には昔から豆腐屋さんがたくさんあったんですね。嬉野で温泉湯どうふが流行ったから、後に続けとばかりに乱立したのかと思っていました。

画像33

嬉野は大豆の産地ですからね。また、嬉野には昔から旅館がたくさんあって、朝食には豆腐を使いますよね。あと、本家では昔の嬉野海軍病院、今の嬉野医療センターの方にもたくさん豆腐を納めていたんですよ。だから、ある程度の量が必要だったんです。

画像34

――そうだったんですね。嬉野は豆腐が身近な存在だったのか。

画像35

まあ、旅館といっても当時はそんなに大きなものではありません。もともと嬉野は湯治場でしたからね。湯治場は寝床はありますけど、食事は自分でつくらないといけないんですよね。そういうところで、豆腐は重宝していたんです。

画像36

画像37

――豆腐だったら簡単に食べられますもんね。湯治に来られた方が簡単に食べられる食べ物として、ニーズがあったんですね。

画像38

当時の豆腐屋さんは今とは全然違っていたんですよ。今はある程度機械化されて、ボイラーとかありますけど、当時の燃料はおがくずでした。だから、じわじわとしか燃えなくて、ものすごく時間がかかるんです。百丁つくるのに、一日がかりだったんですよ。

画像39


なかなか人気が出なかった「名物湯どうふ」

画像41

画像40

「名物湯どうふ」は、創業してすぐ人気商品になったんですか?

画像42

画像43

いやいや。創業してずーっと人気は出ていなかったですよ。知名度も全然ありません。私が継いで2年目か3年目くらいに新聞に取り上げられたんです。

画像44

画像45

その新聞がきっかけで、お客さんが来るようになって、いろんな取材も来るようになって、徐々に知られるようになっていったんですね。

画像46

画像49

画像47

私はこの店を継いで3代目なんですよ。初代は父、2代目は母です。父は早くに亡くなったので、温泉湯どうふがこのような存在になったことは知らないんです。

画像48

――なるほど。そうだったんですね。ここ30年くらいの話なのか。

画像51

新聞に出て、テレビに出て。そして「美味しんぼ」に出て。そこから、流行り始めました。「美味しんぼ」が大きなきっかけでしょうね。

画像52


ターニングポイントとなった「美味しんぼ」掲載

画像53

宗庵よこ長が掲載された「美味しんぼ」39巻

画像54

美味しんぼの作者である雁屋哲さん、嬉野取材にいらっしゃった際に、大村屋に泊まっているんですよ。当時の色紙がうちに残っています。湯豆腐を食べる店は近くにないかと聞かれ、「よこ長さんがありますよ」と父が教えたんだそうです。

画像55

画像189

当時の色紙

画像56

あ~、そうだったんですね。その時はスタッフ含めて6名くらいで食べに来られて。びっくりしましたよ。その時は、湯どうふの取材じゃなかったんですけどね。

画像57

――えっ!?「美味しんぼ」は、もともと湯豆腐を載せる予定ではなかったんですか?

画像58

もともとは無農薬でお茶を栽培している農家さんへの取材だったと思いますよ。それで「お昼ごはんを食べるとこない?」って感じで、うちにいらっしゃったんです。

画像59

画像60

画像61

この味に感動されたから、予定が変わって掲載されたということなんですね。

画像62

――「味」で掲載を勝ち取ったということですよね。

画像63

結局、お茶は載ってないですもんね!

画像64

画像65

そうです。笑 その時は取材じゃなかったから、後から連絡があって、私が湯豆腐の写真を撮影して送ったんですよ。

画像59


画像67

画像68

あれこれしてたら、2か月もしないうちにビッグコミックスピリッツに載ってまして。

画像69

――載っていることは本誌を読んで気づいたんですね。

画像70

まさか自分たちが漫画になると思わないので、びっくりしましたよ。ちょうどその時、息子の剣道の試合で日本武道館に行ったことがあって。そこの売店にスピリッツが売ってて、中を見たら載ってたんですよ。「全国版のものにホントに載ってる」と実感しました。

画像71

画像72

けっこうなターニングポイントですよね!嬉野の名を広める大きなパワーなのは間違いないです。

画像73

画像74

――よこ長さんが新聞やテレビに出たり、美味しんぼに出たり、っていう流れがないと、今のように「嬉野と言えば温泉湯どうふ」という状況はないわけですもんね。

画像75

これがなかったら、まちとしても「もっと湯どうふを推していこう」とならなかったかもしれません。

画像76


宗庵よこ長の「オリジナリティ」

画像77

画像78

創業当時から、湯どうふ自体に味がついているというのはこだわりなんですか?

