見出し画像

お仕事依頼について(2020ver.)

お仕事ページをのぞいてくださり、ありがとうございます。

フリーランスで執筆・編集・撮影・広報サポートなどを手がけているぽこねんと申します(裏方でのお仕事は実名で行っています)。

福岡在住ですが、4年前までは関東拠点で活動していました。2020年現在は福岡県内のお仕事もお受けしつつ、並行してオンラインmtgやメッセージのやりとりをベースにした遠隔案件にも対応しています。

PR会社での勤務経験と、ライターとしての経験の2種類がバックグラウンドにあるため、「広報まわりの文章のお手伝い」でお声がけいただくことが多いです(企業の自社HPや自社メディアの記事作成、冊子・パンフレット用の文章執筆、プレスリリース作成、etc.)。

なかでも「専門的でむずかしい内容を、一般の方にもわかりやすく親しみのある形でまとめたい」というニーズに寄り添うことが得意です。

なお過去にNPO活動経験もあるため、社会貢献度の高い活動をされている組織・個人の方を応援できるお仕事には特に関心があります。

お手伝いできそうなことがありましたら、ぜひご相談ください。

■ お手伝いできること

▼ 執筆:
例)各種インタビュー、エッセイ、コラム等の執筆(冊子・パンフレット、web記事、自社ホームページ用の文章など)

▼ 構成・編集・校正:

例)ラフ案をいただいてからのリライトや校正のほか、他ライターや非ライター(一般企業の社員さん等)が作成した文章をもとに、書き手と意見交換をしながら一定基準にしあげる伴走なども可能です

▼ 撮影:

例)執筆等の他業務とセットで、取材やイベントの写真撮影など。執筆や広報サポート業務とセットでご依頼いただくケースが多いですが、「イベントでの撮影係を依頼したい」など撮影のみのご依頼も相談可能です

広報サポート:
例)ヒアリングをもとにしたプレスリリースの執筆、配信サポートなど。またPRイベント等のスタッフ(受付やプレス対応など)もご相談いただけます

■ 人柄、特性など

インタビューさせていただいた方からは、ありがたいことに「やわらかい雰囲気で話しやすかった」「話しやすい雰囲気をつくってくださってありがとう」などのことばをいただけることが多いです。

書くことは得意ですが、自分が話すことは苦手です。そのぶん、相手の話を聞くことはとても好きです。

駆け出しフリーランスのころ、週末だけとある家電の接客販売バイトをしていたことがあります。ヒアリング力のトレーニングも兼ねて意識的に「相手の話を聞く」を徹底していたら、目標台数より大幅に売り上げつづけて現場の先輩方からおどろかれました。なにはともあれ「聞く」側の人間です。

インタビューやヒアリングでは、みなさまのお話をていねいに伺います。話し慣れていない方でも、まったく問題ありません。

ときどき取材中に「すみません、まとまっていなくて……」と恥ずかしそうにおっしゃる方もいらっしゃるのですが、大歓迎です。まだまとまっていない内容を、わかりやすくまとめることこそがわたしの仕事です。

どうぞ思いつくまま、リラックスしてお話しください。

■ 2019年の実績

▼ 執筆、撮影関連:
2018年より、福岡移住計画さんで取材記事を執筆しています。2019年は久留米のシェアオフィス『Mekuruto』の入居者インタビューや、ひとのつながりを生む不思議なブックバー『ひつじが』のオーナーインタビュー、マザーハウス福岡支部さんの求人用インタビュー記事などを担当しました。

その他、担当記事一覧はこちら↓

余談ですが、福岡移住計画さん経由で、静岡移住計画さんのサイト立ち上げの際に裏方として文字起こし等のお手伝いをさせていただきました。

また農家さん、職人さん、NPOの方など、ご自身の仕事や活動に誇りを持って日々とりくまれている方々のお話を伺い、外の方へ届きやすい形にするお手伝いには特にやりがいを感じます。今後もぜひ力をいれていきたいです。

▼ 愛媛・宇和島のみかん農家さんのホームページ用に、生産者さんのインタビュー記事の取材執筆・写真撮影を担当しました(写真の質のご参考も下記のリンクからどうぞ)。

▼ Rettyグルメニュースさん掲載、街のお豆腐屋さんのインタビューです。こちらも執筆・撮影を担当しています。

なお表には出ない裏方のお仕事として、2019年は下記のような業務を行っていました。いずれも関東にいたときにお仕事させていただいていた経営者の方より、遠隔でもまた一緒に、と先方からお声がけいただいたものです。

▼ 構成・編集・校正関連:

