ぱソんこ

VR・ゲームを好む新人ゲームデザイナー兼ゲームライター https://passonco.itch.io/

ぱソんこ

VR・ゲームを好む新人ゲームデザイナー兼ゲームライター https://passonco.itch.io/

    マガジン

    • VR元年クロニクル

      同人誌の発行を目指してVRゲームに関するノウハウや批評を連載します。

    最近の記事

    固定された記事

    大学生活4年間からふりかえるゲームライター「ぱソんこ」

    筆者紹介:ぱソんこ(Twitter:@passonco)——VRとゲームを好む大学生。2016年11月にPANORA VRで翻訳記事を書き始め、同年12月にOculus Rift CV1 & Oculus Touchを購入したことによりVRレビュー記事を書くようになる。2018年にはIGN JAPANでゲーム記事を書き始め、2020年1月からは電ファミニコゲーマーにも寄稿。現在卒業研究を終えて新卒デビューまでのモラトリアムでできることを模索している。今後もゲームライター活動は

    スキ
    38
      • VRゲームで三人称視点がマイナーなのは「主人公が"他人"になってしまう」から

        ふつうゲームをプレイする人は、手元のコントローラを通して平面のモニターの中にいる主人公を操作することに疑問を抱かない。俯瞰視点でマリオをジャンプさせるときも、主観視点でマインクラフトでダイヤモンドを掘るときも「そういうもの」として受け入れられている。 一方、VRゲームでは「画面に映るキャラクターを操作する」ゲームはかなりの少数派で、ほとんどは主人公の一人称視点を採用している。いったいなぜVRゲームでは三人称視点が少数派なのか、そもそもVRゲームの主人公とはなんなのだろうか?

        スキ
        21
        • ぱソんこがライターとして書いた取材・レビュー記事一覧(2021)

          2021年は昨年から引き続き感染症対策が行われる中、なんとかしてリアルに戻ろうとする動きとCG空間に可能性を見出すメタバースの再燃の両方が大きいように感じました。個人的には、上京してVRゲームの開発に関わるようになったことが一番の大きな変化ではあります。 この記事では主にゲームのレビューや取材記事をサイト毎の時系列順に載せてあります。自分で数えたら2021年は12本の記事で、2020年が13本だったので一本減ったりnoteの執筆が増えたりしました。2021年は電ファミニコゲ

          スキ
          7
          • 【#ぱソ天】Half-Lifeを初代からAlyxまでプレイした二人が感想を語る:Half-Life 2とPortal編

            2021年7月24日、Twitterのトーク機能であるSpaceにてぱソんことアロハ天狗の二名によってHalf-Lifeシリーズが語られた。口頭の対談を読み物として最適化した上で記事にしました。 Half-Life初代については【#ぱソ天】Half-Lifeを初代からAlyxまでプレイした二人が感想を語る:Half-Life初代編をご覧ください。 登場人物ぱソんこ VRに強いゲームデザイナー兼ゲームライター。大学一年生のころにWebライター活動を始めてから5年近く経過す

            スキ
            18

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • VR元年クロニクル
            ぱソんこ

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【#ぱソ天】Half-Lifeを初代からAlyxまでプレイした二人が感想を語る:Half-Life初代編

            2021年7月24日、Twitterのトーク機能であるSpaceにてぱソんことアロハ天狗の二名によってHalf-Lifeシリーズが語られた。口頭の対談を読み物として最適化した上で記事にしました。 登場人物ぱソんこ ゲームデザイナー兼ゲームライター。副業でゲームメディア向けにVRゲームの記事を書き、本業ではVRゲームのゲームデザイナーをしている。Twitterやゲームでは”Passonco”、メディア向けには”渋谷宣亮”名義でIGN JAPAN他にて活動中。この記事の編集を

            スキ
            15

            『Half-Life: Alyx』は「恐怖」でプレイヤーのテンポ感を制御してVR酔いを防ぐ。

            この記事は上記のHalf-Life: Alyxコラム記事の省略版である。 前置き 2020年3月24日、VALVEよりVRゲーム『Half-Life: Alyx』が発売された。AlyxはFPS『Half-Life』シリーズの13年ぶりの新作でありながらVRゲームで珍しい超大作で、Alyxが今後のVRゲームの基準になることは間違いない。 ただし、シリーズのファンからは「あきらかに過去作よりホラー色が強くなっている」「レーベンホルムのファンが作ったのか?」という声が上がった。

            スキ
            11

            VRゲームの理想と限界を見せる『Boneworks』物理演算と身体感覚のシナジーが生み出す没入感を探る

            本記事はHalf-Life: Alyx発売前の2019年12月~2020年3月に書かれたもので、Half-Life: Alyxと比較してやや古い記述があるかもしれない。Half-Life: Alyxとの紹介を合わせて「VR元年の逆襲」というテーマで執筆していた。 前置きVRゲームの開発者やプレイヤーに付きまとう一番の問題は「VR酔い」だ。VRゲームの開発はVR酔い対策との戦いであり、VR酔いが起こらないゲームデザインを逆算して決めることすらある。だからこそ、開発者は「もしV

