弁理士試験合格者

弁理士試験 合格ノウハウ。 2013年以降の高難易度時代の合格者 受験時実務経験なし受験回数3回 1回目短答不合格 2回目短答合格 論文必須不合格 論文選択不合格 3回目 短答免除 論文必須合格 論文選択合格 口述合格

弁理士短答式試験 試験当日の対策 お食事中の方には適さない内容が含まれておりますので閲覧をご遠慮ください

弁理士の短答式試験は、3時間30分のあるのでとても長いです。 集合時間を含めれば4時間以上も席を立つことは原則許されません。 で、問題となり得るのは尿意の問題で…

論文試験対策 国際出願を得意分野にしよう(弁理士試験)

論文の答練などで、 国際出願 (特許法184条の3以降の特許協力条約に基づく国際出願) が出題されたら、どう思うでしょうか。 おそらく、初学者~中級者の多くの人は、…

弁理士試験 短答対策 LEC短答実戦答練

短答合格した年には、年明けから始まるLECの短答実戦答練を受けました。 毎週土曜の夕方を答練受講の日に選びその時間の通学コースを選びました。 短答実戦答練では、基…

論文試験の選択試験は免除を目指しなさい(弁理士試験)

最終合格者の内訳をみると論文試験の選択試験(以下、選択試験)の免除者が圧倒的に有利である結果が表れています。 まず、理系の修士を持っている場合は、論文試験が免除…

合格率9.7% (前年度 8.1%)でかなり上昇しましたが、受験生はモチベーションの維持や勉強場所の確保など例年以上に大変だったと思います。

弁理士試験の口述試験対策 論文試験合格発表後でもぜんぜん間に合う!

口述の問題は文書にするとたいしたことがないように思えるのですが、 口述対策をほとんどしていない人で論文合格された方は、はやく練習会に参加してみることをお勧めしま…