栗麻呂ノ暗号

34

「さよならの夏」~映画『インターステラー』深読みネタバレ解説:後篇

じゃあ続きを始めようか… ちょっと待って!前編を未読の方はコチラをどうぞ! ついでに登場人物紹介も貼っとくで。 お前たち、肝心の歌を忘れてるぞ。 では映画『インターステラー』にとって最重要な3番を見ていこう。 ブラックホールから脱出した後の物語が、ここにすべて凝縮されている… …

「さよならの夏」~映画『インターステラー』深読みネタバレ解説:前篇

『さよならの夏』来たァ! 君もコクリコわれもコクリコ! ちなみにパリで「コクリコ」の短歌を詠んだ与謝野晶子は、ドーバー海峡を渡りロンドンへ向かった。 もしかしたらダンケルクも訪れたかもしれないね。 僕、文学部なんでアキコ・ヨサノの名前は聞いたことあります。 ところでダンケルクっ…

『インターステラー』徹底解剖『Love is Everything』愛はメモリ化で…

え!?ノーラン!? どうしたんや急に!? 書きたいことがたくさんあってね… だけどきのう『LIFE』の解説が終わったんで、久しぶりに過去の記事を読み返したんだ。 そしたら「いくらなんでも深読み過ぎでしょ!」って突っ込みたくなるものが多くて笑えたよ。 書いたの全部お前やろ。 でも中に…

<ノーランと宮崎駿>最終章⑤「take me home...」

これまでのあらすじ 1989年のロンドンから現代にタイムスリップして来た大学生クリストファー(19歳:以下「過去クリ」)は、自分が未来の世界で映画監督となり、自身の作品において「俺のジブリ美術館計画」をはじめとする3つの計画を実行していることを知らされる。それらの計画は、深い宮崎駿愛と…

<ノーランと宮崎駿>最終章④「りぼん」

これまでのあらすじ 1989年のロンドンから現代にタイムスリップして来た大学生クリストファー(19歳)は、自分が未来の世界で映画監督となっていることを知らされる。若くして数々のヒット作を生み出すその原動力は、少年期からの憧れ「宮崎駿」への複雑な思いだった。懐古的なジブリ美術館や安易な世…

<ノーランと宮崎駿>最終章③「コンクリート・ロード」

これまでのあらすじ 1989年のロンドンから現代にタイムスリップして来た大学生クリストファー(19歳)は、自分が未来の世界で映画監督となっていることを知らされる。若くして数々のヒット作を生み出すその原動力は、少年期からの憧れ「宮崎駿」への複雑な思いだった。懐古的なジブリ美術館や安易な世…

<ノーランと宮崎駿>最終章②「I'm in the mood for . . .」

前回までのあらすじ 1989年のロンドンから現代にタイムスリップして来た映画好きな大学生クリストファー(19歳)は、自分が世界的映画監督となっていることを知らされる。現代の巨匠とまで呼ばれるクリストファーの映画作りの原動力は、少年期からの憧れ「宮崎駿」への複雑な思いだった。懐古的なジブ…

<ノーランと宮崎駿>最終章①「BACK TO 1989」

これまでのあらすじ 1989年から現代へタイムスリップしてきたクリストファーは、自分が未来において映画監督となり世界的巨匠とまで呼ばれることを知る。しかもその原動力となったのは、少年時代からの憧れ「宮崎駿」そして「ゲド戦記」への想いだったのだ。クリストファーは未来において『俺のジブリ…

クリストファー・ノーランの映画を理解する上で重要な「7つの歌」~まとめ~

ノーランシリーズ再開かと思ったら、なんや「まとめ」か。 7つの歌も全部紹介したし、前回から10日間ほどあいてしまったのもあるしね。 確かに流れを忘れちゃったかも。 まず1曲目はコレだったね。『インセプション』の元ネタになった歌。 『ルージュの伝言』松任谷(荒井)由実  歌:まりっ…

ノーランと宮崎駿を結ぶ7つの歌【第12話】Love is Everything前篇(ルパン三世TV第2シ…

前回までのあらすじ 1989年から現代へタイムスリップしてきたクリストファーは、自分が未来において映画監督となり世界的巨匠とまで呼ばれることを知る。しかもその原動力となったのは、少年時代からの憧れ「宮崎駿」そして「ゲド戦記」への想いだったのだ。クリストファーは未来に自身の映画を使って…