見出し画像

試合前には部の伝統行事で気合いを入れて(京都翔英高校OB 住野元哉インタビュー)

部長からの勧誘に惹かれて決めた入学

――野球を始めたきっかけについて教えてください
 野球を始めたきっかけは、父が野球をしていたということもあって野球を始めました。

――高校を選んだ理由は何でしたか?
 自分は京都翔英高校の野球部の部長さんから「来てくれ」と言われて、自分もそれに惹かれて一緒に野球をしてみたいと思い、京都翔英高校に入学しました。

チームメイトと頭を剃り合った思い出

――ここからは高校に入学してからのお話に移っていきたいと思います。当時の目標について教えてください
 自分たちが入学した時には「京都では負けないチームを作る」というのを目標に掲げていて、京都では圧倒的に勝つということを目標にしてやってきました。

――負けないチームを目標としていた当時の練習への心構えなどを教えてください
 全員が1つの目標を立てて、それに向けて全員が本気で野球に取り組んでいた3年間だったと思います。

――寮生活だったということですが、何か寮生活で印象に残るエピソードはありましたか?
 『剃厘』というものがありました。髪の毛をT字のカミソリで剃って、気合いを入れるというのが自分たちの伝統でした。チームメイトと頭を剃り合うというのが印象深かったです。

ショックはあっても後輩の見本となれるように

――甲子園中止の第一報を知った時はどういった感情でしたか?
 自分たちは前年の秋の近畿大会で履正社にコールド負けをして、春の選抜大会では補欠校となっていました。そのことが本当に悔しくて、夏は絶対にやり返そうという思いで練習していました。
 発表があった時は寮生活していたメンバーも皆実家に帰らされていたのですが、実家でも1人1人が「夏は絶対甲子園行くんだ」という強い気持ちでやっていたのでショックでした。

――当時チームメイトとやり取りしたことはありますか?
 全員が帰寮してからは、自分たちもご時世的なことは理解していたので、甲子園がないということにはどうこう言うつもりもありませんでした。例年通り夏の前に追い込みをして、後輩たちに情けない姿を見せられないなと思い、3年生として最後までやり切ろうという話をしました。

秋の敗戦からやってきたことが成果に

――そんな中各地で代替大会の開催が発表されましたが、発表を聞いたときはどんな心境でしたか?
 絶対に圧倒して勝つということしか考えていなかったですね。

――独自大会の中で印象に残った出来事はありましたか?
 自分たちは秋に履正社に負けてから、体が違うと感じて食事面や私生活などを全部見つめなおしてやってきました。そうした中で夏の大会では9本のホームランが出たということは、しっかり身体作りをしてきた成果が出たのかなと感じました。

神様が見ていてくれたからあったチャンス

――この「あの夏を取り戻せ」というプロジェクトについて聞いたときはどう思いましたか?
 自分たちは甲子園がなくなったと決まってから夏の大会までの間、ブレずに目標を1つにして甲子園があると見立てて、京都では負けないチームを作るために全員が目標に向かって本気で取り組んできました。そのことをどこかで神様が見ていてくれたから、今回のような機会があったのではないかと思いました。

――このプロジェクトでの目標について教えてください
 一番は甲子園がなくなったあの時の分まで楽しめたらいいなという思いがあります。その中でも一度甲子園がなくなってからここまで這い上がれるんだということを伝えて、多くの人たちに共感してもらいたいと思います。

――最後に応援してくださってる方々へ意気込みをお願いします
 あの時たくさんの人に支えられて最後までやり遂げることができたので、その人たちへ恩返しできるように頑張っていきます!


プロジェクト公式サイト:https://www.re2020.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/remember__2020
公式Instagram:https://www.instagram.com/remember__2020/
公式TikTok:https://www.tiktok.com/@2020koshien

この記事が参加している募集

高校野球を語ろう

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?