島前地域をつなぐオンライン交流会を行いました。
見出し画像

島前地域をつなぐオンライン交流会を行いました。

#離島にもっと若者の還流を

隠岐島前高校の卒業生のみなさんともっと交流がしたい!
交流盛んな面しろい島を実現したい!


そんな思いから、12月10日に「島のオンライン交流会」が行われました。

このオンライン交流会では、島前地域で暮らしている隠岐島前高校卒業生のみなさんと、全国各地で暮らしている隠岐島前高校卒業生のみなさんとの交流会でした。

島前高校に携わってくださった関係者の方々もいらっしゃり、「懐かしい~!お久しぶりです!」との声が多かったです☺

島前の会場はEntôでした。

2011年3月卒~今年(2021年)の卒業生を含む17名のみなさんと、高校関係者の(コーディネーター・役場職員の方々など)5名のみなさんの、計22人で集まることができました。

幅広い世代のみなさんと交流をして共通点などを知り、新しいつながりを作ることができました。特に、兄弟で隠岐島前高校に入学しているケースが多く、兄と同級生など、不思議とつながりがあることにも驚きました。

交流会の様子

交流会では、お互いが質問しあいながら近況を報告しました。

・自己紹介
・近況報告
・質問(参加者から会場へ)
・大人の島留学について
・島で暮らす方々の仕事紹介 など

オンライン交流会のみなさんには、事前に島前の産品をお届けしていて、
岩ガキや隠岐牛ハンバーグなどをお送りしましたが、

当日に産品を食べながら参加してくださった方もいて、島をどっぷり感じてくださりうれしかったです☺

自己紹介。ご飯を食べながら緩やかに交流しました。

島に帰りたいという声や、大人の島留学をしてみようかなと島に帰ることを選択肢に入れてくださっている方もいて、「ぜひ!!!!」と気持ちが高ぶってしまいました(笑)

また、自分のしたいことを起業して、島につくるのも夢ですとの方もいらっしゃいました。夢を応援する大人のみなさん。今までもこれからも背中を押してくれる存在なんだろうなと思います。

ほかにも、就職活動での悩み、今している仕事について相談したり、共有したり、みなさんの近況を知れたことも良かったです。島の様子や、島について聞きたいことなど、どんなことでも気軽に質問できる場でもありました。

すこし島の様子を知ってみたい、いま島にどんな人がいるのだろう、と気になる方もぜひ参加してみてください!

最後には、恒例の無茶ぶり!教育魅力化コーディネーターのみなさんによる俳句でこの場を締められました。

「つながりを あつめてみれば ちょっといいかも」


参加してくださったみなさんありがとうございました!


みなさんの感想

最後に、みなさんから感想をいただきました。

・島の産品を送ってくださりありがとうございました!久しぶりに会えてうれしかったです。

・和やかな雰囲気で楽しかったです。まずは大人の島留学の説明会に参加してみようかなと思います。

・久しぶりに会えたけど、みなさん変わってないなぁと思いました(笑)
たまにつながることも大切だし、良いなと思います。これからもつながり続けたいし、みなさんの仕事と関わりあえたら最高ですね。


イベント紹介

2月11日から2泊3日で、Entôに宿泊できるUターンの旅を開催します。
「還ってきたくなる島とは?」をテーマにワークショップを行ったり、自由な時間を設けているので、ぜひ島を満喫してください。

こちらもQRコードからお申込みください。

日時:2月11日~2月13日
参加条件:島外在住の島前高校卒業生または、島前出身者の18歳~30歳以下の方
定員:10組

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます(;_;)
#離島にもっと若者の還流を
「#離島にもっと若者の還流を」とは、離島にもっと地元の子が戻ってくること、若者たちが離島で暮らすこと、離島で働くこと、そのために離島のリアルを知ってもらうことを目的としています。島前に住む若者インタビュー、島前紹介、イベントレポなどを掲載しています。ぜひご覧ください!