旅館大村屋(佐賀・嬉野温泉)

湯上がりを音楽と本で楽しむ宿。温泉に浸かった後を、心地よい空間と時間で過ごせるよう大浴場と貸切風呂のそれぞれに音楽と本を楽しめる湯上りスペースを配置。創業天保元年の老舗旅館。自家源泉を保有、貸切風呂や大浴場は日帰り入浴も出来ます。宿のこと、佐賀・嬉野の暮らしを発信します。
    • 嬉野温泉 暮らし観光案内所
      嬉野温泉 暮らし観光案内所
      • 2本

      嬉野温泉の日常、暮らしの面白さをご紹介する「暮らし観光案内所」 旅館大村屋の北川健太の案内で ライターの大塚拓馬が月に一度、嬉野に泊まりながら 嬉野の暮らし観光を体験する連載です。 【暮らし観光とは】 まちの本当の良さを発信する「暮らし観光」。 その主役はその土地で暮らす人や生活です。 観光客は一時的な市民となり その土地の人や暮らしに接する。 それは訪れた人にとって唯一無二の時間になります。 地元の人にとっても自分たちの暮らしの素晴らしさを 再確認することになるでしょう。 佐賀は分かりやすい大型観光地ではありませんが そこにある何気ない日常や風土や歴史は都市部にはない豊かさがあります。 その土地に生きる人たちと「友達」になれるような観光を 私たちは「暮らし観光」とよんでいます。

    • レッツ!ビートルズ on note
      レッツ!ビートルズ on note
      • 1本

      テレビ版、ラジオ版に続き、note版「レッツ!ビートルズ」がPodcast版と連動して始動! ビートルズ好きのライター大塚拓馬と旅館大村屋の北川健太が 幼少期から今まで同級生や友達と共有できずに一人悶々と抱えていた ビートルズへの偏愛や想いを爆発させる30代九州男子による超雑談形式の読んでも聞いても楽しめるトークマガジンです。

  • 【佐賀・郷土玩具】尾崎人形(大村屋オリジナル)

    【佐賀・郷土玩具】尾崎人形(大村屋オリジナル)

    佐賀の郷土玩具である尾崎人形の大村屋オリジナルバージョンが登場!湯上がりの幸福感を表現したような何とも言えない表情に癒されます。種類は2種類で「浴衣ver」「番頭さんver」。【尾崎人形とは】佐賀県神埼町尾崎西分地区に伝わる焼きものの人形で、佐賀県内陶磁器の中で最も歴史的に古く伝統を残しています。伝承によると、「弘安4年(1281年)蒙古襲来の元寇(弘安の役)の際、捕虜になった蒙古軍の兵隊が人形を作って吹き鳴らし、遠い祖国を偲んでいた。そして技術は地元民に伝わり、焼き物が盛んになった。」と言い伝えられています。この焼き物はやがて尾崎焼として、瓦、火鉢、鉢物類を焼くようになり、江戸時代には佐賀藩から幕府への献上品のひとつにもなりました。人形の中には玉が入っていて、振るとカラカラと音が鳴ります。
    ¥1,980
    旅館大村屋 STORE
  • 【ギフト箱が読み物に!?】佐賀銘菓「bouro」と嬉野茶セット

