株式会社きゅうべえ|社内のありのままを伝えるメディア

京都で創業60余年。 自転車業界のサラダ・ボウル。なんでもありのきゅうべえです。 ショップ・シェアサイクル・地域活性化・商品開発・・・ 中の人が、オモシロ社員やプロジェクトの裏話等をご紹介。お楽しみに! 週1更新です。 公式ホームページ:https://qbei.co.jp/

株式会社きゅうべえ|社内のありのままを伝えるメディア

京都で創業60余年。 自転車業界のサラダ・ボウル。なんでもありのきゅうべえです。 ショップ・シェアサイクル・地域活性化・商品開発・・・ 中の人が、オモシロ社員やプロジェクトの裏話等をご紹介。お楽しみに! 週1更新です。 公式ホームページ:https://qbei.co.jp/

    マガジン

    最近の記事

    固定された記事

    自転車を仕事にする面白さを伝えたい。はじめまして!きゅうべえです。

    はじめまして!きゅうべえの人事・広報担当、園尾です。 ひらがなできゅうべえ?お寿司屋さん?某アニメのキャラクター?とハテナが浮かぶ方も多いでしょうが、自転車の総合カンパニーです。 あなたは、お仕事と聞いてどんな職業を連想しますか? オフィスワーカー?弁護士?それとも医師でしょうか。 一発目に自転車屋さんを想像された方はいなかったのではないでしょうか。 私が変えたいのはそれです。 自転車は可能性に満ち溢れている。そしてそれを仕事にしているスタッフはとてもカッコいい。 シ

    スキ
    31
      • 全国から視察に来ていただけているレンタサイクルショップが滋賀・大津にオープン!

        4月28日のオープン以降、様々な方がチェックしに来てくださっている大津港サイクルステーションの運営をしているのですが、すっかりnoteでのご紹介が遅れてしまいました! その魅力とおすすめ企画をご紹介します。 ビワイチの入り口はどこなの問題ビワイチ、それはびわ湖を自転車で一周することを指します。 滋賀県に商標登録されている立派な観光用語なのです! そこで頻繁に話題になるのが、1周してしまっているがゆえに「入口がどこかわかりにくい」ということ。 気になっているけれどどこか

        スキ
        1
        • 学生のインサイトがポロリ|自転車マナーアップPJレポ

          ワークショップを少し覗いただけでも参考になる意見ばかり! 京都市の公民連携プロジェクトとしてで始まった、京都市×同志社大学継志寮×きゅうべえで大学生向け自転車マナーアップコンテンツを考える本プログラム。 今回はこれまで深掘りしてきたルール・マナーの大切さ、学生の目線を踏まえていざマナーアップコンテンツを作るワークでした。 第1回と第2回の様子はこちらから。 何をするワークショップ?住民の1割を大学生が占め、自転車事故における大学生の加害者比率が他の年齢層に比べて高い京

          スキ
          2
          • ネットニュースすら見ない!?学生のメディア事情|自転車マナーアップPJレポ

            もはや流行という概念すら古いのか・・・? 京都市の公民連携プロジェクトとしてで始まった、京都市×同志社大学継志寮×きゅうべえで大学生向け自転車マナーアップコンテンツを考える本プログラム。 今回は大学生の鋭い切込みとイマドキのメディア事情に驚かさせたワークショップとなりました。 第1回の様子はこちらから。 第2回の概要12月24日(金)に開催された第2回は第3回に具体的なコンテンツ案を考える下準備として以下を実施しました。 自転車政策推進室(京都市建設局)へのインタビ

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 地域活性化事業ご紹介
            株式会社きゅうべえ|社内のありのままを伝えるメディア
          • 採用レポ
            株式会社きゅうべえ|社内のありのままを伝えるメディア
          • 社員インタビュー
            株式会社きゅうべえ|社内のありのままを伝えるメディア
          • 仕事場のぞき見
            株式会社きゅうべえ|社内のありのままを伝えるメディア

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            観光地?勤務地?京都で暮らす・働くの実態

