マガジンのカバー画像

Que Professionals

154
Que講師のNote共同マガジンです。
運営しているクリエイター

記事一覧

『自分らしくいこう』 第2回 「I‘m OK!」 自分のことを認めていこう

~ 世界に1つだけの私の「声」 ~  こんにちは。マーサ(薄井昌子)です。無事に2回目の…

マーサ
13日前
4

再雇用満了の65歳は第3章の幕開け! ~だからこそ、第2章で『何がしたい』かをしっか…

高久和男と昌宅由美子の「シルバーではなく、輝き続けるゴールド人財への道」 和男:今回は、…

Kazu
13日前
7

第42回 自分で自分の邪魔をしない!     ~心の「やりたい」に素直になって人生…

 皆さんはこんなことはありませんか? 「やってみたい!」と思ったけれど「どうせ自分にはで…

植田寿乃連載『令和を活きる、未来を拓く』第41回 今すぐに必要な令和アップデート …

「なんか、ちょっとメッセージが古い。ぴんとこない。変えなきゃダメ!アップデート!」今月の…

Que Sunny
13日前
6

仲間の前で1年を振り返り新年の自分を宣言すれば大感動!!~リアルでさらに深まる、…

高久和男と昌宅由美子の「シルバーではなく、輝き続けるゴールド人財への道」 由美子:今回は1…

昌宅由美子
1か月前
2

『自分らしくいこう』 第1回 自分らしくあることって?~ 自分の「あるがまま」を…

 はじめまして。マーサ(薄井昌子)です。 私は、5人兄弟の上から2番目(兄と弟3人)で男の中で育…

マーサ
1か月前
7

植田寿乃連載『令和を活きる、未来を拓く』第40回 「自己実現から自己超越へ」自分への約束 ~自分の命を何に費やすのか?~

 早起きの元旦、雲一つない青空の中、神田明神、湯島天神、午後からは目黒の山手七福神巡り「今年も思いっきりやるぞ~、夢の実現だ~」と心躍る感じでニコニコの笑顔で歩き周っていました。でも、その夕方の能登の地震、そして、翌日の航空機事故、私の心が大きく揺さぶられました。天災、事故、予期せぬ大惨事に被害にあわれた方へのお悔やみもさることながら、『自分が生きていること』への感謝、だからこそ『自分の命を何に費やすのか?』『自分にとって本当に大切なものは何なのか?』『自分の使命は何、何をし

第41回 「カタチにする」ことで、なりたい自分に近づく ~心の声をしっかり拾って、…

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 この度は北陸地方の地震…

第40回 自分で自分の背中を押してみよう~たどりつきたい場所があれば、前に進める…

 先日、ある企業さんのセミナーに登壇させていただいたときのことです。参加者は150名以上…

植田寿乃連載『令和を活きる、未来を拓く』第39回 心を浄化し「心眼」を開ければ本心…

 11月末に大掃除を終えて(お掃除屋さんが頑張っただけですが)、心の大掃除のために京都へ1…

Que Sunny
2か月前
3

『高いハードルを乗り越えての感動!』~自分をさらけ出すところから成長が始まる~

高久和男と昌宅由美子の「シルバーではなく、輝き続けるゴールド人財への道」 由美子:前回紹…

Kazu
2か月前
7

『私たちにとっての道場とは?』~成長を喜び合える仲間との出会い~

高久和男と昌宅由美子の「シルバーではなく、輝き続けるゴールド人財への道」 由美子:私たち…

昌宅由美子
3か月前
4

植田寿乃連載『令和を活きる、未来を拓く』第38回 もっと心を動かそう!『感動体験』…

 木々が色づき季節が日々変化する秋、偉大なる自然というアーティストによる作品『紅葉』は、…

Que Sunny
3か月前
3

第39回 自信がない時ほど、インプットではなく、Try it!(やってみよう)~試行錯誤の経験値こそが自信を育てる早道~

 わたしがキャリア面談やコーチングでクライアントさんとお話をしているとき、次のようなやり取りがよくあります。 「こんなことをやれたらステキだなと思います」というクライアントさん。「ではやってみましょう!」とわたしが言うと、「え、、、できません」と。なぜですか?と聞くと「自信がありません・・・」。  やってみたいし、できたらステキだなと思うのだけど、それができる自信がない。だからできない。その気持ち、よく分かります! 1.自信がないとき、ついやりがちなこと  ちなみに、人