池嶋 亮
自己紹介【今やっていること】
見出し画像

自己紹介【今やっていること】

池嶋 亮

こんにちは。池嶋です。

2020年にフリーランスになり、いろんな地域の方と関わらせていただく機会が増えました。

当然のことながら自己紹介をする機会が急増したのですが、自分でも上手に説明ができない(←ちょっと悩んでる)ので、この記事で今やっている活動についてまとめたいと思います。

少し長いですが、お付き合いいただけると幸いです。

2021.07.30


これまでの活動についてはコチラへ



プロフィール(2021.11.09更新)

画像1

池嶋 亮 IKESHIMA Ryo

【肩書】プランナー / Playable代表 / Setouchi-i-Baseコーディネーター / 松原市 観光・シティプロモーション課 主幹 / 次世代観光リーダー養成スクール「POOLO NEXT」コミュニティマネージャー / asoview地域プロデューサー / 公益社団法人ジャパンチャレンジャープロジェクトアソシエイトプロデューサー / 飲めない酒屋の息子 / NPO法人ゼロワン理事

【プロフィール(長いやつ:596文字)】1988年大阪府松原市生まれ。学生時代のアルバイトがキッカケで、エンターテイメントによる街の活性化に興味を持ち、米ニューヨークに留学。イベント関連の企業にてインターン。その後、世界20ヵ国30都市を周る世界一周の旅を経験。
帰国後、グランフロント大阪北館ナレッジキャピタルの企画・プロデュースを行う株式会社スーパーステーションに入社。総合プロデューサー室のディレクターとして、大型イベントの企画や国際アワードの事務局運営、新規プロジェクトの立ち上げ、プロモーション施策の立案などを担当。
また大型都市開発プロジェクト「うめきた2期」にも参画。プロデューサー補佐として、全体コンセプト立案、中核施設コンテンツ企画、国内外有識者へのヒアリングなどを担当。
またプライベートの活動として、チャンバラ合戦-IKUSA-を運営するNPO法人ゼロワンの理事。法人立ち上げ時は関西代表として、日本各地で様々な企業や行政と連携してイベントを開催。TEDxKobe2015出演。みんなの夢アワード2019ファイナリスト。
その他、企業向け研修の企画、教育機関での講演、謎解きコンテンツの制作、日本酒イベントの主催などを行う。
2020年4月より独立。同年10月より香川県のコワーキングスペースSetouchi-i-Baseの立ち上げに参画。イベントの全体統括を務める。現在は大阪と香川の2拠点生活中。
また2021年8月から地元である大阪府松原市の観光・シティプロモーション課に所属し、魅力発掘と発信に取り組んでいる。

【プロフィール(短いやつ:226文字)】1988年大阪生まれ。学生時代に米NYに留学し、イベント制作会社にてインターンを経験。帰国後、大阪駅前の大型商業施設にてイベント企画、プロモーション施策立案、大型都市開発プロジェクトなどに従事。2020年4月に独立。企業向け研修の企画、謎解きコンテンツの制作などを行う。同年11月より香川県のコワーキングスペースSetouchi-i-Baseコーディネーターとして、イベントなど活動の全体統括を務める。また地元である松原市の観光・シティプロモーション課にも所属し、魅力発掘と発信に取り組んでいる。

【プロフィール写真】https://drive.google.com/drive/folders/1bMSRe0pg7HZkAizrpc4d6QULMPQXYyPx?usp=sharing


プランナー / Playable代表

画像2

人生でずっと自分の肩書に悩んでいるのですが、とりあえず今は「プランナー」と名乗っています。


イベント、プロモーション、施設の立ち上げ、都市開発、企業コンセプト立案、商品開発、制作物ディレクション、etc...