            大学の街、京都。 国公立・私立様々な名門大学がひしめく京都市。 しかし、そのうち京都で就職するのはたったの15%。悲しいことです。 やっぱり観光に来るのと住む・働くのは違うのか? 京都で働くことを選んだきゅうべえのメンバーに、京都で暮らす・働くよいところをアンケートを取ってみましたので、上位3つをご紹介します。 1. 京都で暮らす・働くよいところは?第1位 自然豊か 寺社仏閣のイメージが強い京都ですが、自然も豊か。ミャンマーから常駐してくれているスタッフも大阪か京都か

            スキ
            8

            オンライン内定式をしました!工夫と反省。

            12月13日に2022卒入社向けの内定式を実施しました! 北海道・大阪・京都・東京など多方面からの参加者が集まった今回の内定式はもちろんオンライン開催です。 離れていても内定者も社員も一体感や親近感を感じられるようにしたい!ということでこんな工夫をしてみました。 オンラインならではの機能を活用その1 背景画像で一体感 今回はzoomの背景を事前に送付し、ちょっとしたおめでたい感・同じ環境に身を置いている感を演出しました。 内定者でzoomに慣れている方も多く、サクッと

            スキ
            5

            学生と考える!自転車マナーアッププロジェクト、キックオフです

            京都市さんのお悩み京都市は自転車ユーザーが大変多い街です。平坦で細い道、碁盤の目の道路設計、年中観光で混雑する公共交通機関などあらゆる点で自転車の移動が快適で速いためです。 そして同時に学生のまちでもあります。活気がある一方で、学生の自転車ルール・マナー向上が課題になっています。 主管の自転車政策推進室さんは、学生に響くルール・マナーの啓発方法は学生に聞くしかない!と思た立たれ、そのためのプロジェクトを募集されました。 募集を掲載した先は、京都市 総合企画局 総合政策室

            スキ
            3

            自転車屋さんが地域活性化事業に貢献?仕事の幅が広げる面白さとやりがい。

            地域とは?魅力を伝えるとは?を徹底的に考え抜いた、行政×きゅうべえの軌跡シリーズが始まります。 今回は京田辺市様の自転車を活用した地域づくり推進の事例です。 前半は弊社が今回のプロジェクトに携わるまでの経緯を、後半はクリエイターへのインタビューでプロジェクトの裏側をお届けします。 京田辺市が描く未来と自転車活用京田辺市ってどんなところ? まず予備知識として京田辺市とはどんな都市なのかをご紹介します。 京田辺市は京都・大阪・奈良の中間に位置し、京都駅から電車で30分です。

            スキ
            9

            中途社員インタビュー #1 適職を探した道のり。サイクルコーディネーター BTさん

            やっぱり自転車の仕事が好きかもしれない。 でもブランクがあっても良いのか? 入社してみないとわからない、人間関係や社風が知りたい。 そんな疑問・気になるポイントを解消するべくお届けする、インタビューシリーズ。 今回は自転車業界から一旦離れた方が、きゅうべえで自転車業界に舞い戻ったお話です。 自分に縁があるのは自転車業界じゃないのかも、と思って一度離れたんです。でも他の仕事をしてみて結局自転車の仕事が合っているんだな、と思いました。 業界経験だけ見たらきゅうべえの若手より自

            スキ
            9

            科学的な適職の探し方から見たサイクルショップ 後編

            前回のnoteでは書籍「科学的な適職 4021の研究データが導き出す 最高の職業の選び方」を基に、「この理由で仕事を決めてはいけない!」という項目についてご紹介しました。 後編の今回は、「どの視点で仕事を決めると良いのか?」をご紹介いたします。 仕事の幸福度を決める7つの徳目はこちら。 徳目1 自由 裁量・働き方の自由度がどれくらいあるか? 徳目2 達成 小さな達成感をこまめに感じられるか? 徳目3 焦点 自分は攻撃型なのか?防御型なのか? 徳目4 明確 賃金は公平か、