・自社メディア用、記事執筆の伴走(企画・編集・校正サポート)
(ビデオ通話にて、東京の企業の社員さんと企画構成会議→社員さんに原稿案を執筆いただく→伝わりやすい形に編集・校正→ラリーを繰り返しつつ、完成までサポート)

▼ 広報サポート関連:

・プレスリリースの執筆、配信サポート
(資料+音声通話にてリリースの方向性について討議→リリース原稿執筆→配信メディアリスト精査まで)

■ 過去の実績

@オーストラリア
・シドニー在住日本人向けフリーペーパー編集部での取材執筆、校正
(グルメ、著名人インタビュー、街歩き、記事広告、ニュース等)

@日本
・複数企業のオウンドメディア記事執筆、撮影(インタビュー、コラム等)
・マンションコミュニティ関連のイベントレポート執筆、撮影
・キャリア関連のインタビュー記事取材、撮影、執筆
・不動産コミュニティ関連、販促パンフレットのライティング
・ヒアリングをもとにした社長コラムの代筆
・英会話イベントでの撮影
・物件紹介用、部屋の内観撮影
etc.

・媒体は紙(フリーペーパー、営業・販促用パンフレット等)からwebまで経験し、文化の違いなどもある程度は触れていると思います。フリーペーパー時代は校正業務も兼任していました。

・日本での執筆で触れてきたことが多いワードの傾向:
人材、キャリア、IT、働き方、リモートワーク、通販、企画、オウンドメディア、エリアコミュニティ、シェアハウス、地域活動、エンジニア等
・2020年現在、興味・関心がありお受けしやすいワードの傾向:
暮らし、日常、食、育児、子ども、夫婦、散歩、旅、絵本、働き方、暮らし方、社会問題解決、リモートワーク、地域、地方、作り手、生産者、等

■ その他のインタビュー事例

上記では媒体の色やクライアント様の主旨にあわせたトーンの記事をご紹介してきましたが、テイストはご要望にあわせて調整が可能です。

ご参考までに、noteで個人の活動として掲載してきたインタビュー記事を下記にまとめました。自分とは縁遠いと思われる内容や、専門的でむずかしく感じる内容などを、一般の方向けにかみくだくようなインタビューを得意としています。

【例1】
▼ 作家・浅生鴨さんのインタビュー。ご本人のフラットなお人柄が少しでも伝わるようにとの思いを込めて編集しました。また著書の引用を活用し、当時の新刊記念企画という意図をくみとった構成を心がけました。
【例2】
▼ ワークショップデザイナー・臼井隆志さんに『夫の育休』について取材・執筆・撮影しました。育休についてなんの前提知識もない状態で読みすすめられることを意識して構成・編集しました。
【例3】
▼ プログラミングについての知識がゼロのわたしが、プログラマ夫にインタビューしながら、プログラミングと少しでも仲良くなろうともがく雑談シリーズです(全5回)。こちらも「前提知識ゼロ」で読めることを意識した編集をしています。一番のおすすめは第2回です。
【例4】
『ワーホリ、その後』は、ワーホリなどの海外生活をきっかけに、その後、自分らしい生き方を楽しんでいる友人・知人に話を聞くインタビューシリーズです。こちらは万人にわかりやすくというよりも「海外に興味はあるけど……」と悩んでいる10代20代の方に、少しでも参考になればという思いで、ひとりひとりの生き方をくわしく書いています。

バックナンバーはこちらから↓

■ 2020年により深めてみたいこと

・もっと地域や地方のお仕事を増やしていきたいです。

・上記と重なる部分もありますが、地域や地方にかぎらず、小さな規模でも思いを込めて活動されている作り手さんや生産者さんにお話を聞き、それを広めていくようなお手伝いを増やしていきたいです。

・依頼いただくお仕事としては「ニーズに沿ったものを書く」または「ニーズに合わせて編集や広報サポートをする」ことにより注力していきたいと考えています。お声がけいただくのはやはり広報ライティング関連が多いため、自分の需要はこちらにあると感じているためです。

・一方で個人の活動としては「書きたいものを書く」場として、昨年8月にスタートしたnoteの定期購読マガジン『とるにたらない話をしよう』の運用をつづけていきたいです。ここでは、日常のささいなことに焦点をあてたエッセイなどを基本的に週2回、月400円で更新しています。ありがたいことに、8月から1月現在まで、数人の入れ替わりがありつつも毎月20人前後の方が継続して応援してくださっています(ありがとうございます……!)。

・2020年は、依頼いただく案件、また自分発の活動、加えて執筆以外のお仕事もふくめ、それぞれを並行して育てていく「複業」スタイルをすこしずつつくっていきたいと考えています。

