見出し画像

「買わなくても楽しいお店」をコンセプトに、新しい購買体験を提供する無在庫店舗システム「CONTACT STORE」をリリース!

PATRA Inc.

この度、誰でもスマホで簡単にブランドを始められるEコマースプラットフォーム「OWNERS」を運営する株式会社PATRAは、PATRAのプラットフォーム上に展開する20以上のD2Cブランドの体験型店舗を、全国の小売店に即時出店できるサービス「CONTACT STORE」をリリースしました!

今回はCONTACT STOREについて簡単に紹介させていただきます✨

画像1

サービス開始の背景

小売業のデジタル化が進み、Eコマースの売上は今後も拡大傾向に進むと予想されます。
また、SNSが主な販売のチャネルとなることで、個人のインフルエンスを生かしたD2Cブランドが、スピードや集客力を武器に急成長を見せています。
その中で、リアルの店舗の立ち位置は大きく変化しています。「売り場としての店舗から、ユーザー体験を作り出す場」への変化です。着てみる、触ってみる、接客を受ける、ブランドの雰囲気に触れるという体験はリアルでしか得られない情報を与え、ユーザーを熱狂させることができます。Eコマースが主体のブランドでもリアルの場はこれからも成長するために重要なファクターであり続けるはずだと考えています。

画像2

CONTACT STOREとは

買い物に来たお客様はスマホを操作し、Webの画面で商品についての詳細・コーディネート・クチコミを閲覧します。購入する前に試着して、併設のフォトスポットで写真を撮ったり、併設のカフェスペースでスマホを触りながら商品についての多くの情報をインプットします。
その場で購入した場合、商品は最短翌日国内倉庫から発送されます。また、店頭で見た商品はWeb上にログが残っているので、「あとからWebで購入」することもできます。

iOS の画像 (1)

iOS の画像 (2)

なぜ無在庫店舗なのか

SNSでのマーケティングを生かしたアパレルD2Cブランドの多くは、商品あたりの在庫数が少なく、スピーディーな販売サイクルであることが特徴です。そのようなブランドの販売効率を損なわずにスピーディーに店舗へ展開するために、無在庫店舗という形を取っています。無在庫であることで、販売データに基づき店頭のMDを週次・日次で変更することも可能になっています。

また、この「CONTACT STORE」によって「どこでも、すぐに、小規模で」お店をはじめることができるため、カフェや美容院などの空きスペースでもサンプル品を並べるだけ発売開始でき売上のアップセルに貢献します。

機能概要

・店頭チェックイン機能
来店者は店頭のタブレット端末でWebの会員証をかざすと購入に使えるポイントがもらえるという仕組みを用意し、出品者は来店者のその後の店頭やECサイト上での行動をトラッキングすることが可能です。

・店頭購入機能
店頭での現金や各種決済方法での購入に対応しており、お客様は洋服のタグについているQRコードから購入を手続きを行い、店頭での購入決済を完了するとSMS宛てに住所を入力するためのURLが送付されます。店頭で直接お客様の個人情報に触れないのでプライバシー面でも安心です。

仙台フォーラスメインビジュアル 17.38.25

株式会社PATRA
「おもしろいから、買い物を新しくしてみる。」
誰もがモノをつくって売る時代へ。アパレルや化粧品の生産・仕入れから、フルフィルメント、EC販売までをスマホで簡単に。誰もがブランドオーナーになれる時代へ。

Z世代向けアパレル・コスメショッピングモール「パトラマーケット」と、誰でもブランド運営ができるリテールプラットフォーム「OWNERS」の運営・開発。
コーポレートサイト: https://patrainc.jp

OWNERS: https://owners.patrainc.jp

パトラマーケット: https://patra.store

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!