廣野一誠

宮城県気仙沼市出身、1983年3月生まれ。PL学園・早稲田大学・日本IBM・ベンチャーを経て、2014年12月に帰郷。1850年創業の漁業資材販売店・アサヤ株式会社、地元産品を扱う通販サイト・気仙沼さん、観光商品開発を担うちょいのぞき気仙沼、の3本柱で活動しています。
    • 青年会議所・JC
      青年会議所・JC
      • 11本

      青年会議所(JC)についての記事をまとめました。

    • 経営理念・戦略
      経営理念・戦略
      • 3本

      アサヤ株式会社の経営理念・戦略についての記事をまとめました。

    • リーダーシップ
      リーダーシップ
      • 2本

      リーダーシップについての記事をまとめました。

    • プロジェクト管理
      プロジェクト管理
      • 14本

      プロジェクト管理についての記事をまとめました。

    • 就職活動・採用
      就職活動・採用
      • 9本

      就職活動や採用についての記事をまとめました。

    • すべてのマガジンを表示

売上を伸ばすことには時の運が必要だが、会社を良くすることは着実に進められる。外部環境を嘆くより、内部体制を正すことに邁進したい。地域柄、表立って意見を言いにくい空気があるが、現場には様々な気付きや知恵がある。皆の力を結集して、もっと良い会社にしていきたい。

人事評価制度に続いて進めたいのが、活発に意見の飛び交う組織作り。現状に我慢して歯を食いしばる組織から、新しい芽を積極的に探していく組織に変革を図りたい。優秀な方々の能力を活かしきれてないのは勿体ない。もっと役割を任せて存分に腕を奮ってもらわないと、先々の未来は開けていかない。

ここ半年近く、ずっと作業を進めてきたのが人事評価制度の構築。先週金曜にようやく全社向けに導入を進めることを宣言し、今朝から各部門へ順番に説明を進めている。ここで大事なのは納得感の醸成。一方的な押し付けになってはいけない。果たして、社員の皆さんからはどう見えているだろうか。

自分は大量のインプットを重ねるとアウトプットが溢れ出るタイプ。最近だと人事制度なんかは語りが止まらない話題。力強く喋りすぎて相手が口を挟めなくなることもあるが、遠慮して言葉を抑えるよりは、自分も喋って相手も喋らせることに全力を尽くす方が、実りのある着地になる気がする。

JCの世界会議に参加して、ダイバーシティ・インクルージョンのセミナーが非常に刺さった。これまでは社会的な義務と捉えていたけど、様々な価値観を認める風土作りは、現場からの意見が活発に飛び交う組織につながり、イノベーションの土壌になる。自分の目指す方向性のヒントになった。

気仙沼に戻ってきた当時、「漁具屋」というフレーズをよく使ったが、外部の人には地域産業の象徴のような聞こえ方をしたと思う。一方、関係者にとってはやや意味合いが広過ぎ、普段はロープ・籠・鉤といったもっと具体的なフレーズを使う。この辺りに地元民と移住者のギャップが潜んでいる気がする。