高橋 遼 / Ryo Takahashi

株式会社トライバルメディアハウスでコミュニケーションデザインのお仕事をしています。ブランドの熱狂的なファンを大切にするマーケティングの考え方を『熱狂顧客戦略』(翔泳社)という本にまとめています。

COTEN RADIOにハマりまくっている話

昨年の年末からCOTEN RADIOにハマりまくっている。 仕事してるときと家族と過ごしているとき以外はほぼずっと聴いてるといっていいぐらい、自分の可処分時間の9割を超える…

トークイベント「#好きだから宣伝したい」を終えた感想を書いてみる

トライバルメディアハウスでは、10/14から10/21のあいだ「 #好きだから宣伝したい 〜インフルエンサーマーケティングを変えよう〜」というイベントを計5日間にわたって開催…

「熱狂顧客戦略」が2年後に重版しました

うれしいお知らせがありまして。 2年前の2018年2月に出版させていただいた「熱狂顧客戦略」が、発売から2年経って重版のお知らせをいただきました。入れ替わりの激しいマ…

これからのコミュニティは自律分散的になっていくのではないかという仮説

これからのコミュニティはSharedの資産になっていくべき 前回、「ずっと感じていたコミュニティについての課題」というタイトルで『果たして企業はコミュニティを自分だけ…

ずっと感じていたコミュニティについての課題

今、さまざまな場面でコミュニティの価値が発揮されはじめています。地域の活動を支えたり、事業を成長させたり、チームの推進力を高めたりするうえで、コミュニティは社会…

ファンイベントを設計するために『最高の集い方』は何度も読み返したい良書

今月発刊され『最高の集い方』(プリヤ・パーカー著)は、いわゆるお客様を招いてのイベントだけでなく、社内の会議やプライベートでの集まりにいたるまで、人が集まる場の…