会社のビジョンで悩むのが、毎年成長することを目指すか、横ばいで存続できるモデルを目指すか、という岐路。地方経済では、博打に失敗する企業が目立つので、手堅い後者の説を採用したくなるが、規模の大きい競合は鎬を削っているし、夢のないビジョンでは士気も下がる。身の丈にあった挑戦は不可欠。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!
宮城県気仙沼市出身、1983年3月生まれ。PL学園・早稲田大学・日本IBM・ベンチャーを経て、2014年12月に帰郷。1850年創業の漁業資材販売店・アサヤ株式会社、地元産品を扱う通販サイト・気仙沼さん、観光商品開発を担うちょいのぞき気仙沼、の3本柱で活動しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録