池嶋 亮

https://lit.link/playable プランナー / Playable代表 / 遊び・教育・世界旅・留学・謎解き・日本酒などをテーマにイベント企画 / 2020年春まで商業施設で企画ディレクターを6年ほど / 現在フリーで、香川のコワーキングスペース企画統括など

池嶋 亮

https://lit.link/playable プランナー / Playable代表 / 遊び・教育・世界旅・留学・謎解き・日本酒などをテーマにイベント企画 / 2020年春まで商業施設で企画ディレクターを6年ほど / 現在フリーで、香川のコワーキングスペース企画統括など

    マガジン

    • 思考法・マインドセット

      • 思考法・マインドセット

    最近の記事

    固定された記事

    自己紹介【今やっていること】

    こんにちは。池嶋です。 2020年にフリーランスになり、いろんな地域の方と関わらせていただく機会が増えました。 当然のことながら自己紹介をする機会が急増したのですが、自分でも上手に説明ができない(←ちょっと悩んでる)ので、この記事で今やっている活動についてまとめたいと思います。 少し長いですが、お付き合いいただけると幸いです。 2021.07.30 これまでの活動についてはコチラへ プロフィール(2021.11.09更新) 池嶋 亮 IKESHIMA Ryo

    スキ
    27
      • 自己紹介【過去やってきたこと】

        こんにちは。池嶋です。 2020年にフリーランスになり、いろんな地域の方と関わらせていただく機会が増えました。 当然のことながら自己紹介をする機会が急増したのですが、自分でも上手に説明ができない(←ちょっと悩んでる)ので、これまでの活動履歴をまとめたいと思います。 少し長いですが、お付き合いいただけると幸いです。 2021.07.30 現在の活動、プロフィールについてはコチラへ 学生時代とにかくスポーツが大好き。中学(松原第六中学校)では野球部キャプテン。高校(生

        スキ
        17
        • しばらく大阪を離れます

          前職のご縁でいただいたお仕事の関係で、10月中旬から来年3月末まで期間限定で、香川県高松市に家族で行くことにしました。 はい、そうです、みんな大好きうどん県です。 うどん食べ過ぎて太らないように気を付けます。 以下、長文のご報告ですいません。 激動過ぎた2020年昨年末に心身の調子を崩し、新しい家族が増えるタイミングもあり、3月末で会社員の仕事を辞め、またコロナも重なって世界は新しくなり。 結果的に自分にとってグレートリセットになった2020年。 とどめの一撃は、

          スキ
          25
          • 「誰がおもろいねん」と思ってた下戸の集いの続編が開催

            2020年のGW 前例のないウイルスパニックに揺れる日本で、続々と中止になるイベントたち。 毎年お世話になっている078Kobeも例外ではなく。 ただ他のイベントと違うのは、限られた状況の中でできることを模索した変態スタッフたちにより、超短期準備でのオンライン実施にも関わらず、20超のプログラムが開催されたことです。 私が企画で関わらせてもらった「日本下戸サミット」は、そんな078Kobeの1プログラムでした。 全国200名の下戸の声が集結今回の企画で一番気にしたの

            スキ
            10
            • 自己紹介【過去やってきたこと】

              スキ
              17
              1年前
              • しばらく大阪を離れます

                スキ
                25
                1年前
                • 「誰がおもろいねん」と思ってた下戸の集いの続編が開催

                  スキ
                  10
                  1年前

                マガジン

                マガジンをすべて見る
                • 思考法・マインドセット

                  • 1本
                • 思考法・マインドセット

                  • 1本

                記事

                記事をすべて見る
                  • また一緒に踊りたい、それだけ。

                    嫁さんの実家である新潟の夏に「にいがた総おどり」という、めちゃくそ楽しかった祭りがあります。 こちら自分で撮った映像です。ちなみに僕は演者ではありません。 「参加性」なんて言葉が乱発している今のイベント業界。 「にいがた総おどり」は3周くらい回って最先端なんじゃないかなと思うのが、ダンスフェスティバルなのにダンサーじゃなくても踊っていいということ。 「あぁーなるほど、演者と同じ気持ちで観客も盛り上がれるってやつね。」と普通は思うじゃないですか。少なくとも僕も思いました