画像79

画像80

はい、創業当時からですね。

画像81

画像82

けっこう難しいというか……。新しかったと思うんですけど。家庭ではシンプルに溶けた豆腐にごまだれやいろんな薬味をつけて食べるというのが普通だったところに。

画像83

画像84

画像85

ちょっと先を行き過ぎたんですよね。笑

画像86

画像87

めちゃめちゃ早かったと思いますよ。今でもよこ長さん以外で、湯どうふ自体に味がついているお店ってないんじゃないですか?マネできないですよ。

画像88

――ぼくもいろいろな湯どうふを食べた後でよこ長さんの湯どうふを食べたので「新しいな」と思いましたよ。元祖なのに。すごいオリジナリティ。

画像89

父が始めた当初はもっと湯どうふにたくさん種類があったんですよ。たとえば鯛のダシが出た温泉湯どうふとか。ほかにもたくさんありました。

画像90

――おだしもそうなんですが、豆腐のとろけ具合も独特だなと思っていて。嬉野の温泉湯どうふって、「トロトロ」のイメージなんですが、よこ長さんは「フワトロ」って感じ。豆腐の食感が残っている。

画像91

画像92

つかめないくらいトロトロになってしまうと、豆腐自体を楽しめなくなると思っているんですよね。箸でもつかめるような状態にするようにしています。

画像93

――ほかのお店だと箸ではまず無理ですもんね。


どんな豆腐でも溶けて美味しくなるわけではない

画像128

――ぼく、じつは嬉野の温泉水を持ち帰って、安売りの40円くらいの木綿豆腐で湯どうふしたら、どうなるんだろうって、試したことがあるんですよ。そしたら、あんまり美味しくなくて。食べれるけど、嬉野の温泉湯どうふとは全然違う。

画像129

温泉水を持って帰ってもらったんですよね。あれ、美味しくなかったんですね。笑

画像130

――とろけ具合が良くなくて。表面は若干とろけるんですが、中はいつも食べてる普通の豆腐の食感と一緒。中までトロトロにはならない。

画像131

画像132

大量生産の豆腐は機械でつくるので、その関係でけっこうかたいんですよね。それで溶けにくいんです。

画像133

――なるほど、そういう側面があるんですね。あと、温泉湯どうふ用の豆腐だと白くてきれいな煮汁になるんですが、安売りの豆腐はなんだか黄色っぽい煮汁が出て。

画像134

分かりにくいが若干黄色っぽくなる

画像135

外国産大豆を使うとそうなります。外国産大豆は粒が小さいので、大豆の皮の成分が多めに入ってしまうんです。だから黄色くなるんです。

画像136

――そうだったのか!この疑問が解消されるとは。スッキリしました。笑

画像137

嬉野産、佐賀産の大豆は粒が倍くらい大きいんです。その大豆を絞ると、皮の成分よりも中身の成分がたくさん出る。だから白くなるんです。色が全く違います。

画像138

――味もなんか風味が劣るんですよ。

画像139

コクがないというかね。そんな感じになりますね。

画像140

画像141

やっぱり温泉湯どうふ用の豆腐がいいんですね。

画像142

画像143

温泉湯どうふ用の豆腐は、つくり方で微妙にコントロールをしないといけない部分があって。そんなふうにつくるには、最低2~3年の修行が必要だと思います。そう簡単につくれるものではないんですよ。

画像144


嬉野に温泉湯どうふがある価値

画像94

――現在、各地で「ご当地グルメ」を半ばムリヤリつくったりする状況がある中、嬉野の温泉湯どうふは自然な存在ですよね。

画像95

嬉野にもともとあるものですからね。それはものすごい強みです。

画像96

画像97

もともとあったものを、さらに進化させて、時間をかけてブレイクさせたんですよね。

画像98

――温泉も豆腐も、もともと嬉野にあったものですもんね。ここじゃないとできないものがしっかり合致している。

画像99

このへんが大豆の産地だったことと温泉。嬉野は温泉が昔から豊富でした。

画像100

――「温泉水を調理に使う」という行為は、昔からあったんですか?

