見出し画像

半日で仕上げるBCP講座(在宅事業所向け

外岡潤

講座動画配信の背景、想い


おかげさまです、介護弁護士の外岡(そとおか)と申します。

介護・福祉事業所の皆様は、もうBCP(業務継続計画)は作り終えられましたでしょうか?

おそらく、「分かってはいるけど、なかなか着手できない」という方が多いのではないかと思います。
特に、ケアマネージャーや訪問介護、デイサービスなどの在宅事業所。(BCPと聞くだけでユウウツ…)ではないでしょうか。

施設系であれば、何となくやるべきこともイメージできるので、見様見真似で完成させたというところも多いことでしょう。

しかし、在宅・訪問系は、不思議なほどBCPに関する情報が少ないのが実情です。

何より、「BCPとはこういうものである」ということが分かる、雛形(モデル規定)が無い。

これは深刻な事態です。誰にとっても初めての取組であるにも拘わらず、目指すべき最終形が分からないのですから。
ケアマネでいえば、自分が担当するご利用者に対しては何をどこまですればいいのか。全ご利用者の避難を手伝わなければならないのか… 悩んでしまって、一文字も埋めることができません。

BCPとは、元々ビジネス業界全般に対して提唱されたリスクマネジメントの方法であり、当然ながらメーカー、物流、サービス等、事業形態ごとに大きく異なります。
 その中でも、認知症等で判断力が不十分なご利用者を相手とする介護・福祉の事業は、被災したときに備え計画を予め練っておくことは極めて困難な試みであるといえるでしょう。
 例えるなら、山の中でも最高峰のエベレストに登るようなものです。

いきなりBCPなる言葉が降って湧いて、「全事業所は3年以内に登頂(完成)せよ」と国から命じられました。

登山の初心者である介護職員に与えられた装備は、厚労省発のガイドラインのみ。しかしそこに書かれていることはあまりに網羅的であり、一から読み進めることは山の1合目から一歩ずつ歩き出すようなものです。
さらに言えば、動画内でも解説していますが、このガイドラインには「ケアマネ固有のBCP項目」等、肝心の知りたいことが書かれてないのです。

それでは、とても期限には間に合わず、早晩挫折してしまうでしょう。

そこでこの動画の出番です。
この動画は、令和4年6月、埼玉県熊谷にて、私外岡が在宅事業者の方向けに行ったBCP作成の講義と勉強会の様子を撮影・編集したものです。

本動画の特長は、ともすれば理想論・抽象論になりがちなBCPについて、徹底した実務目線で解説し、実際に作り上げるところまで確実にご案内する、という点にあります。
講師は弁護士ですが、日々寄せられる相談事例から、いかなる場合に法的責任が生じるのか、非常事態にどのような行動を取ることが法的観点からは望ましいのかを常に考えています。介護・福祉領域専門のキャリアで培った知見を総動員し、厚生労働省にも裏を取った確実な情報を、法令を基に解説します。

最大の売りは、動画に付属するBCPの雛形です。これを手に入れれば、ケアマネージャー事業所がどのようなBCPを作れば良いかを簡単に把握することができるでしょう。

それは、山登りでいえばちょうど高尾山をロープウェーで7合目付近まで一気に登ってしまうようなものです。
それは決してずるいことではありません。「一から自分の足で登らなければならない」とはどこにも書いていないからです。

BCP策定の目的は「いざというとき適切に動けること」であり、完全オリジナルのBCPを作ることではありません。

BCPには、感染と災害の二種類があります。感染については、基本的に「パクリ」(真似)で構いません。ですから、まずは感染の雛形をベースとして、さっさと作ってしまいましょう。
災害対策はある程度想像力を働かせ様々な場面や可能性を考える必要がありますが、それもモデル規定を参照しながらであれば格段にスムーズに進められます。
こうして、ともかくも7合目まで登ってしまうことで、見える景色(課題や展望)も大きく違ってくるのです。

私は、在宅事業所にとってBCP策定があまりに過大な負担となっていることを知り、特にそのような法整備の余裕のない中小・零細の事業所を応援したいという思いで、この勉強会を開催し、動画を作りました。
何故中小を応援するかというと、日本の介護福祉の事業所は中小が大多数であり、そうした事業所が潰れてしまえば合理化や画一化が押し進められ、支援者がご利用者と心を通わせられるような血の通った介護が消滅してしまう、と危惧しているからです。

勿論、だからといって「大手はお断り」というスタンスではありません。
BCPのことで悩む全ての人にとって、この動画がお役に立つことを願っています。

動画の概要:

no.1(1時間1分)セミナー本編
no.2(29分)BCP雛形の解説と参加者によるグループワーク
no.3(47分)各グループの発表と災害後対応の補足

動画の目次(スライド一覧)

1 いつまでに、何を最低限すべきか 令和3年報酬改定に伴い出された「宿題」
2 進まぬBCP策定 中小事業所ほど対応できず
3 締め切りまでにBCPができていないと、運営基準減算?
4 BCP(Business Continuity Plan )とは
5 問題は、役に立つ雛形がないこと・際限がないこと
6 コンプライアンス的発想でつくる、「最低限」のBCPとは
7 コンプライアンスの理不尽さ ~ある居宅を襲った事件から考える~
8 首都直下型地震を警戒せよ
9 介護職は自らを犠牲にしなければならないのか?
10 改正災害対策基本法で導入された、個別避難計画とBCPの関係?
11 「担当利用者の避難についてもBCPに記載が必要?」厚生労働省に聞いてみた
12 ケアマネBCPの結論
13 各種雛形の徹底解説
14 BCP策定のコツは、緊急時から◯◯してつくれ
15 災害と感染症の比較
16 BCP策定の災害・感染それぞれのポイント
17 グループワークでつくるBCP
18 大災害は自然との「戦争」~被災後72時間をリアルにイメージする~

想定している視聴者
在宅介護事業所(ケアマネージャー、訪問介護・看護 訪問入浴 福祉用具 デイサービス ショートステイ等)
※特養、老健、有料老人ホームなどの施設系向けではありません。

講師略歴:


外岡潤(そとおかじゅん)
弁護士、ホームヘルパー2級。「弁護士法人おかげさま」代表。
介護・福祉の業界におけるトラブル解決の専門家。
介護・福祉の世界をこよなく愛し、現場の調和の空気を護ることを使命とする。介護トラブルの典型である「高齢者の転倒・骨折」の平和的解決策を模索する中、トラブルの話し合いで解決する調停技術「メディエーション」と出会い、日々研究している。
YouTubeにて「介護弁護士外岡潤の介護トラブル解決チャンネル」を配信中。
https://www.youtube.com/user/sotooka

特典:

有料版の特典
BCPサンプル(雛形)の災害・感染両バージョンを、
①ケアマネ、②デイサービス、③訪問系の各事業所ごとにカスタマイズしたものをプレゼント。
レジュメのスライドをダウンロード可(PDF)。

価格設定
通常価格8400円のところを、特別セール期間中は4980円で販売致します。

講座動画を見る(以下の有料記事内に載せてあります。)

追記:法人購入の場合
基本noteではクレジットカード払いになっております。
法人利用で銀行振込をしたい場合はこちらのメールアドレスに
直接一報いただければ事務局がその都度対応いたします。
info.okagesama22@gmail.com

この続きをみるには

この続き: 334文字

記事を購入

4,980円

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!