                    スキ
                    23
                    • 劇団ノーミーツの起こした革命/#むこうのくに

                      ※主催者に許可されたスクショ画像は貼っていますが、ネタバレはしていません 7月27日午前7時 一晩寝たのに、まだ昨日の出来事が上手く処理できてない。 興奮の残り香がまだパソコンにあるような気がして、もうそのまま今の気持ちを記しておこうと思ってこれを書いています。 「革命」なんて言葉が、漫画やドラマで使われ過ぎて陳腐化している2020年 これ以外に表現できる言葉を僕は持っていなかった。 まがいなりにもコンテンツを創る側の人間として、湧き上がる感情は「感動」と「嫉妬」

                      スキ
                      18
                      • 新生児は天使か悪魔か

                        2020年6月7日 うちに第一子となる男の子が生まれました。 タイミングよく、この3月に会社員を辞めてのんびり転職活動中のため、幸い初めての育児にどっぷり取り組むことができています。 で、妻と子が自宅に帰ってきて早くも1週間。 まだまだケツの青い超新米父なので当然なのですが、それにしても想定外のことがまぁー多い。 産婦人科に置いてるパンフレットとか、プレパパの情報誌とかだいぶ読んでいたつもりが、そんな浅はかな知識を軽々と飛び越えていく日々の出来事たち。 まだ心と身

                        スキ
                        16
                        • これからの”集い”に適したツールとは?

                          先日、イベントやコミュニティなど様々なタイプの”集い”を主動している人たちをお招きし「これからの集いとは」をテーマに、トークイベントを開催しました。 このイベントで参加者から「オンラインイベントに最適なツールは何ですか?」という質問を多くいただきました。 さらにイベント後、参加者から直接僕に連絡いただいた質問で、実は一番多かったのが「今回のツールは何を使ったのですか?理由も教えてください。」でした。 なのて改めて、この2点についてまとめておきたいと思います。 ちなみに

                          スキ
                          13
                          • これからの”集い”で求められる企画とは?

                            先日、イベントやコミュニティなど様々なタイプの”集い”を主動している人たちをお招きし「これからの集いとは」をテーマにトークイベントを開催しました。 昨日改めてその時の動画を見返して一人反省会をしていたのですが、各分野を突っ走る実践者たちの言葉が、どれもポジティブで刺激的過ぎて頭スパークしたので、いくつかご紹介します。 集いの変態たちをご紹介イベントの冒頭に、まずはゲスト4名の活動紹介。 以下、各ゲストのプロフィールと、この数カ月に取り組んでいるプロジェクトの列挙です。

                            スキ
                            6
                            • これからの”集い”とは?【イベント出演前に考えてみた】

                              6月3日(水)19時から 友人と企画したイベントにファシリテーターとして出演させてもらいます。 タイトルは「イベント新時代~これからの”集い”とは~」 我ながら仰々しいタイトルだなーと思いながらも(笑) 「実際に動いて得た知見の棚卸し」という、今このタイミングで最も大切なアクションを、多彩なゲストたちと一緒にしたいと思っています。 ただその前に、自分なりに考えを整理して本番に挑みたいと思い、この記事を書きました。少しでも興味を持ってもらえたら、是非ご参加ください。

                              スキ
                              4
                              • 小売り商店の価値と未来【オンライン日本酒飲み会開催レポート】

                                我ながら超大袈裟なタイトル。 でもそれを考えざるを得ない状況になってしまった。 今回のコロナの件で、実家の酒屋がそこそこの打撃を受けている。 ありがたいことに、うちは関西一円からこだわりの飲食店の方によく買いに来ていただいている(いつもありがとうございます!) だから、一般社会から少し遅れてそこの余波がきた形。 実は僕は、自分はお酒が一滴も飲めないガチ系の下戸。 だけど、父や母はもちろん、自分をここまで育ててくれた日本酒業界や日本酒愛飲家の人たちにはすごく感謝して

                                スキ
                                24