■ 費用・スケジュールの目安

下記はあくまで目安です。

個人的に興味度の高い案件、社会貢献度が高いと思われる案件につきましては、基準外でもお受けすることがありますので、まずはご相談ください。

▼ 記事執筆:
取材60分 10,000円〜/原稿作成400字 5,000円〜
例)取材60分、原稿作成1,600字の場合、10,000円+20000円=30,000円

▼撮影:
取材、撮影の拘束時間、またあわせて依頼いただく執筆等の文量などにより個別にお見積りいたします。下記はご参考まで。
参考)
・撮影ありの対人取材記事作成:
 取材60分+原稿作成1,600字+撮影5カットまで:35,000円〜
・イベントレポート作成(執筆・撮影):
 取材90分+執筆1600文字前後+撮影・全画像データ提供:45,000円〜
・イベント撮影のみ:
 撮影60分+全画像データ提供(執筆なし):12,000円〜

※なお、裏方として企業イベント撮影、イベントレポート等の実績もございます。ご興味をもっていただけましたら「お問い合わせ→撮影実例をご紹介→品質にご納得いただいたうえで正式にご発注」という流れとなりますので、ご安心ください。

▼ 構成・編集・校正:
具体的な作業内容、会議参加の有無、やりとりの工数等に応じて個別にお見積りいたします。まずはご相談ください。

▼ 広報サポート:
取り扱う情報のボリューム等によって異なるため、個別にお見積りします
例)オンラインmtg60分+プレスリリース作成(A4、2P程度の場合):
1本20,000円〜 ※メディアリスト精査、配信サポートは別

※上記にくわえ、取材や出張に伴う交通・宿泊費は実費で計上いたします。

納品日は、原則として取材や素材提供から7営業日後までに第1稿とさせていただいています。

編集・修正等は原則として2営業日以内にお戻しします。

■ 営業時間について

・コアタイムは月〜金(祝日除く)の10:00〜17:00です。なるべく速やかなレスポンスを心がけておりますが、子との生活の都合上、夕方以降のご連絡への対応は緊急の場合をのぞき翌営業日とさせていただいております。

土日、祝日は原則としてお休みにしています(イベントや出張等、単発での対応はお受けしておりますので、ご相談ください)。


■ 略歴

大学卒業後、PR会社に約3年の勤務を経て、フィジーへ語学留学。その後オーストラリアのワーキングホリデーへ。シドニー在住中、現地の日本人向けフリーペーパー編集部でライターとして勤務。著名人や飲食店、街歩き等の取材・執筆、および紙媒体での校正業務などを経験。

帰国後、東京都内のベンチャー企業に就職。ライターチームでWebメディア用の執筆を経験。退職後、友人の起業した会社の広報を手伝い、新聞、雑誌、Webメディアでの掲載獲得に貢献。

2014年11月よりフリーランス。自社HPやオウンドメディアなどのWeb媒体から、営業パンフレットや消費者向けパンフレットなどの紙媒体まで、広くインタビュー記事を中心とした取材執筆を行う。

結婚を機に30代は福岡へ。出産・育休を経て、フリーランスでの活動を再開。『福岡移住計画』などでライターとしても活動する傍ら、企業広報の裏方としての活動(企画・執筆・編集など/またはプレスリリース執筆等)も行っている。福岡在住だが、ビデオ通話などを活用した遠隔案件も対応中。

また2019年8月より、noteで熱くも冷たくもない常温の日常エッセイをつづる定期購読マガジン『とるにたらない話をしよう』を運営している。

※より人格がわかってしまうやわらかめのプロフィール、および代表的なnote等はこちらの『PROFILE』ページをご覧ください。

■ お問い合わせ

twitterのDM、またはメールにてお受けしております。

・twitterアカウント:こちら

・メール: poconen7(あっとまーく)gmail.com 

双方にとって、よいご縁がありますように!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

書きつづける、はげみになります。ありがとうございます。もしよかったら、定期マガジン『とるにたらない話をしよう』をちょっとの間でもご購読いただけたら、何よりも、気持ちのはげみになります。

Wow,thanks a lot! Have a great day!
39
書き撮るひと@福岡。熱くも冷たくもない常温の日常エッセイを集めた定期購読マガジン『とるにたらない話をしよう』運営中。#夜更けのおつまみ コンテスト ポプラ社賞。ただいま3歳児に親育てられ中。フリーランスで執筆・編集・撮影・広報サポートなど。お仕事関連は仕事依頼ページをどうぞ。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。