今までいろんなことに挑戦させてもらってきましたが、一貫して自分の能力を発揮できているのは「企画・プランニング」だと思っています。

①現状を分析して仮説を立て、最適なアイデアを考えること

②そのアイデアを実現する最適なチームを組むこと

③そのチームでベストな結果を目指して仮説を実証すること

④企画から現場の運営まで責任持って取り組むこと

この4点については今まで一生懸命やってきたので、これからも自分の武器として磨いていきたいと思っています。


具体的な活動としては「イベント」や「研修」の企画の依頼をいただいて、現場まで一貫して担当することが多いです。司会やファシリテーターも自分でやったり、やれる人がいる時はバックヤード全般をフォローします。

○企業向けレクリエーションイベント(謎解きゲーム、オンライン運動会、アイスブレイクなど)

○スキル醸成ワークショップ(プランニング、コミュニケーション、プレゼンテーションなど)

○コンテンツ提供(大型フェスへ単発企画提案、アクティビティ開発など)

○大学、教育機関での講演(キャリア教育、アイデア創発ワーク、留学・旅経験の共有など)

が最近は多いです。

画像21

画像22

画像23

画像24

クライアントは商業施設やホテル、食品メーカー、不動産会社など一般企業。あと行政から直接ご依頼もらう時と、空港や駅など公共施設に関わらせてもらうことがあります。

もし興味ある方はSNS等でご連絡いただけると幸いです。


ちなみに「Playable」は独立してフリーランスになる際に設定した屋号です。

まだ何をやるのか固まっていなかった時期に悩みぬいた結果、何をやるにしても「遊びの力で今よりほんの少し面白い未来を創ること」は自分の活動の軸にしたいと考え、自分の好きなロンドンの都市開発プロジェクトから1単語を使わせてもらいました。

英国ブリストルのメディアセンター、ウォーターシェッドが2012年に立ち上げたPlayable City®は、“Play(遊び)”を通して都市を思いがけない驚きの交流が溢れる場所に変え、人と人、人と都市のつながりが強い未来の都市ビジョンを提案する、グローバルなイノベーションプラットフォームです。都市に創造的にアプローチし、街の中にあるモノを利用した公共空間での共有体験を生み出し、市民同士の会話を引き出す、市民と街の間の会話が始まる楽しいきっかけをつくります。https://www.britishcouncil.jp/programmes/arts/playablecity/about

先行きが不透明で変化の激しい時代だからこそ価値を発揮できる人間になれるよう、引き続き頑張りたいと思っています。


Setouchi-i-Baseコーディネーター

画像4

香川県が運営する、高松駅徒歩1分に立地するコワーキングスペース「Setouchi-i-Base」

2020年11月から半年限定で香川県に移住し、施設の立ち上げのお手伝いをさせていただきました。

全くゼロからの施設立ち上げに、とにかく新しい波を起こさねばと、半年間で70件のイベントを企画・実現させ、本当に多くの方に訪れていただきました。

画像11

画像10

画像13

画像9

画像12

大阪に戻った現在も、イベントや活動の統括をさせてもらっており「地方におけるコワーキングスペースの価値をどうやって作るのか」という難題に挑戦を続けています。

もし香川に来られる機会があれば、是非お立ち寄りください。


大阪府松原市 観光・シティプロモーション課

画像25

2021年8月より、地元である大阪府松原市から臨時職員として、観光・シティプロモーション課に所属しています。大阪市内からアクセスもよく、教育や災害対策などにも力を入れている松原市も、例にもれず少子高齢化の課題を抱えている地方自治体の1つです。これまで培った企画・広報・PRのスキルを活かし、松原市の認知拡大や市内活性化に寄与したいと思います。


次世代観光リーダー養成スクール「POOLO NEXT」コミュニティマネージャー

画像14

もう長い付き合いになるTABIPPOさんから依頼をいただきました。

コロナで大打撃を受けた観光分野の次世代リーダーを養成するオンラインスクール「POOLO NEXT」で、参加者たちのコミュニケーションを促したり、学びを最大化するサポートをしています。



asoview地域プロデューサー

画像5

日本最大級の遊び体験予約サイト「asoview」で、地方の観光コンテンツの発掘やワークショップ、セミナーの講師などを担当しています。

画像16

常勤ではないためコロナ期間中はほとんど動いていませんが、今後は近畿・中国・四国地方のいろんな場所で観光のお手伝いをしていくことになると思います。

もし地方創生や観光を盛り上げたいという自治体や地域の方がいらっしゃいましたらご連絡ください。



「ジャパンチャレンジャーアワード」アソシエイトプロデューサー

画像6

チャンバラ合戦で挑戦したビジコンでお世話になった方が主催している「地方創生」がテーマのビジネスプランコンテストです。毎年秋に全国大会を鎌倉で開催しており、その地方大会が全国各地で行われています。

