ぴぴぷる

呑兵衛たぬきです。エッセイ書いたり、詩や小説を書いたり、写真を撮ったりします。仲良くしてね。
      • 22本

      詩集

    • 煩悩のエッセイ

      • 41本

      力を抜いたアホな文章

    • 嘘のエッセイ

      • 6本

      架空の体験を書くエッセイ集。

    • 感情のエッセイ

      • 48本

      気持ちを込めて書いた文章

    • 小説

      • 16本

      小説達

固定された記事

あなたを見つめた3日間

その電話がかかってきた時、僕は本当にどうしようもない奴だという事実が、避けようもなくやってきた。二日酔いで鉛のように重い体をなんとか動かし、スーパーへ入ろうとし…

1年前

沈む風船

田んぼに映る空へ 風船がとんでいった あの紐に まだすこし 体温が残っているから すこしだけ わたしもいなくなる アメンボも 蛙も 空を泳いでいるのに それに気づ…

7か月前

薄毛とは負け戦である。

薄毛とは負け戦である。 我が軍はかつての輝きを失い、今や老兵ばかり。国土は減りつづけ、若い兵はいつの間にか去ってゆく。 大国と言われた黄金時代など見る影もない。…

10か月前

醤油

醤油のなかに 汚い 汚いものが溶けている 刺身や コロッケなどに ぽたぽたとふりかけて ぱくり 口から わたしに戻ってくる 汚い 汚いもの 部屋の空気の すみっ…

1年前

夢と綿毛

産毛の浮くような、心地のいい陽射しで目が覚めた。あぁ、また酔いつぶれてしまったのかと思えば、見覚えのない野原があたたかく輝いていた。 遥か広大なその美しさに目を…

1年前

エスカレーターが怖い

いつからエスカレーターに乗れるようになったんだろう。全然覚えていない。でも、幼い頃あの怪物が恐ろしかったことは、今も覚えている。 * とにかくリズムがつかめなか…

1年前