ロックヒルズガーデンとは?
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ロックヒルズガーデンとは?

ロックヒルズガーデン

JR川崎駅より徒歩6分。築30年強の商業ビル、その7階(最上階)と屋上をフルリノベーションして創り上げた「場所」がロックヒルズガーデンです。発起人は、運営会社(株)ファイアープレイス代表の渡邉知、即ち私です。脱サラ後初めての挑戦が、この、ロックヒルズガーデンでした。

「人と人がつながる場所を創りたい」という漠然としたコンセプトはあれど、何もかもが手探り。事業計画もなければオペレーションマニュアルもない中 、勢いと想い先行で、ファイアープレイス最初の「事業」がスタートしました。

挑戦の「核」となったのは屋上です。都市圏の景観を構成する多くのビル。けれどもその屋上の大半は全く活用されていない。天気の良い日の屋上は気持ちがいいだろうな、ここで仲間と一緒にBBQができれば最高だろうな。一方で、建築基準法、容積率に建ぺい率、青空下での飲食事業許可。様々な法規制が屋上活用を阻んでいることがわかりました。

突破口になったのは、テントです。

スクリーンショット 2021-06-16 15.36.11

テントはいつでも畳むことができるので、建築基準法に抵触しない。周囲を飾ればフォトジェニック、中に入れば気持ちがアガる。一方で、それだけではインパクトが弱い。悩んだ末に導き出した答えがジャグジーです。  ロックヒルズガーデンは恐らく、日本で初めて「ビルの屋上にテントを張り、ジャグジーを設置した」施設なのかな、と笑

スクリーンショット 2021-06-16 15.36.21

室内のイメージを拡げてくれたのは、LINEs AND ANGLEs 代表の西脇佑さん。世界で活躍するアーティスト、Jun Inoue氏のアートペイントで、和室とラウンジに極めて独自性の高い意匠を施してくれました。

最後の締めくくりとして、室内の一部を厨房とし、飲食事業許可を取得。こうして、川崎のビルに火が灯りました。

スクリーンショット 2021-06-16 15.36.30

スクリーンショット 2021-06-16 15.36.40

これらの写真は2015年8月のOPEN当時。モルタルもピカピカです。本投稿はそれから約6年後の2021年6月。室内のイメージは随分と変わり、今では、実に味わい深い景観となりました笑

スクリーンショット 2021-06-16 15.36.48

ロックヒルズガーデンの収益は大きく3つに分かれています。

1つめは、手ぶらで気軽に立ち寄れるBBQ。ピークシーズンの週末はほぼ予約で一杯。2019年度は、年間1万人を越えるお客さまにご利用いただきました。コロナ禍で大きなダメージはありましたが、換気不要なオープンエアーの環境下、自宅では不可能なグランピングBBQを楽しめる場所ということもあり、予約数は徐々に回復傾向にあります。

スクリーンショット 2021-06-16 15.36.57

2つめは、撮影。貸切可能、かつオリジナリティの高い空間はTV制作会社やカメラマンからご好評をいただいており、アーティストのPV映像やTV番組の収録、販促用のスチール撮影など、年間数十件の撮影利用をいただいています。「ロビンソン」で有名なあのバンドや、水曜日のダウンタウン、時にはドラマで使われることも。

3つめは、法人向けの研修会場。室内でチームの結束を高め、研修終了後は屋上に上がってBBQ、というパッケージが大変好評です。お客さまからのご要望に応じて、私自身がファシリテーターを務めさせていただいたり、研修プログラムを企画させていただくこともあります。

スクリーンショット 2021-06-16 15.37.08

場所を維持していくためにも、関わってくれる全ての人たちに対価を払っていくためにも、日々の売上は大切です(私だってお金は欲しい)。けれども、売上は手段であって目的ではありません。

ロックヒルズガーデンという場所が存在する目的、即ち、大切にしているコンセプトは、「つながり」です。

私は飲食店を開業したくてこの場所を作ったわけではありません。「この場所があってしあわせ!」そう感じてくれる人が増え、結果として、私自身がしあわせに近付くために、屋上に火を灯しました。

