Uchida | 知財ライター

自宅警備 ← 化学メーカー市場開発 ← 企業知財部×2 。Toreru Media 執筆:https://toreru.jp/media/author/uchida/ 知財図鑑(知財ハンター):https://chizaizukan.com/about#hunter

Uchida | 知財ライター

自宅警備 ← 化学メーカー市場開発 ← 企業知財部×2 。Toreru Media 執筆:https://toreru.jp/media/author/uchida/ 知財図鑑(知財ハンター):https://chizaizukan.com/about#hunter

    マガジン

    • 特許から学ぶお料理

      特許情報を参考にしてお料理を作ってみます。

    • 特許図面図鑑 ~おもしろ図面やなつかし図面を緩く紹介~

      色々な観点から特許や実用新案の図面をゆるく紹介していきます。各記事は知財図鑑(https://chizaizukan.com/)にも掲載されています。

    • #今日の特許×特許図面

      記念日に関連する特許図面を紹介するTweetのまとめです。

    • ご当地「特許製品」の紹介

      都道府県毎に、1件ずつ特許情報&その対応製品を紹介するTweetをペタペタ貼っていきます。

    • 矢口貝才とちざい犬(ふわふわ知財4コマ漫画)

      紙ナプキンに描く、よくわからない?ふわふわ知財4コマ漫画です。 <テーマ> ちざい犬①:出願 or 秘匿 ちざい犬②,③:オープンイノベーション ちざい犬④:知的財産と知的財産権 ちざい犬⑤:参入障壁 ちざい犬⑥:知財権は知的財産を保護する ちざい犬⑦:知財権(特許権)は公開情報 ちざい犬⑧:知財権は知的財産を護れないこともある ちざい犬⑨:知財権の情報をきっかけとした出会い

    最近の記事

    固定された記事

    ロエベの顔Tシャツはロバート秋山さん特許の内容に似ているのか?検証してみた。

    これは…!!(左から2番目)多くの人が、ロバート秋山さんの特許を想起したのではないでしょうか。 しかし特許権というものは、「顔付きのTシャツを裏返しにする」といった漠然とした概念レベルの内容で権利保護されるわけではありません。Tシャツに関して、何かしら限定された内容にて権利が成立しています。 そこで早速、秋山さんが発明者である2件の特許権を眺めながら、上記ロエベのTシャツとの関係について探っていきたいと思います。 特許第6249501号:小道具及び小道具の使用方法J-P

    スキ
    38
      • 伝統石工「雄勝硯」について知財情報から探ってみた【地財探訪 No.7】

        本コラムは、地域の財産である「地財」を探訪するものである。全国の「伝統的工芸品(*)」の歴史を紐解きながら、関連する知財権情報と合わせて紹介していく。(知財権:特に、特許権、実用新案権、意匠権、商標権) (*) 伝統的工芸品:経済産業大臣によって指定された計237品目の工芸品(2022年3月18日現在) 例えば特許情報には、職人の拘りや後世へ伝えたい想いなどが隠れているかもしれない。本コラムを通じ、数百年以上の歴史がある「地財」である伝統的工芸品の新たな魅力を発掘していき

        スキ
        1
        • コテンラジオを聴くということ3

          歴史を面白く学ぶラジオ「 #コテンラジオ 」について。 コテンラジオを聴くとどんな善い事があるか?それは以下番外編におけるヤンヤンさんのコメントに示されている。 目先の短期的な評価や人間関係や育児に悩んだりすることがあったり、世の中暗くて曇天過ぎるだろと思うことがあったり様々ですが、史実や歴史的偉人の悩みなどを垣間見ることで、勇気が出てくる。 こちらの深井さんや樋口さんコメントも趣深い。 日々の生活で何が大事か? ご飯を食べること、睡眠を取ること。 そして、コテン

          スキ
          3
          • 伝統陶器「常滑焼」を特許文献から紐解いてみた【地財探訪 No.6】

            本コラムは、地域の財産である「地財」を探訪するものである。全国の「伝統的工芸品(*)」の歴史を紐解きながら、関連する知財権情報と合わせて紹介していく。(知財権:特に、特許権、実用新案権、意匠権、商標権) (*) 伝統的工芸品:経済産業大臣によって指定された計237品目の工芸品(2022年3月18日現在) 例えば昔に出願された特許等の情報には、職人の拘りや後世へ伝えたい想いなどが隠れているかもしれない。本コラムを通じ、数百年の歴史がある「地財」である伝統的工芸品の新たな魅力

