ホクレン北見2

ホクレンDC 勝つために負ける北海道旅

7/8~7/23の期間でホクレンディスタンスチャレンジ2019に参戦してきました!今までは2試合、多くて3試合だったのでペースメイクを合わせて5本となる今回は心身ともに少しタフさが試される遠征となりました。

精神面で崩れないためにもこの長期遠征は出発前にテーマを明確にしてから出発しました。
それは前回のブログでも書いていた

「自分自身にチャレンジし、思い切り負け、課題を見つけて帰ってくる。」

というものでした。そのテーマを掲げて結果的にしっかり心の支えとなるテーマにすることができました。その中で気がついたことを書いてみようと思います。

遠征、試合にテーマを持つことの大切さ。
今までの僕は、1試合1試合を点でしか見ておらず、近々の試合でどう戦うか?どうだったのか?そればかりに頭がいってしまっていました。

なにを得るためにその遠征にいくのか、そこをあまり考えることができていませんでした。
遠征で得ることができるもの、「記録」もちろんこれが第一にあります。
調子が良く、記録が狙えそうな選手、記録を出さなければいけない選手。
そういった選手はそれがメインのモチベーションでも構わないと思いますが、記録を狙う中でもしっかりテーマを設定できるといいと思います。

一方記録会に集まってくる選手は皆が皆絶好調で自己ベストを狙えるコンディションにあるのか?というと、そこは疑問です。
そういった状況の選手こそテーマを自分で掲げそれにチャレンジしていくことで、その遠征に意味があったと言えると思います。

自分自身も調子が悪い中、がむしゃらに走って、やっぱりダメだったか、と失望する遠征が今までいくつもありました。
実際そういった境遇の試合はあまり次につながらず、調子だったり実力が戻るのをただ運任せで待っているような感覚だったのかなと思います。
逆に調子がいい時も、なんでよかったのか、時期がいいだけなのか、とても分かりづらかったです。どんな試合においても目標タイムが出なかっただけで意味のなかった遠征に感じてしまっていました。

遠征のもう1つ目的。自分の目標から逆算した今の現状は何%にあるのかを確認したり、練習の方向性や新たに取り入れるトレーニングを探すということです。
だからこそ、その時の調子でできる走り、挑戦をして、悪い時こそしっかり自分と向き合って、課題を見つけていく中で調子を上げることができたときに初めて、タイム以外でも過去の自分を超えたといえるんだなと感じます。

今後の競技生活において自分を図るものさしが有るのと無いのとでは大きな差があります。
そのためには逆も然りで、良い時は、なにをやっても調子は良いですし結果は出ます。
しかし、そんな時にこそ調子が良い理由を感じて、話して、また再現できるように工夫して強くなっていきましょう。


テーマを設定するもう1つのメリットとしては
練習やレースで主観的になりがちな自分をこのテーマがあることで客観的に冷静になって見ることができます。
僕はそういったイメージをするために大事にしているルールがあります。

できるだけ自分に響く簡単な言葉で設定すること

「自分自身にチャレンジし、思い切り負け、課題を見つけて帰ってくる。」
結構漠然としたテーマで、何をどう頑張ったらこのテーマを達成できるのか、他人が見たら伝わらないと思います。
しかし、今の自分だけにはスッと、綺麗に入ってくる言葉で、何をするべきかすぐにイメージできる言葉でした。
一見もっと明確にタイムや順位など決めた方がいいと思えますが、明確すぎても達成率が0か100かになってしまうのでテーマをイメージしてもレース中のパワーや今後の活力に変えることができなかったりします。
というか、それはテーマではなく目標(Goal)ですね笑

できるだけテーマを自分の中でイメージしやすい言葉で決める。
その上挑戦した後に、ここで初めてコーチや周りの人にコンセプトとして、明確な言葉で伝えてトレーニングにいかしていけるといいと思っています。

遠征期間中このテーマを何度も思い浮かべ、何度も救われました。
なのでこのホクレンDCにおいては、自分にとって最高のテーマを設定することができました。
そのおかげもあってか、4試合中3試合を自己ベストで帰ってくることがきました。(障害種目は記録を持っていなかったので絶対自己ベストだったのですが笑)
なにより現所属の阿見アスリートに移籍してからベストと茨城県記録を更新して、名前を残せたことはチームにとってポジティブなニュースになりました。

しかし、振り返るとほとんどのレースで先着されていますし、ライバルとなる選手がいます。
それでも充実したと感じられるということは、次勝つために必要な課題を得ることができたということです。


今後さらに自分と向き合い、テーマを設定することで
試合で強くなる。を実現できるようにしていきたいです。

前期のレースはこれにて終了!(たぶん)


P.S.北海道の遠征は回転寿司のトリトンさんがいつも僕の心を支えてくれています。
東京にもあるのでみなさんぜひ!!!笑


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

今日はレスト日!映画でも観てゆっくりしてね
32
RUN-LINEは「少しでも有益な情報を、1人でも多くのランナーに」を理念に情報を発信いたします。 https://www.facebook.com/run-line-695587117215180/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。