画像101

いや、調理にはほとんど使わないですよ。温泉水ってものすごくクセがあるので、普通の調理には使えません。たまたま、豆腐には合ったというだけです。

画像102

画像103

――「そんなことあるの?」って感じですよね。調理に適さない温泉水が、嬉野でさかんにつくられていた豆腐には合うなんて。

画像104

ほかの温泉地でも、こういう「温泉湯どうふ」ってあるんですか?

画像105

画像106

あるにはあるんですけど、嬉野みたいに溶けませんね。溶けているところは、人工の調理水で溶かしています。

画像107

画像108

嬉野温泉の温泉水は、そのままでも溶けますからね。絶妙なバランスですよね。溶け過ぎてもだめですし。

画像109

画像110

それが不思議なんですよね。天然の温泉水でできてしまう。私は実験したことがあるんですよ。あっちこっちの温泉で湯どうふをつくったんですけど、嬉野温泉しかいい塩梅(あんばい)にはならない。

画像111

画像112

――ネットで重曹でやると溶ける、というのも見たんですけど……。重曹だと溶け過ぎちゃうというか。

画像113

研究するといい塩梅(あんばい)にできるかもしれませんが、天然の温泉はさまざまな成分が入っていますからね。

画像114

――泉質だってすごく繊細なもので、長い年月で変化することもあると思うんですよ。ずっとこのとろけ具合が出せる温泉が湧き続けているのは凄いことですよね。

画像115

いろんな要因が重なって、この奇跡的な温泉が嬉野に湧いて出てきているということですね。記述によると、もう1300年は湧いて出ている。

画像116

画像117

かなり強力なエネルギーが地下にあるということですよね。

画像118

画像119

この温泉じゃないと、湯豆腐をつくれないというのが凄いですよね。ニューヨークで一度佐賀をPRする機会があって、湯どうふを持って行こうと思ったんですけど、検閲で温泉水が持って行けなくて。

画像120

画像121

――あぁ~、そうか。飛行機で運べない。

画像122

温泉水って輸出も難しいし、飲料水としても売れないでしょう。だから、ホントの「温泉湯どうふ」って、嬉野に来ないと食べられないんですよ。

画像123

――それって凄いことですよね。

画像124

とろける温泉湯どうふ「っぽい」ものはつくれるけど、天然の温泉水で溶ける湯どうふを食べるというのは嬉野じゃなきゃ無理なんです。これは観光地としては、すごい武器だと思うんですよね。

画像125

――これ以上ないですよね。

画像126

ただ、「温泉湯どうふ」の美味しさを知ってもらうためには食べてもらわないといけないんですけど。強みでもあり、弱みでもあるんです。

画像127


嬉野から世界へ!温泉湯どうふを海外進出させたい

画像151

――今後、嬉野温泉の湯どうふをどのように発展させたいとお考えですか?

画像146

豆腐はもともと、中国から伝わった食べ物です。ベトナムやタイにも豆腐文化があります。私はこの豆腐は世界に通用すると思っています。海外に広めたいですね。

画像147

画像148

世界的に見ても溶ける豆腐料理って、あるんですかね。

画像149

画像150

豆乳はありますけど、その豆乳と豆腐を一緒に食べるというのは、ちょっと見かけないですもんね。西洋圏は大豆製品にあまり惹かれないんですよ。「家畜のえさ」とか「靴下のニオイ」なんていうイメージがあるほどで。

画像151

――へー!そうなんですね。

画像152

だから西洋圏はかなり厳しい気はします。でも「健康に良い」ということはわかっていますので。おいしい健康食品として、海外の方にも知ってもらえたらと思いますね。

画像153


嬉野市民は温泉湯どうふを本当に知っているか

画像154

――嬉野市民の方々って、日常的に温泉湯どうふを食べるものなんですか?

