ランディフ

歪んだ考えを拡張するメモ。 いつからか一人になった、そう超越思考によって。 部分的な参考人物 : 島田紳助、太田光、関根勤、ハンナ・アーレント、J. P. サルトル、アルフレッド・アドラー、松本大、堀江貴文、ひろゆき、濱口秀司

人に求める条件と性悪説

よく例に出されるものとして、自分の性的指向に応じた相手に求める条件というものがある。 伝統的には(もしくは今も多くの場合?)、へトロセクシャルな女性が男性に対して…

本を買うかどうか ~読む時間を考えているか~

本屋とかブックオフとかで本を見て回ってパラパラ見ていて、最終的に所有するかどうかの判断のときに、「所有したいか」「価格はいくらか」ということを検討することはよく…

時間をお金で買う

経営者や株主は、時間をお金で買うことだ。 労働者は、お金を時間で買っている。 この2つが資本主義における企業内の活動の本質だ。 多くの労働者が経営者(や株主)に敵…

集中の種類

集中には3つ以上の種類があるのでは考えた。 自分が考えた範囲では、3つが思い当たったのでそれを紹介する。 ①集中:作業型 →一人で単純に作業を片付ける。必要なのは…

自分が「キタ!」と思う瞬間

自分にとって「キタ!」と感じる瞬間は2種類あることに気がついた。 2つの「ハマる」瞬間である。 ①:1つの「ハマる」は、パズルが(部分的にでも)完成するような、1つ1…

Moneyballのビリー・ビーンについて

Moneyballという2011年に出た映画が個人的には好きなので、その中でも主人公の1人のBilly Beane(ビリー・ビーン)について少し書きたい。 私が見た中での彼の特徴は以下の2…