画像14

香川では主催者として依頼する側でしたが、それ以外の地域では主催者側のプロデューサーとして、コンテスト開催までの企画や事務局業務の全般、参加者のケアを担当しています。

画像15

まだこの活動に参加して短いですが、ほんの数年前までは自分は出場する側だったので、誰よりもチャレンジャーの気持ちはわかるつもりです。新しい挑戦者たちと一緒に夢のある未来を創っていきたいと思います。



飲めない酒屋の息子

画像7

「一滴もお酒が飲めないくせに酒屋の息子」という必ず一発で覚えてもらえる自己紹介を持っている私ですが、ギャグではなく本当なんです。

大阪府松原市にある小さな商店ですが、親父が自分の足で全国を巡り、繋がったこだわりの酒蔵さんの逸品を取り扱っています。

そんな親父の選んだお酒を、イベンターとして一人でも多くの人に届ける、伝えることができないかと考え、お酒が飲めないからこそ持てる視点や新しい切り口を武器に、いろんな活動を展開しています。

画像17

画像18

今後また新しいコンセプトのネットショップを立ち上げる予定なので、またご覧いただけると幸いです。



NPO法人ゼロワン理事

画像8

「外遊びを再び日本の文化に」を掲げ、チャンバラ合戦-IKUSA-など様々な外遊びコンテンツを開発・開催する団体です。

会社員をしながら並行で行っていた非営利活動ながら、法人立ち上げ時は関西代表として、いろんなイベントやコンテストに登壇させていただきました。

画像20

画像19

現在はあまり活動できていませんが、ゼロワンでの経験から得た「遊びの価値」は現在の自分の考え方の大きな幹となっています。



出演履歴

最後にこれまで自分が出演・登壇させていただいたイベントや番組についてまとめておきます。

【講演】

2021.03.24_人を動かすイベントの作り方を学ぼう!誰でも使える!イベント作りの方程式

【出演番組】

キニナルせとうち(2020年12月~):瀬戸内・香川ででユニークな活動をしている人を紹介していくSetouchi-i-Baseの配信番組

U-35 SANUKI プレゼン&トーク(2021年1月~):瀬戸内・香川で活躍する若手活動家(35歳以下)をゲストに招いた配信番組

さぬきの輪TV(2021年3月~):香川県で活動する地域おこし協力隊を紹介する配信番組

【ファシリテーター】

2021.02.13_瀬戸内イノベータートーク Vol.1「浜田知事と語ろう!Setouchi-i-Baseと香川県の未来」

2021.02.21_あなぶき未来セッション2021

2021.06.09_キャンピングカーを使い倒せ!実証実験アイデアソン

2021.07.03_異能アイデアソンー異能vation関西・四国拠点連携イベントー分科会「地方」

2021.07.04_企業の課題にアイデアで挑む若者会議チャレンジ




最後に

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。

2020年に会社員を辞めてフリーランスになってから、有難いことにいろんな方に声をかけていただき、現在の多様な活動となっています。


正直、数年後の自分が何をやっているか全くわからない状態ですが、20代前半で感じていたようなワクワクする日々を送ることができています。


これからはクライアントワークとオリジナルワークと家族との時間とのバランスを整えながら、新しい生き方を引き続き探っていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。





この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
池嶋 亮
https://lit.link/playable プランナー / Playable代表 / 遊び・教育・世界旅・留学・謎解き・日本酒などをテーマにイベント企画 / 2020年春まで商業施設で企画ディレクターを6年ほど / 現在フリーで、香川のコワーキングスペース企画統括など