            スキ
            4

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 特許から学ぶお料理
            Uchida | 知財ライター
          • 特許図面図鑑 ~おもしろ図面やなつかし図面を緩く紹介~
            Uchida | 知財ライター
          • #今日の特許×特許図面
            Uchida | 知財ライター
          • ご当地「特許製品」の紹介
            Uchida | 知財ライター
          • 矢口貝才とちざい犬(ふわふわ知財4コマ漫画)
            Uchida | 知財ライター
          • 〇〇の日と、特許と、特許分類
            Uchida | 知財ライター

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            コテンラジオを聴くということ2

            先日、思いつきで書いた記事の続きです。 お題「 #未来のためにできること 」。 やはり、歴史を面白く学ぶラジオ「#コテンラジオ 」を聴くことである。 「個の時代」「VUCAの時代」「脱成長」「ポスト資本主義」などと煽られ、生き方や考え方について、どこか揺さぶられがちな今日。一方、資本主義の下では利益創出や成長を求められ、精神的歪みも生まれがちな毎日。 そんなときは、先人が積み重ねてきた歴史を知ることで、ちょこっと気持ちが軽くなる。例えば「愛で世界を変えた」とされるガン

            スキ
            6

            コテンラジオを聴くということ

            歴史を面白く学ぶラジオ「#コテンラジオ 」が面白い。 これを聴いてファンになった。(株)COTEN 代表の深井氏が音楽サークルの仲間(女性)へ放った言葉であり、自己の思いを悪気無くここまでストレートに伝えられる人がいる(た)ことに感動したためである。 コテンラジオとは、「メタ認知を高めるきっかけを提供する」をミッションとする(株)COTENのメンバーらによるラジオ。冒頭の至言は番外編でのワンシーンだが、本編では「吉田松陰」「ガンディー」といった歴史上の人物や史実について、

            スキ
            9

            伝統和紙「越前和紙」を特許文献から紐解いてみた【地財探訪 No.5】

            本コラムは、地域の財産である「地財」を探訪するものである。全国の「伝統的工芸品(*)」の歴史を紐解きながら、関連する知財権情報と合わせて紹介していく。(知財権:特に、特許権、実用新案権、意匠権、商標権) (*) 伝統的工芸品:経済産業大臣によって指定された計237品目の工芸品(2022年3月18日現在) 例えば昭和時代に出願された特許情報には、職人の拘りや後世へ伝えたい想いなどが隠れているかもしれない。本コラムを通じ、数百年以上の歴史がある「地財」である伝統的工芸品の新た

            スキ
            2

            伝統鋳物「南部鉄器」を知財文献から紐解いてみた【地財探訪 No.4】

            本コラムは、地域の財産である「地財」を探訪するものである。全国の「伝統的工芸品(*)」の歴史を紐解きながら、関連する知財権情報と合わせて紹介していく。(知財権:特に、特許権、実用新案権、意匠権、商標権) (*) 伝統的工芸品:経済産業大臣によって指定された計237品目の工芸品(2022年3月18日現在) 例えば昭和時代に出願された特許等の情報には、職人の拘りや後世へ伝えたい想いなどが隠れているかもしれない。本コラムを通じ、数百年の歴史がある「地財」である伝統的工芸品の新た

            スキ
            5

            特許から教わる簡単ジュース【特許レシピによる料理⑪】

            ※ 本記事はパテントサロン「知財系ライトニングトーク#17 拡張オンライン版 2022 夏」向けに執筆したものです。 パテサロLT(ライトニングトーク)、7連続7回目の参加です。大阪桐蔭高校並みの出場歴になってきました。 そしてこの特許料理シリーズはいつの間にか11作目となりました。どこまで続くか…! 今回は「シンプルさ」をとことん極めた料理です。 超絶簡単で、4歳の子供でも実施できます。 では早速特許を眺めていきましょう。 特許レシピ:凍結ゼリー入り飲料(特許第2

            スキ
            13

            伝統木工「大館曲げわっぱ」を知財文献から紐解いてみた【地財探訪 No.3】

            本コラムは、地域の財産である「地財」を探訪するものである。全国の「伝統的工芸品(*)」の歴史を紐解きながら、関連する知財権情報と合わせて紹介していく。(知財権:特に、特許権、実用新案権、意匠権、商標権) (*) 伝統的工芸品:経済産業大臣によって指定された計237品目の工芸品(2022年3月18日現在) 例えば昭和時代に出願された特許等の情報には、職人の拘りや後世へ伝えたい想いなどが隠れているかもしれない。本コラムを通じ、数百年の歴史がある「地財」である伝統的工芸品の新た

