マガジンのカバー画像

毎月の活動レポート

31
子どもたちの活動の様子をレポートします。
運営しているクリエイター

記事一覧

2024年5月の活動

5月は登山遠足、田植え、畑の苗植え、山椒とり、ピコテラスでTシャツづくりと、イベントが盛りだくさんでした。 登山遠足 毎年恒例の登山遠足は昨年と同じく、船通山に行きました。 参加した子どもたちは途中つらくなった時に荷物をスタッフに持ってもらうなどして、自分で力配分しながら登頂成功! 助けてもらいたいことを他者に言えるのは社会で生きていくのに大事なスキルなので、「荷物を持ってもらえますか?」と言えたこと、スタッフはうれしく思っています。 田植え、山椒とり、畑の苗植え お

2024年4月の活動

2024年度になり、スタッフの顔ぶれも新たになりました。 スタッフの紹介は、こちらでご覧ください。 それぞれに得意分野、経験の異なるスタッフで、より幅広く、厚みのあるサポートができるよう、力を合わせていきたいと思っております。 どうぞよろしくお願いします! (上記のイラストは、おんせんキャンパスの利用者が描いてくれました) それぞれのスタート おんせんキャンパスの利用者も高校に進学するなどして、顔ぶれが変わりました。 あらためて関係性をつくる時期。 子ども同士、スタッフ

2024年3月の活動

3月のトピックは「納会」です。 先月の活動レポートで納会準備を始めた報告をしましたが、今月は運動会の種目のルールや必要なものを考えて、しおりを作成していきました。 おんせんキャンパスには、ほぼ毎日来所する子もいれば、不定期に来所する子もいるのでイベントの準備を一斉に行うことはせず、来所したタイミングで考えたり、みんなが考えたことを把握したりして、なんらかの形で準備に参加できるような授業設計にしています。 運動会 納会は、子どもたち企画の運動会スタート。 ①ダンボール積み

2024年2月の活動

おんせんキャンパスは子どもの心身の状態によって、スタッフと個別で行う活動や全体のプログラムを選んで参加することができます。 全体のプログラムについては、「小学生・中学生の活動について」をご参照ください。 今月、中学3年生は面接の練習や、これまでやってきた学習をくりかえしました。新しいことに取り組むより、「できる」「できそう」と思えることを増やすためです。 全体のトピックは、「雪山遠足」「味噌づくり体験」「納会準備」です。 なかでも雪山遠足はおんせんキャンパス初行事で、小学

2024年1月の活動

1月のトピックは中学3年生が挑戦した模擬試験。心理とヨガの授業「こころとからだ」や、食育「つくってたべよ♪」ではストレス解消をテーマにした内容で展開しました。 おんせん模試 中学3年生の子を対象にした「おんせん模試」は、自分の学力を知ること以上に、試験に慣れることを目的にしています。 そのため、控室を用意して、そこから試験会場に入る過程も行います。 机にある受験番号と自分の番号を照らし合わせて座るとか、回答用紙の記入のしかたとか、時間配分とか、やってみてはじめてわかること

2023年12月の活動

12月のトピックは、クリスマス会! 子どもたちが企画、相談しながら、準備を進めました。 同時に、中3クラスは受験勉強モードに突入。 中3の子たちが集中する様子に年下の子も感化されて、学習に取り組む様子が見られました。 クリスマス会の準備 クリスマス会で何をやるか。 まず、子どもたちがそれぞれアイデアを付箋に貼って出し合い、それから話し合います。 この頃、おんせんキャンパスのサークル時間ではやっていたのが『人生ゲーム』だったこともあり、「オリジナルの人生ゲームを作って、みん

2023年11月の活動

11月は地域の交流イベントが目白押し。 田んぼ仕事をはじめ、さまざまな体験活動でお世話になっている地域の方々への感謝をかたちにするため、10月から少しずつ準備をしてきました。 地域活動では、地域の暮らしや文化を知ること、地域の方と交流することで社会的なコミュニケーション力を育むこと、そしてなにより、この地区が子どもたちにとって第二のふるさとになることを目指しています。 石照庭園ライトアップイベント おんせんキャンパス近くの石照庭園は、日ごろ、子どもやスタッフで散歩に行か

