見出し画像

EvernoteからNotionに乗り換えたら、離れられなくなった話

こんにちは、PM業やってます。のぐちです。

私は結構なオンラインメモ好きでして、仕事での気づきや読書メモ、気になった記事のブックマークから始まり、プライベートの旅行の計画まで何から何までオンラインでメモしています。

ホワイトボードや手書きメモもありますが、書いて一段落したらオンラインに保存します。

長年愛用していたのはEvernote。記録を見ると2010年に使い始めて、2012年には有料会員になっていました。もう10年近いですね。書き溜めたメモは5,000件くらい。

そんなのぐちがEvernoteからNotionに乗り換えたら、離れられなくなったけどちょっぴり損した話をさせてください。後半では、Notionというスタートアップのビジョンについても考察しています。

ちなみにこの記事の下書きもNotionで書きました。

Evernoteに抱いていた課題

・Googleドキュメントからのペーストが崩れる
・Markdownが使えない
・ノートが多すぎて整理できない
・アプリの起動の遅さ
・UIがよく変わり、毎度慣れるまで時間がかかる

会社の議事録はGoogleドキュメントなのですが、Googleドキュメントからのコピペが上手くできないんですよね。改行の高さが取れすぎちゃったり、M太字や見出しがうまく効かなかったり。

他に仕事で使うツールでいうと、Slackやgithub、Confluence。開発のチームにいることもあり、何かとMarkdownで書く方が楽だったりします。が、Evernoteは未対応。

そして、過去の書いたノートの多さからか起動も日に日に時間がかかるように。スマホでちょっとメモを取りたいという時にすぐ立ち上がらないのは不便。

Marxicoとかも試しましたが、作ったノートはEvernote側から編集できないため、しっくり来ずそんなモヤモヤを抱えながらTweetしてみたら。

教えてくれた森川さんあざます!

Notion!そんなものが!と(不勉強で知らず)

その後移行が億劫で(なんでや)しばらく寝かせてましたが、Rettyのインターン生にもNotion使いがおり、意を決して移行することに。

Notionは評価額も8億ドルということで今ノリに乗っているコラボレーションツール。Evernoteはどちらかというと、個人のノート機能が主眼ですが、Notionはチームで使うのもターゲットです。

気になるEvernoteからの移行

Notionは、Evernoteからの移行のしやすさとメリットを伝えるページがあるという日本では考えられないトンデモナイ機能提供をしています。

確かにポチポチ設定からアカウント連携するだけで、スッポリインポートされるので移行がめちゃくちゃ楽ちんです。これまで書き溜めた大事なノートを捨てなくて大丈夫。皆さんもさっそく移行しましょう。

出典: https://www.notion.so/evernote

かゆいところに手が届くのがNotionの良いところ

たくさんありますが、Notionの良い点をまとめてみました。

①Markdownが使えて、Googleドキュメントからも楽々コピペ
②インラインやTwitter埋め込み機能
③テンプレートの多さ
④ノートの階層構造化
⑤絵文字とカバー画像
⑥WebClipperもでき、Evernoteの良さはそのまま

①Markdownが使えて、Googleドキュメントからも楽々コピペ

これで見出しや箇条書きを簡単に書けます😂 gtihubやConfluenceとの互換性もあり、有難いです。Googleドキュメントとのコピペ互換性もでき、使い勝手良すぎますね。

②インラインやTwitter埋め込み機能

noteを愛用していることもあり、インラインやTwitter埋め込みは綺麗にやってほしいという欲求が高まってしまっている自分があります。

Notionは埋め込みが非常に綺麗です。ややTwitterのロードに時間がかかる時があるのが玉にキズですが、まぁ良いでしょう。

③テンプレートの多さ

Notionはただのクラウドメモ帳ではなく、コラボレーションツール。

そのため、チームでも使えるようなテンプレートが幅広く用意されています。

Wikiを作れたり

表も組めて、これはリンク集に補足も入れてまとめるのに便利です。

D2Cニュースを集める、スクラムの記事をまとめるのようなブックマーク集の使い方をよくするのですが、それにぴったり。記事リストやギャラリー、カレンダーも作れます。

ボードはTrelloのようなカンバンを作れるので、良いですね。私はTodoist世界上位2%のユーザーなので、こちらでタスク管理はしませんが、一瞬浮気したくなるくらいの魅力はありますね。

モザイクばかりですが、Rettyの後輩はタスクボードしてかなり使いこなしていました。

彼は寝れないくらいNotionに感動しているそうな(寝ろ)。


 ④ノートの階層構造化

元来、例えばグロースハックだったらそのテーマに関する内容は1つのノートにまとめて分散させないような管理をしていました。しかしそのノートの中でどこに書いたかわからず、結果探しにくくなる始末。

