鶴岡 友也/BLUEPRINT, inc. 最高事業責任者

BLUEPRINT,inc. CBO ← STANDARD 元代表取締役CTO / 2017年に東大AI開発学生団体の仲間と起業し、大手650社のDX推進を支援 / 現在はBtoB SaaSを量産するスタートアップスタジオを運営 / 好きな言葉は吉田松陰の「諸君、狂いたまえ」

鶴岡 友也/BLUEPRINT, inc. 最高事業責任者

BLUEPRINT,inc. CBO ← STANDARD 元代表取締役CTO / 2017年に東大AI開発学生団体の仲間と起業し、大手650社のDX推進を支援 / 現在はBtoB SaaSを量産するスタートアップスタジオを運営 / 好きな言葉は吉田松陰の「諸君、狂いたまえ」

マガジン

  • 新規事業がうまくいくマガジン

    新規事業に関わる「BizDev」「プロダクトマネージャー」に向けて、事業を成功させるためのノウハウをご提供していきます!

最近の記事

固定された記事

「いきなり売上5000万円」のスタートアップをバンバン立ち上げる僕らのやり方

僕らの会社は「スタートアップを量産する会社」だ。 かつてヘンリーフォードは「T型フォード」によって自動車を大量生産できるようにしたが、僕らはそれを「スタートアップ」でやりたい。 僕らはこの1年ちょっとで10以上の事業を生みだし、いくつかを法人化した。今年に入って立ち上げた建材の会社は初月からいきなり6000万円ほどの売上が見えていた。 スタートアップを次々に生み出す「スタートアップスタジオ」というモデルは、今のような先の見えない時代に強い。 事業をバンバン立ち上げて、

スキ
956
    • 元キーエンスのトップ営業が、新規事業をバンバン売るためにやっていること

      うちの会社に、元キーエンスのとても優秀なセールスパーソンがいます。前職では、営業所の過去最高売上を何度も叩き出していた人です。 (↑Forbesにも取り上げてもらいました) 彼を採用したのは「新規事業」のセールスをしてもらうため。 ぼくらは「スタートアップファクトリー」を運営しています。革新的なスタートアップを次々生み出すビジネスモデルで、この1年ほどでvertical SaaSを中心に、10以上の事業を立ち上げてきました。 新規事業のセールスは、一般的な営業と比べて

      スキ
      289
      • いい事業アイデアは、いつも「現場」に隠れている

        新規事業開発の話をしていると、よくこのような質問をされます。 「そもそもこういう事業アイデアって、どうやったら思いつくんですか?」 たしかに、事業開発をするうえでいちばん難しいのがこの「事業アイデア策定」のフェーズです。 僕は2017年にAI教育事業で起業し、いまは「スタートアップを量産する会社」を経営しています。この半年で10ほどの事業を立ち上げ、そのうちいくつかを法人化しました。 その経験からこの問いにひとつの答えを出すならば、 アイデアは、ゼロから生み出すので

        スキ
        39
        • 建材業界で新規事業を立ち上げて、8ヶ月で「業界シェア80%」をとれた理由

          ぼくは「スタートアップを量産する会社」を運営しています。 事業をバンバン立ち上げて、PDCAを回しまくって、うまくいったものだけを法人化する。「スタートアップファクトリー」とよばれる、日本ではまだ珍しいビジネスモデルです。 かつてヘンリーフォードが「T型フォード」によって自動車を大量生産したように、事業立ち上げのプロセスを「型」にして、起業に再現性をもたせる。 まるで工場のように、革新的な「会社」が次々に生まれていくーー。 それがぼくらの目指す世界です。 「そんなに

          スキ
          714

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 新規事業がうまくいくマガジン
          鶴岡 友也/BLUEPRINT, inc. 最高事業責任者

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          事業立ち上げで絶対に失敗しないための「ユーザーヒアリング」5つのポイント

          事業が失敗するいちばんの原因は、誰も欲しがらないサービス・プロダクトを作ってしまうことです。 「あたりまえじゃん!」と思うかもしれません。 でも、ユーザーが「お金を払ってでも欲しい!」と思えるサービス・プロダクトを、最初から完璧につくれる人なんてほとんどいないのです。 そこでめちゃくちゃ大切なのが「ユーザーヒアリング」で仮説検証していくこと。 サービスをただの「思い込み」で開発すると、ユーザーが求めていない機能にまで時間を割いてしまうことになります。そういう「ムダ」を

          スキ
          307

          新規事業を成功に導く、SaaSビジネスの「勝ちパターン」

          僕はこれまで大手600社以上のDX推進を支援してきました。 その知見を生かして、いまは「スタートアップを量産する会社」を経営しています。この1年で10以上の事業を生みだし、いくつかを法人化しました。 うまくいっているのはどれも、業界のDXを進めるSaaS事業。なかでも「建材業界」や「製造業」に特化したサービスを展開しています。 一見すると旧態依然で、変化が起こりにくそうな業界ですが、僕らは比較的スムーズにサービスを導入してもらえました。 それは、ある程度の「勝ちパター