画像155

名前は知ってるけど、食べたことはないという嬉野市民は意外と多いと思いますよ。一歩引いて、ちょっと遠くから見てる人が多いような。

画像156

画像157

そうなんですよね。昔は家庭でも出てたと思うんですが、今ではそういう家庭が少なくなっているかもしれませんね。スーパーでは温泉湯どうふの調理水や豆腐が売ってますけど……。

画像158

画像159

売ってるけど、観光客の方がお土産にたくさん買っていく感じですよね。

画像160

画像161

地元の人もたしかに、ほかの地域よりかは湯どうふの機会は多いかもしれないけど、実際そこまで定番というわけではないのかな、と。給食に出してほしいですよ。

画像162

画像163

――湯どうふが観光客だけのものになるのはもったいないですよね。こんなに歴史あるものなのに。

画像164

もともと日常だった湯どうふが観光化されてきて。市民との距離ができ始めているのかもしれないですね。ぼくはやっぱり旅館で育ってて、温泉が身近にあるから。「寒い日の朝を湯どうふで」なんていう日常が小さな頃からありました。

画像165

――息子さんにもうかがいたいんですが、どうですか?嬉野の人たちにとって、温泉湯どうふってどんな存在なんでしょう?

画像166

宗庵よこ長 店長 小野原健さん

画像167

社会科見学で来た子どもたちとふれ合うと思うんですが、意外と知られていないなと。地元の子どもたちに浸透していないように思うので……。次世代につなげるには、やっぱりまずはそこからだと思いますね。

画像168

画像169

「名物」と言っているのに、地元の人と喋ると「普段は食べてないよ」と言われると、ちょっとがっかりしますもんね。

画像170

画像171

嬉野の外へ発信していくことも大事だとは思うんですが、まずは内側を固めることが重要かなと思いますね。

画像172

画像173

温泉に関してもそうで。たとえば、別府には市民浴場みたいなものがたくさんあるじゃないですか。嬉野にも公衆浴場はあるけど、嬉野の人がいつも温泉に入っているわけじゃないんですよね。もっと温泉に市民が気軽に入れるようにしたいんですよ。月に一度は市民デーなんかにして。

画像174

画像175

ああ、そういうのいいね!嬉野の人が温泉について基本的なことは知っておいてくれるといいなあ、とは思います。

画像176

画像177

学校の授業に入れてほしいですよ。「嬉野学」みたいな。住んでる街のことだから。今、親世代が知らなかったりもしますし。だから、子どもにも伝わらないし、それでだんだん知られなくなるっていう。

画像178

画像179

――前回の記事でもありましたけど、嬉野高校の観光課の生徒でさえ、入学当初は「嬉野には何もない」と言うとのことで……。

前回の記事

画像180

当たり前すぎたんでしょうね。内側に対して発信ができていなかった。観光客の皆さんの方が嬉野について詳しいかもしれませんね。

画像181

――嬉野市民でも嬉野の温泉街よりも、湯布院の温泉街に行った回数が多いという人はいそうですよね。

画像182

たしかに。なかなか地元の旅館になんて行くことがないから。

画像183

画像184

灯台下暗しですよね。目の前に良いものがたくさんあるのに、遠くばかりを見られてしまっていますね。

画像185

画像186

これからも地元の人たちにもっと嬉野を好きになってもらえるように、頑張りたいですね。

画像187

――壮大な歴史ロマンに加え、未来の課題も見えていいお話になりました。みなさん、ありがとうございました。


温泉湯どうふの未来は「地元」に懸かっている

画像188

第一回の「嬉野温泉 暮らし観光案内所」の記事で「湯どうファーを自称する人物はヘネシー吉川さんしかいない」と教えてもらったのを思い出しました。

美味しい。健康に良い。安い。嬉野でしか食べられない。これだけのイイ要素が揃った食べ物もなかなかありません。嬉野市民が口々に「お気に入りの湯どうふ屋さん」とか「我が家の湯どうふ定番タレ」なんて話で盛り上がるようになれば、温泉湯どうふの未来はもっと明るくなるのかもしれませんね。

宗庵よこ長さんの湯どうふは通販でも注文できます。嬉野に行けないという方は、ぜひ公式サイトから注文してみてくださいね。

「嬉野温泉 暮らし観光案内所」次回もご期待ください。



この記事が参加している募集

この街がすき

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます!
旅館大村屋(佐賀・嬉野温泉)
湯上がりを音楽と本で楽しむ宿。温泉に浸かった後を、心地よい空間と時間で過ごせるよう大浴場と貸切風呂のそれぞれに音楽と本を楽しめる湯上りスペースを配置。創業天保元年の老舗旅館。自家源泉を保有、貸切風呂や大浴場は日帰り入浴も出来ます。宿のこと、佐賀・嬉野の暮らしを発信します。