見出し画像

宇宙だのスピリチュアルだの本当はどうでもいい。

はじめに言っておくと、別にそれらを否定している訳ではない、ということだけはお伝えしておきたい。

最近になって、
宇宙人ですよね?とか、
あなたは元々宇宙人ですよ、とか、
そっち界隈の方々から言われることが増えた笑

もしかしたら、
そうかも知れないし、
そうじゃないかも知れない。
俺には分かりようがない。
だって、今人間ですから。
そして、
いわゆる『前世』を見る能力もないし、
前世の記憶も無い。

なんなら、
前世と言うものがあるかどうかすら分からん。
そして、宇宙人だ、と言う実感は無い。

けど、
前世があると思った方が生きやすくなる人がいる、
と言うのは間違いない。
これだけが事実だ。
そして、宇宙人ですよね、
って言ってくれる人がいるのも事実 笑

ハタチころの一時期、霊感のようなもの、があったことはある。
なんかはっきりとは見えないが気体のようなものがフワフワ浮いていて、
それには強い弱い(濃い薄い?)があった。

こっちを見てよー、
と言われているかのように首が勝手にすーっと動かされる。
そして、その方向には透明と言うかモヤというか気体のようなものが存在したのだ。
そこには引かれる強さと弱さの違いがあった。
これは俺の中の記憶に存在する事実だ。

2週間ほどでパタリと無くなったので、
あれは何だったのか、
とインターネットを使ったり、
当時mixiを使って知らない人にメッセージを送ってみたりして理解しようとした。
結局のところはよく分からなかった。
脳みその異常だった、と思えば簡単。
けど、あってもおかしくないかもな、
と思うようになった。
正直、この経験が無かったら、
いわゆる『見えない世界』と言うのは全く信じられなかったかも知れない。

きっと自分の信じたいものによって世界は見え方が変わる。
他者の意見や感覚を信じたいと思えばそれも良い。
それらを自分の中の世界にどのくらいの『信じたい』で存在させるか否か、だ。

自分は他人にはなれないし、
他人は自分にはなれない。
他人に寄り添うことは出来ても、
当事者にはなれない。
そして、同じ経験をしても全く同じ感情、感覚は無い。
丸っ切り同じ人生なんてありえない。
全く同じ行動をし続けたとしても、
視点が違う。立ち位置が違う。

これを書きながらも、
言語化出来ることなんてたかが知れてる。
と思ってる。
これを読んだところで解釈が様々なように。
今ある自分の中にある過去の積み重ねに基づいて変化する。
未来にはあなたの解釈が変わるかも知れないしね。

それぞれの自分の中にしか全て存在しない。
から、俺の当たり前は他にとってはもちろん当たり前じゃない。

これから科学が発達して記憶の移植も可能になるかも知れないし、
すでに他人の記憶が埋め込まれているかも知れない 笑
3歳の頃の記憶とか昔の記憶が本当に自分の体験した記憶と言い切れるのか、
と言ったら自信がない。
親や周りの人から聞いた話が記憶として形成されているような気もする。

ただひとつ言えることは、
自分が生きやすくなるために、
今を生きていることは間違いない。
あと、自分以外の自分を考える時の想像力は大切ね。
けど、そこに正解は無い。
他者にならないと完璧には分からないから、ね。

今日もあなたは『自分』を生きやすくするために行動しています☺︎
辛いと言う経験も含めてね☺︎

おかむら

いつでもサポート大歓迎でございます!☺︎ (無職の甘え 笑)