            スキ
            7

            科学的な適職の探し方から見たサイクルショップ 前編

            人間の脳は職業選択に向いていない。 好きを仕事にしても幸福度は上がらない。 自転車好きがたくさん勤務する当社としては、待ってくれと言いたくなるようなフレーズが乱発される書籍「科学的な適職 4021の研究データが導き出す 最高の職業の選び方」。 誰かの持論ではなく、直感でもなく、科学的根拠に基づいて自分に合う確率の高い仕事を選べたらどんなに素晴らしいでしょうか。 そんなヒントをくれるこの書籍の内容紹介と、そこにサイクルショップの仕事を照らすとどう評価できるか?を前後編に分

            スキ
            8

            #4 新卒スタッフインタビュー ECディレクター SNさん

            カスタマーサポートの仕事では、自分の対応でお客様の評価が★1から★4に変わったことがありました。対応中は緊張しましたが、とても嬉しかったのを覚えています。 会社は誰かの仕事でできている。  きゅうべえ社内の仲間たちを紹介する連載の、新卒採用シリーズ。 採用担当が、面接でよく聞かれる質問を中心に根掘り葉掘り聞いてきました。 第四回のゲストはダイレクトマーケティング部のECディレクター、SNさんです。 就活するまで知らなかった会社・きゅうべえに入社した理由ーー鹿児島の大学に

            スキ
            4

            自転車都市だからこそ楽しく学びたい、ルール・マナー

            脱クルマ社会を目指す日本屈指の観光都市、京都。既に自転車で散策しやすい世界の都市ベスト10に入っており、順調に公共交通・自転車・徒歩を優先した街づくりが進んでいるが、「マナーが悪い」といった問題も残っている *2018年11月30日(金)発行 ニューズウィーク日本版記事より https://www.newsweekjapan.jp/nippon/season2/2018/11/226792.ph 1. 自転車をめぐる事故やトラブル新型コロナウイルスの影響で自転車通勤をする人

            スキ
            3

            イマイチなものも見せます!数字でわかるきゅうべえ

            この数字を出したらイメージ下がっちゃうかな・・・でも嘘をついても仕方ないしな・・・ 今このnoteを書いている私、人事担当)園尾の心情です。心臓バクバクですが、ありのまま弊社を知っていただきたい! 良い数字も悪い数字も公開します。社内の雰囲気や働くイメージが伝わったら、緊張して「公開」ボタンを押した甲斐があったというものです。 1. 自転車にまつわる数字まずはこちら、「自転車通勤率」から。何故そのチョイス?と思うのも当然ですが、比較する数字が面白いからです。 50%?そ

            スキ
            8

            良い思い出?苦い思い出?スタッフの運動会のエピソードがネタの宝庫だった

            金木犀の香り、涼しい風、学校から聞こえる賑やかな声・・・ 秋の空気を感じ始めるこの季節の風物詩といえば! そう運動会です。 そういえばきゅうべえのスタッフはどんな子供時代の過ごしたんだろう?と気になり、運動会のエピソードを募集してみました。 「スマートなあの人がそんなことをしていたの?!」「あーやってそう~」と言いたくなる十人十色の回答を得られたので、お見せしちゃいます。 走りが速くて運動会の人気者だった方も、私のように運動音痴で苦痛だった方も(笑)、思い出に浸ったり

            スキ
            3

            #3 新卒スタッフインタビュー サイクルコーディネーター ITさん

            ・「自転車愛溢れる接客をしてもらいました!」とGoogleレビューに書いていただいて、先輩に「よかったな」と声をかけてもらいました。 ・定休日が僕の休日だと友人にバレているので、木曜日には行く先も告げずに駆り出されます(笑) 会社は誰かの仕事でできている。  きゅうべえ社内の仲間たちを紹介する連載の、新卒採用シリーズ。 採用担当が、面接でよく聞かれる質問を中心に根掘り葉掘り聞いてきました。 第三回のゲストは店舗事業部のサイクルコーディネーター、ITさんです。 自転車との

            スキ
            4