見出し画像

前年夏のリベンジを果たしての代替大会優勝(松山聖稜高校OB 岸田明翔インタビュー)

甲子園での試合を目の当たりにして、松山聖陵へ

――野球を始めたきっかけについて教えてください
 幼稚園の頃に仲の良かった友達がいて、その子のお兄ちゃんが野球をしていました。そしてその友達もお兄ちゃんと野球をするから、「一緒にやってみないか?」と言われて野球を始めました。

――高校を選んだ決め手は何でしたか?
 中学2年生で進路を考えていた際、松山聖稜高校に先輩がいたということもあり、アドゥワ誠選手(現広島東洋カープ)を擁して甲子園に出場した時の試合を観に行きました。そしてここなら甲子園に近いと感じ、先輩からも「お前ならレギュラーを取れるから来い」ということを言ってもらって入学を決めました。

最後の打者となった悔しさをバネに

――ここからは高校に入学してからのお話に移っていきたいと思います。高校時代に掲げられていた目標について教えてください
 甲子園に出ることしか考えていなかったです。

――甲子園出場を目標としていた当時の練習に対する心構えなどについて教えてください
 2年の春に選抜に出場して、夏も県大会の決勝戦まで行ったのですが、決勝戦最後のバッターが僕で、先輩たちの夏を潰してしまったという思いがありました。そういったこともあり、3年になったら先輩たちの分も頑張って甲子園に行くということしか考えていなかったです。
 また僕の代で甲子園に行けたのもほんの少ししかいなかったので、同級生皆で甲子園に行けたらという思いで毎日練習していました。

――岸田さんはキャプテンを務められていたとのことですが、キャプテンへの就任が決まった時はどういった心境でしたか?
 1年生の頃から試合に出させてもらったので、薄々自分が引っ張っていかなければならないと思っていました。なので選ばれたときも驚いたというよりも、やるしかないという気持ちでした。

――岸田さんは4番キャッチャーとして試合に出ることが多かったと思いますが、キャプテンと4番打者とキャッチャーという責任重大な役割を3つ務めていたときの印象に残っているエピソードがあれば教えてください
 2年生の夏の大会で自分がゲッツーを打って終わってしまって、新チーム始まって秋の大会の初戦でも自分がゲッツーを打って同じような形で終わってしまいました。責任というか負けは自分のせいでいいと思っていたので、とりあえず夏で見返すしかないと思ってやっていました。

甲子園中止でも前向きだったチームメイト

――甲子園中止の第一報を知った時はどういった感情でしたか?
 正直ないだろうなと思っていたので、心の準備は出来ていて「なくなってしょうがないな……」という気持ちでした。思ったよりチームメイトの皆が前向きで、「最後の大会があるならそれを頑張ろう」と言ってくれる子が多かったです。中には「やらなくていいでしょ」という子もいて結構喧嘩はしたのですが……
 前向きに考えてくれている子が多かったので、甲子園がなくなったのは人生で一番辛いことかと思うのですが、正直そこまで辛いなという思いはありませんでした。

前年と同じ組み合わせとなった代替大会決勝

――そんな中各地で代替大会の開催が発表されましたが、大会の開催を聞いたときの心境を教えてください
 甲子園が無くても最後は1位で終わろうというのは皆で決めたので、開催が決まってからは毎日頑張っていました。

――松山聖稜高校は代替大会全試合で9得点以上ということで打撃力が強い印象を感じますが、代替大会を振り返って感じることはありますか?
 2年連続決勝戦までコールド勝ちということですが、元々僕らの代は打つチームという訳ではありませんでした。守備でリズムを作って、小技を絡めて1点を取って……というチームにしようと監督が言っていました。
 自分たちと戦い、やることをやった結果、打線があれだけ繋がって大量得点があったのではないかと思っています。ホームランを打つようなバッターもいなかったですし、皆が単打単打でつないで足を絡めた攻撃で得点できたのかなと思います。

――決勝戦は前年の夏と同じく宇和島東高校との対戦となりましたが、8回に二死満塁で岸田さんに打席が回り、相手は前年の最後の打席で打ち取られた投手だったと思います。その打席を振り返ってどうですか?
 正直何も考えていなかったので、あまり覚えていないんです。ピッチャーが同級生の船田投手で、前の打席でも彼からセンター前ヒットを打っていて、「去年とは違うんだ」と思いながら打席に立っていました。
 ツーアウトランナー満塁になっても、ここで1点取ったら相手は諦めるだろうなと思い、初球は何が来ても振ろうと決めていました。結果レフト前ヒットになってよかったですし、心の余裕はかなりありました。

――スタンドからは「倍返しだ!」という声が飛んでおり、実際に前年4点差で敗れた相手に8点差で勝利ということで倍返しを達成しての優勝でしたが、優勝した時の率直な感想を教えてください
 前年と同じカードで決勝ができるなんてなかなかないので、決勝の前からピッチャーの平安山とも「やっとやな、この日が来たな」という話はしていました。
 倍返しに関しては僕らは全然何のことか分かりませんでした。最後終わってから記者の方に「『倍返しだ!』という声が聞こえたんですけど」と言われて、何のことかなと思いながらインタビューを受けていました。2,3日してやっとそういうことかと分かりました。
 優勝した瞬間は嬉しい気持ちでいっぱいでした。

松山聖陵高校のモットーを掲げて

――この「あの夏を取り戻せ」というプロジェクトについて聞いたときはどう思いましたか?
 本当かどうか分からないような状態で始まったので、どうなのかなと高校のメンバーと話していました。高校当時は現役の2年半は早く終わらないかなと思っていたのですが、卒業してからはこのメンバーでもう1回野球したいなという思いが芽生えました。そこで「本当にできるなら皆で出ようか?」とLINEをしたら、皆やりたいと言っていたので、できるなら嬉しいなと思います。

――このプロジェクトでの目標について教えてください
 目標というよりも、もう1回皆で野球ができるのなら何でもいいです。

――最後に応援してくださってる方々へ意気込みをお願いします
 自分たちの代の甲子園がなくなってしまって本当に悔しい気持ちしかない中で、こういう「あの夏を取り戻せ」というプロジェクトを開いてもらい、もう一度できるのであれば松山聖陵高校のモットーでもある「謙虚な心」と「全力疾走」「全員野球」をモットーに皆でもう一度てっぺんを目指して頑張りたいと思います。
 頑張るぞ!


プロジェクト公式サイト:https://www.re2020.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/remember__2020
公式Instagram:https://www.instagram.com/remember__2020/
公式TikTok:https://www.tiktok.com/@2020koshien

この記事が参加している募集

#高校野球を語ろう

2,043件

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?