            スキ
            11

            【コラム】至高のVRゲーム『Half-Life: Alyx』はなぜ怖くて面白いのか?VALVEがとった逆算のVRゲームデザインを考察しよう。

            この記事は2020年の春から夏に執筆されたものだが、諸事情により1年の時を経て公開することとなった。この記事の執筆後にリリースされた開発者コメンタリーモードを経てもなお、この記事で述べる意見が変わることはない。Half-Life: AlyxもといHalf-Lifeシリーズはどうしても日本での認知が低く(スピンオフのPortalシリーズはかなり人気なのだが)、本作の考察らしい考察の記事も日本語ではほとんど見られないため、本記事がHalf-Life: Alyxをプレイした、もしく

            スキ
            28

            「没入型シミュレーション」と「創発的ゲームプレイ」のひみつ

            この記事は2020年10月12日にVRSNS「Cluster」で開催されたイベント「#VR元年を終わらせる会」で筆者が発表したスライド「物理演算の次は化学演算だ!Immersive Simの秘密」をもとに加筆・修正したものです。 この記事では、日本語の情報が少ない「没入型シミュレーション(Immersive Sim)」および「創発的ゲームプレイ(Emergent Gameplay)」の簡単な解説、および筆者の展望としてのVRとの関連性の説明を記述する。 ビデオゲームの魅力

            スキ
            39

            ぱソんこがライターとして書いた取材・レビュー記事一覧(2020)

            筆者紹介:ぱソんこ(Twitter:@passonco)——VRとゲームを好む兼業フリーライター。2016年11月にPANORA VRで翻訳記事を書き始め、同年12月にOculus Rift CV1 & Oculus Touchを購入したことによりVRレビュー記事を書くようになる。2018年にはIGN JAPANでゲーム記事を書き始め、それ以降はIGNJを中心に活動。2020年には電ファミニコゲーマーでも一本記事を書いた。2020年12月時点では某ゲーム会社でゲームプランナー

            スキ
            7

            ウォーキングシミュレータとしてのOuter Wildsと断片的なストーリーテリング

            2019年5月に発売されたアドベンチャーゲーム『Outer Wilds』は海外では発売当初から批評家の評価は高く、数多くの賞にノミネートされていたが、日本での知名度はいささか低かった。 2020年4月、個人ゲーム開発者のもっぴん氏がTwitterで絶賛し、これにつられてWebメディア「ねとらぼ」副編集長の池谷勇人(てっけん)氏がOuter WildsにドハマリしてTwitterで布教を始めたことをきっかけに日本でもOuter Wildsの知名度が向上した。筆者ももっぴん氏と

            スキ
            24

            ぱソんこがライターとして書いた取材・レビュー記事一覧(2019)

            筆者紹介:ぱソんこ(Twitter:@passonco)——VRとゲームを好む大学生。2016年11月にPANORA VRで翻訳記事を書き始め、同年12月にOculus Rift CV1 & Oculus Touchを購入したことによりVRレビュー記事を書くようになる。2018年にはIGN JAPANでゲーム記事を書き始め、2019年はIGNJを中心に活動している。現在就活を終えて研究活動と単位の取り直しに励んでいる。ツイッター経由でお仕事募集中。 この記事では主にレビュー

            スキ
            5

            就活生によるゲーム企画書の書き方講座

            この記事はゲーム業界を志望したはいいもののエントリーでゲームの企画書が必要だと言われて「ゲームの企画書の書き方なんてわかんないよ~」という人のために書かれたものだ。あまり正確ではないとしても、なんとなくでも型を知ることで書けるようになることが大事だと筆者は考えている。就活はゲームの企画書によるエントリー後の試験やら面接もあるけれど、まずはゲームプランナー志望のエントリーのための切符を手に入れるための努力から始めたい。 筆者は元々地方国立大学生がゲーム業界で内定を取るまで就活

            スキ
            115

            地方国立大学生がゲーム業界で内定を取るまで就活をした過程を紹介する

            かつては賤業扱いされつつも今ではすっかり高学歴が前提となったゲーム業界。ゲーム業界に就職できるのは有名私大生とか旧帝大生、あるいは一部の専門学校生といった印象が強いですが、地方国立大生である筆者が2019年(2020年度)にゲーム業界入りを目指して戦った記録を今後の学生のために残しておきます。 筆者紹介:ぱソんこ(Twitter:@passonco)——VRとゲームを好む大学生。2016年11月にPANORA VRで翻訳記事を書き始め、同年12月にOculus Rift C

            スキ
            157

            【ゲームレビュー】目につくもの全部ぶっ壊す!革命系爆発アクション「Just Cause 3」

            このテキストは関西の大手ゲーム開発・販売会社Cの2020年度新卒向けの課題として提出したドキュメントを一部改訂したものです 概要タイトル:Just Cause 3(ジャスト・コーズ 3) 開発:Avalanche Studios 販売:スクウェア・エニックス 発売日:2015年12月1日 対応プラットフォーム:PS4/XboxOne/Steam(筆者はSteamでプレイしたもの) ※このレポートでは本作のDLC及び続編『Just Cause 4』に対する言及は行わない。

            スキ
            2

            我々はクラウドゲーミングの真の客層を間違えている

            2019年はクラウドゲーミングが話題となっており、Googleが「Stadia」Microsoftが「Project xCloud」を2019年内に開始予定である。IT寄りの非ゲーマーからは「任天堂やソニーが滅んでしまう」「もう誰もゲーム機を買わなくなる」といった意見が目立つ一方で、ゲーマーからは「既存のゲーム機と変わらない」「どんな企業でも遅延の問題は解決できない」といった失望の声があふれている。 そもそも、ほとんどのクラウドゲーミングがスマホ対応を目標に掲げている一方で

            スキ
            4