しあわせとは、日々の人間関係。人とのつながり。

仕事もプライベートも、良き隣人に囲まれていると、大抵上手くいくし、何より、しあわせ。良質な人間関係って、私たちの人生にとって大事な「しあわせ」という概念に直結していると、強く思うのです。

つながりを育むために、最初に試みた自社イベントは、極上食材を通じて生産者と消費者をつなぐBBQでした。漁師や農家さんに来ていただき、彼ら・彼女らが創ってくれた美味しい食材を、ビルの屋上で一緒に食べて、つながるイベントです。

大雨や地震、洪水といった天災に遭われた地域のために、有志と一緒にチャリティーイベントをしました。社会人が集まって、これからの教育を語り合ったこともありました。花火大会を楽しんだこともあります。私にとっては、どれも懐かしい、「誰かとつながるきっかけとなった」想い出です。

スクリーンショット 2021-06-16 15.37.18

スクリーンショット 2021-06-16 15.37.27

スクリーンショット 2021-06-16 15.37.36

スクリーンショット 2021-06-16 18.00.43

私はオペレーションが得意ではありません。数字の管理も、衛生管理も苦手です。よって、リーダー役は早々に引退し、この、「人と人がつながる場所」の運営を、私以外の誰かに任せることになって今に至ります。

歴代の店長も、メンバーも、大好きです。私は人とチームに恵まれ、ロックヒルズガーデンは「人と人がつながる場所」に成長していきました。つながりが生まれ、深まり、この場所に関わる皆が、笑顔でしあわせで。そんな未来を疑わなくなった頃、コロナが世界を襲いました。

緊急事態宣言。3ヶ月の休業。時短要請。お客さまの来店はなくなり売上は激減。運営チームも実質解散となり、つながりを生む場所からつながりが消えました。このままでは家賃も給与も払えない。会社も危ないし、コロナは終わりが見えない。

いつしか私は、創業事業であるロックヒルズガーデンという場所を、手放すしかないのではないか、と考えるようになりました。無くしたくない。けれども、続けられない。悩んだ末、事業を諦める判断をメンバーに伝えたところ、当時の店長から直談判を受けました。

「ロックヒルズガーデンを手放さないで欲しいです。まだやりたいこと、挑戦したいことがたくさんあります」

そう言ってくれたのが、当時の店長、石川勝巳です。

スクリーンショット 2021-06-16 18.53.46

石川には失礼ですが、彼を店長にした理由は、人柄や能力ではなく、「やりたい」と手を挙げてくれたから、その一点に尽きます。

やりたいからやった、場所を作った。その言い出しっぺの私が諦めかけているのに、「続けたい」と言ってくれるメンバーがいた。幸いなことに、国や銀行の支援もあって、数ヶ月分の運転資金は(借金ですが)確保できています。「先がどうなるかわからないけれど、もう少し続けてみよう」彼にはそう伝え、そこから、ロックヒルズガーデンの第2章が始まりました。

画像13

当時の彼は、大学を休学中の学生店長でした。コロナ禍でお客さまはいない、だから、できることからやってみよう。彼がまず始めに取り組んでくれたことは、「徹底的に掃除すること」。ひたむきなその行動に共感してくれる掃除仲間も、また学生。ウッドデッキを磨き、芝生を張り替え、誰も来ない場所を、彼と仲間は徹底的に磨き続けてくれました。熱がある。そして、人がいる。そうすると、不思議なことに「磁力」のようなエネルギーが生じるようになります(私はそう信じています)。いつしかロックヒルズガーデンは、前向きな学生が集まる熱源のような場所になりました。

2021年現在、ロックヒルズガーデンは、学生有志のみで運営されています。5代目、学生店長の石川を起点に、ここから先、未来の日本を担う彼ら・彼女らが、どんなつながりを育んでいくのか、ぜひ、たくさんの人に見守っていただきたいと強く願います。

ロックヒルズガーデンを作って良かった。

私は今、とてもしあわせです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ロックヒルズガーデン
「ヒトとヒト、ヒトとコトが境界線を越えてつながる場」。 ロックヒルズガーデンは、築30年を越える商業ビルの屋上と最上階をリノベーションしてできたコミュニティスペースです。 運営メンバーは学生有志。メンバーが感じた雑感や日々の実験的な活動をこのnoteに記していきます。