【まだまだ出て来る広河問題】身内の”リアルエロマンガ”を見過ごして来た偽フェミ界隈の罪深さ

新たな広河問題、metoo砲

これまで ”metoo” を自分達の専売特許かのごとく振舞って来た偽フェミ界隈に対し、またしても強烈なmetoo砲が発射された。
今回もまた広河隆一氏による被害を受けたという告発なのだが、内容はパワハラにとどまらず、強姦容疑と呼んで差し支えない逃げ場のないもの。

これに対し、伊藤和子・HRNら

これまでオタクや秋葉原といった属性に対して苛烈な攻撃を繰り広げ、針小棒大に騒ぎ立て、国連経由で外圧を掛けるといった卑劣な手段を使い続けて来た連中

は、相変わらずの他人事的な反応しかしていない。
実に不思議な事があるものだ。

さて、新たな広河問題をすっぱ抜いたのは、またしても文春。元記事は有料なので、興味のある方は課金して読んでみて欲しい。

『広河隆一氏に「2週間毎晩襲われた」新たな女性が性被害を告発』
http://bunshun.jp/articles/-/10578
「週刊文春」(1月3・10日号)でライターの田村栄治氏が報じた世界的フォトジャーナリスト・広河隆一氏(75)の性暴力告発記事。それを読んだ首都圏のある主婦から、新たな告発が寄せられた。

この告発を読む限り、広河氏のやらかした事は実に卑劣で、先にも言ったがレイプ以外のなにものでもない。しかも卑怯極まりない手口で事実上 ”軟禁” しているのだから、下手をすると 「逮捕・監禁罪」も成立してしまうのではないかと思えて来る。

特にゲス過ぎて言葉も出ないのが、事の発端が「ジャーナリスト志望の被害女性が参加した、女性差別をテーマにした集会」であったこと。そこで講演した広河に声をかけられれば、そりゃ世間知らずの女子大生は人生の転機と受け止め、ノコノコついて行ってしまうだろう。
またそこには「大学が選んだ講師だから」「マスコミも認めたジャーナリストだから」「名のある女性団体が尊敬している人物だから」という安心感もあったと思われる。

もしもこの被害女性の迂闊さを非難する声があったとすれば、それ以上に大学や広河氏を有り難がって使っていたメディアや女性団体らも、それ以上の罪とされなければおかしいだろう。

この続きをみるには

この続き: 2,372文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンに入っている、もしくは今後追加される記事が月額500円で全て読み放題。メインとなるお固い系の記事と、週に2~3本追加されるその他の限定記事とで、毎月20本程度はアップできるよう頑張っています。限定記事の中には、本来私がフィールドワークとしているグルメ・飲み歩き系の記事や動画、下町や商店街をテーマにした地域批評ネタなど、幅広いジャンルが含まれます。記事を単品でご購入いただくより遥かにお得です。

IT(インチキ)ライター荒井禎雄がお届けする月額制マガジン。時事ネタや表現問題に関するテーマのほか、グルメ・飲み歩き・地域批評など、多岐に…

または、記事単体で購入する

【まだまだ出て来る広河問題】身内の”リアルエロマンガ”を見過ごして来た偽フェミ界隈の罪深さ

荒井禎雄

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

皆様からの金銭サポートがあると、子育てに追われる哀れなオッサンの生活がいくらか楽になると思わせておいて、息子の玩具やお菓子や遊園地代で殆ど溶けます。

4
板橋区の専門家を自称するフリーライターだったが、ハッタリが本当になって板橋区に関する著書が複数、板橋区公式の観光本にも参加。時事ネタのコメンテイターとしてTV出演歴(NHKなど)もアリ。 ご意見ご要望は→ https://twitter.com/oharan

こちらでもピックアップされています

月刊汁マガジン【2019年2月号】
月刊汁マガジン【2019年2月号】
  • 15本
  • ¥500

IT(インチキ)ライター荒井禎雄がお届けする月額制マガジン。時事ネタや表現問題に関するテーマのほか、グルメ・飲み歩き・地域批評など、多岐に渡る記事や動画を詰め込みます。 ※毎月約20記事アップ予定。一度ご購入いただきますと、その月のマガジンに追加されるすべてのコンテンツが見放題になります。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。