マガジンのカバー画像

Que Professionals

95
Que講師のNote共同マガジンです。
運営しているクリエイター

記事一覧

★ひとつの仕事の意味を深く考えたとき、ワーク・エンゲージメントはさらに高まる★ …

由美子:今回は会社以外で感じている、ワーク・エンゲージメントについてトークしましょうか。…

Kazu
4日前

中途採用者の早期戦力化を促すマネジメント

日経新聞社が4月にまとめた22年の採用計画調査によると、中途採用の採用計画は全体の3割を超え…

第24回 自分を活かせるいろいろな「世界」をもとう

会社員の皆さん、皆さんの会社では、副業や兼業が認められていますか? ある調査によると、副…

植田寿乃連載『令和を活きる、未来を拓く』第23回 「自分の軸を探す」心の旅に出よう…

「坂本竜馬になりたい!」これは私が10歳、小学校3年生の時に抱いていた夢で、たぶん自分のキ…

Que Sunny
5日前

若手管理職の悩みと葛藤

こんにちは。田中です。 4月の昇格で管理職になった方、7月のタイミングで組織体制が変わり 新…

第23回 その仕事が「やりたくない」と感じたら、大きな目的を思い出そう

働いていると、いろいろな種類のやるべき仕事がありますよね。そのやるべき仕事について、「ど…

植田寿乃連載『令和を活きる、未来を拓く』第22回 イキイキと笑顔で働いている人たちに共通すること「忙しさに流される」ではなく「深く味わう」 ~ワーク・エンゲージメントを探求 その4~

「自分が本当は何をやりたいのか、わからない」 「ひたすら真面目にやってきたけれど、本当に自分はやりたかったのだろうか?」 これは、20代30代の若い人たちからのキャリア研修で聴く「自分探しの旅の途中」の声ではありません。コーチングやキャリアカウンセリングで出会った50代の経営職や、管理職の方々が思わず吐露された言葉です。ただひたすら、会社から言われた仕事・役割を頑張り、出世し、高い地位まで詰め上り詰め、数年後に役定や定年を迎える方から異口同音で聴きます。働き続ける意味が見え

スキ
3

★「貢献」の喜びと「自律」の瞬間からワーク・エンゲージメントはさらに高まる~ ワ…

由美子:カズさんは今どんな所にワーク・エンゲージメントを感じていますか? 和男:若いとき…

昌宅由美子
1か月前

ワークエンゲージメン状態だった時を覚えていますか? ~ワーク・エンゲージメントを…

和男:今年、僕たちゴールド人財は、「私たちゴールド人財こそが、ワーク・エンゲージメントを…

Kazu
2か月前

新入社員の心理的安全性を高める関わり方

新入社員の『笑顔とわくわく』を増やす(後編)新入社員が入社して2ヶ月が経ちました。 皆さん…

植田寿乃連載『令和を活きる、未来を拓く』第21回 ワーク・エンゲージメントに必要…

「会社のこと、仕事のことどう思っていますか?好きですか?」 とてもシンプルな質問ですが、…

Que Sunny
2か月前

第22回 人生の選択は『得られる』ことより、『与える』ことの多さで選んでみよう

6月1日に企業の選考活動(面接)が正式に解禁になり、それから2週間がたった今、就職活動中…

植田寿乃連載『令和を活きる、未来を拓く』第20回 『ワーク・エンゲージメント』と…

植田寿乃連載『令和を活きる、未来を拓く』 第20回 ワーク・エンゲージメントとワーカーホ…

Que Sunny
3か月前

2022年の新入社員は『新感覚の二刀流タイプ』?

新入社員の『笑顔とわくわく』を増やす(前編)こんにちは。田中です。 ゴールデンウィークはどのように過ごされましたか? 「休み明けに新入社員が現場に配属されます」という企業も多いのではないでしょうか? 新入社員は期待と不安をたくさん抱え皆さんの現場にはいってきます。 元気にのびのび成長してほしいですね。 『笑顔とわくわく』があふれる組織づくり。 今回のテーマは『新入社員の笑顔とわくわくの増やしかた』について2回シリーズに分けてお伝えいたします。 2022年入社の新入社員は何タ

スキ
5