Notionではノート同士を階層化できるので、整理しやすくこれはありがたいですね。

⑤絵文字とカバー画像

Evernoteでタイトルに絵文字をつけて、かわいくかつ感覚的に探せるようにしていました。Notionではタイトルに入れなくても、記事毎に絵文字をセットすることができます。

カバー画像もつけて、お好きにデザインすることも可能です。

⑥WebClipperもでき、Evernoteの良さはそのまま

WebクリップもChrome、Firefoxも双方できます。ただブックマーク機能のみで、まだ記事自体の保存はできないようです。

Notionもまだ物足らないことも

PDF保存はできるが見にくい

EvernoteはPDFを保存すると全ページインポートできるので、サクサク見れて、有料ではスライドショーのようなビューモードもあり、見やすいのが良い点でした。NotionもPDFを保存できるものの、iframeのようなインラインになり、frameの中でページスクロールしないといけないため、見にくい・・・。

これは是非改善していただきたいですね。

Notionはレゴブロックのように色んな組み合わせで仕事の課題を解決できるサービス

過去にはNotion COOのAkshay氏が来日したイベントもあったとか(行きたかった・・・)。

Notionのサービスサイトにも掲載がありますが、彼らのビジョンはまさにサービスが目指しているコアな価値を表していると言えます。

「Notionは例えるとレゴブロックのようなもので、様々なツールをブロックのように組み合わせ、ユーザーが自分にあった活用法を見つけてほしい。自分の母親のような、エンジニアではない人にもコンピューティングパワーを活用してほしいという想いでNotionを提供しています」

Notionを使っていて思うのは「これやりたいけど触ってみたらどうなるかな」「Wow! できるんだ」

これが非常に多いです。感覚的なUIで多機能用意されており、いくらでも仕事効率化ツールとして変身させることができます。

もちろんシンプルにクラウドメモツールとして使うことも可能。Twitterやnoteもそうですが、シンプルだけユーザーの意図次第でいくらでも活用幅が用意されているサービスはどんどんユーザーの熱量を高めて、人々をHappyにできる存在になれるのだと思います。

人類の歴史は道具の発明の歴史。そして発明された道具をさらに便利に改良していくのに長けた生き物です。エンジニアリングに強くない人にも生産性向上のためにクリエティビティを開放させて欲しいという想いが素敵すぎますね。

サービスサイトのaboutページのimage。彼らのビジョンが非常によくわかる内容です。

(意訳)タイプライターはGooge Docsに、ファイルキャビネットはDropboxになった。だが、概念的には先の産業革命をわずかに上回る進化に過ぎない。我々は未だにEメール、コピー・アンド・ペーストを使い、大量のタブを開いて、バラバラなツールをつぎはぎして仕事をしている。


(省略して意訳)Notionは現代のツールを壊し、あなたのWorkflowの多くをall-in-one workspaceに統合して作り上げた。自らの想像力に従って、あなたが抱えている課題を解決してください。

既存の個別のツールをリプレイスすることに留まるつもりはないようです。ドキュメント、ロードマップツール、タスクツール。これまでのツールに分かれていたWorkflowの使い勝手の悪かった点をまるっと本質的に解決していこうとしていることがわかります(私もいずれはTodoist離脱しないとなのか)。

Notionの料金、そしてEvernote退会するつもりが・・・

Notionがめちゃくちゃ良いのですが、無料では5MBしかファイルをアップできず、読書スクショとかが容量オーバーになるので、あっさりNotion有料会員に料金表でいうPersonalにしました。

Evernoteは無料にダウングレードしてもデータは残るということで、いざ無料にダウングレードせんと7月下旬にEvernoteを開くと

あれ、次回更新2020年

自動更新されてた😂😂😂😂😂

お世話になったので、もう1年お付き合いするか😂😂😂😂😂

Evernoteも変わらず好きなので1年進化を楽しみにしながら、Notionの使い方をさらに磨いていきます。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

Startup Hackの記事を書いていますので、サポートお願いします。頂いたサポートでビジネス本を買って記事のためのインプットします。

ありがたし!😂 次回もお楽しみに
73
Rettyで働いてます。Rettyプロダクト部門マネージャー 兼 オイスターバー担当でHRもやります。生牡蠣は腹壊しても食べます。週末はフットサルか読書か食べ歩き。京大文学部卒です。サッカー好きでセレッソ大阪の20年来のファン。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。