《CPT講座(2)》心臓にまつわる危険因子

今回は「心臓にまつわる危険因子」についてです。

クライアントの運動指導において、最も配慮しなければならないことは「事故のリスク」です。

健康になるための運動指導で、不健康(ましてや死亡事故)に至るような結果を招いてしまっては本末転倒です。

特に心臓に関しては、きちんとした知識を得て、事前にリスク管理をしておく必要があります。

<心疾患とは?>

この続きをみるには

この続き:2,162文字/画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

『NSCA-CPT』の取得を本気で目指す方のために要点をまとめました。独学で挑戦しているけれどもちょっと心が折れそう…という方をサポー...

または、記事単体で購入する

《CPT講座(2)》心臓にまつわる危険因子

Tomy

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!お役に立ててとても嬉しいです^^
3
リラクゼーションをもっと身近な存在に。リラクゼーションセラピストを子供がなりたい夢の1つに。現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。個人では累計250万PV超の【ストレッチのチカラ】【筋肉のハナシ】を運営中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。