    【ギフト箱が読み物に!?】佐賀銘菓「bouro」と嬉野茶セット

    大村屋オリジナル菓子の佐賀銘菓「bouro」と嬉野名産の嬉野茶を詰め合わせたボックスセット。「もらっても」「贈っても」嬉しい工夫として箱を開くと内側が本のような読み物になっています!箱の内側には大村屋や嬉野の歴史、お茶の栽培方法、温泉の成分、大村屋の過ごし方などが記載されており読みながらお菓子とお茶を楽しめば自宅にいても旅気分が味わえます。[内容]・bouro(16枚入り)×2ケース・有機嬉野茶(ティーバック5個入り)×2ケース【bouro】ひとくちサイズの丸房露「bouro(ボウロ)」です。佐賀の銘菓として知られる丸房露の元祖「鶴屋」とのコラボレーション。通常の丸房露より小さいので色々なシーンで気軽につまんで頂けます。もちろん厳選した材料と昔ながらの手づくり製法は変わりません。又、上部の巻紙は大村屋の大浴場入浴の半額券としても使用できます。◯原材料:小麦粉、佐藤、卵、蜂蜜、トレハロース、水飴、ソーダ◯本商品に含まれているアレルギー物質:小麦、卵【嬉野茶】嬉野でも珍しい完全有機栽培を30年以上続けている「きたの茶園」。安全で安心して飲める本当に美味しいお茶を追求し化学合成肥料や化学合成農薬、除草剤を全く使用せずに有機質肥料を使って栽培されています。【旅菓子】江戸時代の参勤交代により人々が行き交う街道が発達し、その道みちに宿場ができたことで「旅」という新しい楽しみが広がりました。古く参勤交代のお侍さんが寝泊まりする脇本陣としてはじまった大村屋はこれまで多くの旅人の思い出をつくってきました。佐賀のお茶や甘いもの文化も遠く海を渡り大陸から旅をして辿り着きこの土地の人々に愛されています。旅をして出会った持ち帰られる思い出「旅菓子」。大村屋らしい新しいお菓子の提案です。●大村屋とは・・・旅館大村屋は江戸時代、大村藩の脇本陣として生まれました。創業は文化二年以前と推測されますが大正十一年の嬉野の大火で大切な宿帳は消失してしまいました。その後「天保元年」の印がついた敷石が出てきたことから創業を天保元年としています。近年は「湯上りを音楽と本で楽しむ宿」をコンセプトに様々な取り組みを仕掛けています。●鶴屋とは・・・寛永十六年(1639年)、徳川三代将軍家光公の治世の下、「鶴屋」は佐賀三十六万石の城下町に創業しました。初代善右衛門が佐賀藩城主鍋島公より御用御菓子司を仰せつかり以来三八十年その暖簾を現在に至るまで守り続けています。佐賀出身の明治の元勲、大隈重信候が愛したという逸話も残る佐賀県を代表する銘菓「丸房露」の元祖でもあります。【各種お祝いなど】お祝い返しや贈答など対応もいたします。ご希望の際はお電話もしくはメッセージにてお申し付けください。
    ¥2,916
    旅館大村屋 STORE
  • 【ロングセラー】大村屋プリン10個入り

    【ロングセラー】大村屋プリン10個入り

    【老舗旅館がつくる逸品スイーツ!】上質な嬉野茶を使用した大村屋特製の抹茶プリン、紅茶プリン、釜炒り茶。程よい甘さと口当たりの良さ、上品な味わいの大人気スイーツ。無添加、無着色でお子様にも安心してお召し上がり頂けます。◯内容抹茶プリン×4、紅茶プリン×3、釜炒り茶プリン×3賞味期限:製造から7日◯原材料嬉野茶、牛乳、バニラエッセンス、ゼラチン、砂糖、塩【大村屋プリンの誕生】元々、夕食の会席料理のデザートでお出しした抹茶プリンが好評で持ち帰りたいというお声が多く寄せられ販売を始めました。20年以上の歴史を持つ大村屋の宿泊以外の代名詞といっても良い人気定番商品です。【各種お祝いなど】お祝い返しや贈答など対応もいたします。ご希望の際はお電話もしくはメッセージにてお申し付けください。
    ¥3,240
    旅館大村屋 STORE
  • もっとみる

#2 横浜にいたイラストレーターと作家が嬉野温泉でカフェを開業するまで

嬉野温泉 旅館大村屋がお届けする「嬉野温泉 暮らし観光案内所」にようこそ。嬉野温泉に月1で泊まっている、ライターの大塚たくま(@ZuleTakuma)です。 今回、旅館大村…

#1 突如として始まった30代のビートルズ談義〜まずは2人のビートルズとの出会い〜

「レッツ!ビートルズ on note」では、ポッドキャスト版「レッツ!ビートルズ」のトーク内容をギュギュッと縮めた編集版でお伝えします。完全版はぜひ、PodCastを聞いてみ…

#1 嬉野の温泉湯豆腐を愛する「湯どうファー」の世界が奥深かった話

こんにちは。ライターの大塚たくま(@ZuleTakuma)です。 大塚たくま 福岡出身のフリーライター。九州のグルメ、おでかけスポットの取材に奔走中。2児の父でビートルズフ…