            スキ
            5

            知財業界での大ピンチ~冒涜出願を避けるための情報調査~

            / 弁理士の日記念ブログ企画2022 \ こんにちは。新卒入社した電機メーカー知財部における特許業務を思い出し、経験した大ピンチ()について書いてみます。10年近く前のお話です。 背景や用語説明は以下のとおりです。 国内出願から数ヶ月後、「外国出願検討会」に向けた「知財レビュー会」が、知財部内で開催される。知財部長(ブッチョ)、課長(カッチョ)、先輩(パイセン)、後輩(コーハイ)に対して担当案件の発明内容を説明し、クレーム等についてあらゆる方向から「質問」を受ける場

            スキ
            12

            伝統染物「琉球びんがた」を特許文献から紐解いてみた【地財探訪 No.2】

            本コラムは、地域の財産である「地財」を探訪するものである。全国の「伝統的工芸品(*)」の歴史を紐解きながら、関連する知財権情報と合わせて紹介していく。(知財権:特に、特許権、実用新案権、意匠権、商標権) (*) 伝統的工芸品:経済産業大臣によって指定された計237品目の工芸品(2022年3月18日現在) 例えば昭和時代に出願された特許情報には、職人の拘りや後世へ伝えたい想いなどが隠れているかもしれない。本コラムを通じ、数百年の歴史がある「地財」である伝統的工芸品の新たな魅

            スキ
            4

            伝統漆器「津軽塗」を特許文献から紐解いてみた【地財探訪 No.1】

            本コラムは、地域の財産である「地財」を探訪するものである。全国の「伝統的工芸品(*)」の歴史を紐解きながら、関連する知財権情報と合わせて紹介していく。(知財権:特に、特許権、実用新案権、意匠権、商標権) (*) 伝統的工芸品:経済産業大臣によって指定された計237品目の工芸品(2022年3月18日現在) 例えば昭和時代に出願された特許情報には、職人の拘りや後世へ伝えたい想いなどが隠れているかもしれない。本コラムを通じ、数百年の歴史がある「地財」である伝統的工芸品の新たな魅

            スキ
            5

            特許から教わる楽しい冷奴【特許レシピによる料理⑩】

            ※ 本記事はパテントサロン「知財系ライトニングトーク#16 拡張オンライン版 2022 春」向けに執筆したものです。 パテサロLT(ライトニングトーク)、6連続6回目の参加です。 そしてこの特許料理シリーズはいつの間にか10作目となりました。飽きっぽい私にしては快挙です。どこまで続くか…! 今回は見た目に楽しい「冷奴」を作ってみました。 豆腐とお醤油さえあれば「30秒」で実施できます。 特許レシピ:豆腐、豆腐成形用具および豆腐成形方法(特許第5684933号)J-Pl

            スキ
            6

            【特許図面図鑑 No.13】図面で垣間見る日本の歴史⑥~平成後期・令和前期~

            ユニークで奥深い「特許図面」の世界を紹介するこのコラム。今回は「図面で垣間見る日本の歴史」シリーズ第六弾、平成後期・令和前期です。(過去のコラム:①明治期、②大正期、③昭和初期、④高度経済成長期、⑤昭和後期・平成前期) いよいよ最終回となりました。技術の結集により成される「空中ディスプレイ」関連の特許や、世間で話題となった飲食店の提供システムに関する特許、そして芸術的な演出表現についての特許などを紹介していきます。 福沢諭吉氏や高橋是清氏によって明治時代にもたらされた特許

            スキ
            3

            【特許図面図鑑 No.12】図面で垣間見る日本の歴史⑤~昭和後期・平成前期~

            ユニークで奥深い「特許図面」の世界を紹介するこのコラム。今回は「図面で垣間見る日本の歴史」シリーズ第五弾、昭和後期・平成前期です。(過去のコラム:①明治期、②大正期、③昭和初期、④高度経済成長期) 国鉄におけるリニアモーターカー関連や、幼少期に多くの人が触れたであろう懐かしい玩具、そして後のノーベル賞受賞へと繋がる発明など、10件を取り揃えました。 01 磁気浮上列車(特公昭57-043462号)出願人:日本国有鉄道 出願日:1978.7.26、公告日:1982.9.14

            スキ
            1