          スキ
          74

          かつて学校になじめなかった僕らには、きっと世界を根っこから変える力がある

          僕は20歳のときに起業しました。 学生団体の仲間と一緒に「DX人材育成」の会社を起業し、大手600社以上のDX相談に乗ってきました。 その後、革新的なスタートアップ企業をバンバン立ち上げて、よりよい青写真を描き出す「スタートアップスタジオ」を立ち上げて運営しています。 ……こう言うと「意識が高い」とか「エリート」みたいに思われることがけっこうあります。 でも、僕はまったくすごい人間でもなんでもありません。むしろ数年前まで、落ちこぼれの学生でした。成績は悪いし、言い訳ば

          スキ
          79

          就活も就職もせず、退屈から逃げ回っていたら、スタートアップを量産するエキサイティングな日々が待っていた

          19歳のとき、ぼくは仲間たちと会社をつくった。 企業のDXをサポートする株式会社スタンダードという会社だ。 創業から5期目で、クライアント数は650社以上。日本を代表する有名企業から「うちのDXを手伝ってほしい」というご相談をいただいている。 DXの会社なんて山ほどあるはずだ。 それなのに、なぜただの学生ベンチャーが、わずか数年で「東証一部上場クラスの大企業」から信頼されるまでになれたのか? 正直なところ、ぼくらはとくべつ優秀なわけではない。 ものすごく優れた技術や

          スキ
          95

          成果にこだわる習慣をつくる「20」のチェックリスト! 〜スタートアップの経営者・マネージャー向け〜

          こんにちは、つるちゃんです。株式会社STANDARDでCTOをしている者です。弊社は「ヒト起点のデジタル変革をSTANDARDにする」というミッションを掲げて、3年弱で350社以上の企業におけるDX推進支援をしています。 最近、オフィスを解約する企業や、リモートワーク中心でオペレーションをまわしてく組織が増えていますね。 リモートワークが普及し始めると、「プロセス」ではなく「成果」を重視する評価方法になっていく気がします。つまり、個人としもチームとしても「より成果を出す」

          スキ
          24

          未来は「予想」ではなく「妄想」する - 新時代の豊かさを実現する思考法

          AI時代にはどんな能力が必要なのか? オンライン化する社会で自分はどう働けばいいのか? 社会が激動している中で、今いちど、ゆっくりと考える必要があるでしょう。 新しい時代に移り変わる中で、どうすると豊かになれるのか? ポイントは未来を予測するのではなく、妄想することにあります。そのことを、3つの書籍の内容をベースにまとめていきたいと思います。 -- この記事は約5分で読めます -- 豊かな人生を送るのはニュータイプ人材 20世紀後半〜21世紀初頭にかけて高く評価されてき

          スキ
          56

          Withコロナ時代の「あるべき社会構想」を考える(1) - 格差を広げる3つ目の要因としてのコロナ

          GWですし、Withコロナにおける、中長期でのあるべき社会構想に関してまとめてみようかなぁと思います ( ´ ▽ ` )ノ --- コロナは"格差"を加速させる3つ目のトリガー社会における所得の不均等さを図る指標に「ジニ係数」というものがあります。ジニ係数は、0に近いほど公平に分配され、1に近いほど所得が狭い範囲に集中している=所得格差は拡大している事になります。 このジニ係数は、1999年には0.472、2017年では0.5594となっており格差が拡大していることが定

          スキ
          8
          有料
          100

          雰囲気で選ぶと失敗する。良いKPIの5つの条件

          KPIを設定するときに、どんな判断軸を持っていますか? 様々な意見があると思うが、私なりにKPIを決める際の重要な判断軸を5つまとめてみた。 1. 数を1~2個に絞るKGIを達成するにあたって、本当に重要な要素・レバレッジがかかるポイントだけに集中する。理想は1つ、多くても2つまでに絞ること。 リソースは限られているので、やることを増やしても成果はでない。リーダーの役割は、チームがより多くの事を達成するために、より少ないことにフォーカスすることだ。 事業構造や相互関係

          スキ
          16

          【厳選】 PMスキルをアップさせる7冊の本

          以前、下記の記事でPMの仕事の一つである「プロダクト開発」に関して解説した。そこでは4つのステップに分けていたので、それぞれのステップで参考になる本を紹介していく。 《参考》 プロダクト開発のサイクル 1. イシューを見極める(2冊)【1冊目】イシューからはじめよ 世の中で問題かもしれないと思われているもののなかで、今この瞬間に解を出すべき問題というのは100個のうち2、3個だ。 「それは本当に解くべき課題なのか?」を自分に問い続け、価値の高い仕事だけにフォーカスし、

          スキ
          70

          PMって何してんの? プロダクト開発の4ステップ

          エンジニア不足と叫ばれているが、同様に不足しているのはPM(プロダクトマネージャー)だろう。いくら優秀なエンジニアがいたとしても、PMがダメだったらプロダクトは成長しない。 PMを目指したい人が増えていくように、知識を体系化してアウトプットして「PMってどんな仕事するのか?」のイメージが持てるようにしていきたい。 私はまだ、ひよっこPMだが、現状で出来る限りの事をしていこうと思う。(先輩方、色々と教えてください🙇) では早速、PMの「プロダクト開発」の仕事に関してまとめ

          スキ
          217