2023年10月の活動

10月の主な活動は、11月に行われる地域関係イベントに向けての準備や、今年度最後の通学合宿に向けての準備。 中学3年生は卒業後の進路を真剣に考える時期になりました。 また、心身の健康プログラム(心理系の授業「こころとからだ」、「スポーツ」、食育「つくってたべよ♪」)では、睡眠をテーマにした内容を展開しました。 睡眠について話す機会 「こころとからだ」のうち、心の授業では「人が一生で眠っている時間はどれぐらい?」などクイズを交えて、睡眠の知識をインプットしたあと、それぞれに

2023年9月の活動

9月も学習、スポーツ、体験活動と、様々な活動を行いました。 なかでも注目の活動を紹介させていただきます。 コンポスト作り 9月は、土の中にいるバクテリアと太陽光を利用して生ゴミを分解する処理容器「キエーロコンポスト」を作る活動を行いました。 これは雲南市のごみ削減活動の一環として、うんなんコミュニティ財団が推進しているもので、市民向けに「ごみゼロ勉強会」も行われています。 今回は、事前にユースの有志が勉強会に参加して学び、おんせんキャンパスでは「ごみゼロ先生」となって小中

2023年夏休みの活動

夏のプログラム おんせんキャンパスは学校の長期休み中(お盆やお正月を除く)も、開所しております。 開所する理由はいくつかあります。 ・休みの期間も定期的に通う場所があることで、生活リズムがくずれないように。 ・課題を終えてないことで休み明けに登校しにくくなるのを防ぐ意味で、おんせんキャンパスの学習時間に少しずつ課題をやれるように。 ・長期休みならではの体験ができるように。 といった理由から、午前9:00-11:00を学習の時間とし、そのあとは好きなことを自由にやる「フ

2023年7月の活動

子どもの心が解放される時期 夏休みが近づいてくると、子どもの表情がやわらかくなってくるように感じます。 現在、おんせんキャンパスを利用する子どもの多くは、学校へあまり行けないことに負い目を感じているようなところがあるので、だれもが学校へ行かなくていい長期休みは、負い目から解放される気持ちになるのかもしれません。 子どもたちがのびのびと、やりたいことをやり、新しいことにも挑戦できるよう。それが心のエネルギー回復や、小さな自信につながることを期待して。 また、休みの間も外

2023年6月の活動

中学3年生クラス おんせんキャンパスでは2学期あたりから高校受験に向けて、中3クラスを設けて、学び直しも含めて学習を行っていきます。 誰もが通る道ではありますが、夏休み明けあたりから、中3の子どもは進路に関する不安や焦りを感じるようになります。 そこで、一年の見通しが持てるよう、担当スタッフがスケジュールの掲示をしました。 おんせんキャンパスでは異なる学年の子たちが一緒に活動するので、他の学年の子たちにとっても、中3の様子を見られることはとてもいい機会になっています。

2023年5月の活動

おんせんキャンパスでは、日々のプログラムのほかに、体験の幅を広げるためのイベントを行っております。 活動を通して、楽しかった!と思えたり、新たな興味や好きなこと、得意なことを見つけたりして、もっとやってみたい!という意欲につなることがあるからです。 5月は遠足、田植え、校外スポーツ、買い物サポートボランティアを行いました。 船通山へ遠足 遠足は、奥出雲の船通山の登山でした! 昨年の「三瓶山登山がきつかったから、今年は行かない」と言っていた子たちも、「三瓶山よりはずっと楽

2023年4月の活動

気持ちが揺れ動く時期 進級や新学期に入るタイミングは、子どもの心も揺れ動きます。 気持ちを切り替えてがんばろうと思ったり、気持ちはあっても行動に移せなかったり、できなかったことでひどく落ち込んだり、登校する友だちを見て焦ったり、不安になったり。 この4月も、子どもそれぞれに異なる様子がみられました。 おんせんキャンパスや家で過ごす時間が長かった子が登校に意欲を示した時、おんせんキャンパスのスタッフは本人や保護者さんと相談します。 サポートを必要とする子の場合は、緊張を和ら