沼田 晶一朗 / ぬま田海苔 合羽橋本店

株式会社NUMATA HARUO SHOTEN、ぬま田海苔 4代目当主。前職はGap Japan、17年勤務したのち実家の海苔屋へ転職。海苔のこと、かっぱ橋のこと、お伝えしていきます。https://numatanori.com/ Twitterは@numatanori1937

沼田 晶一朗 / ぬま田海苔 合羽橋本店

株式会社NUMATA HARUO SHOTEN、ぬま田海苔 4代目当主。前職はGap Japan、17年勤務したのち実家の海苔屋へ転職。海苔のこと、かっぱ橋のこと、お伝えしていきます。https://numatanori.com/ Twitterは@numatanori1937

    マガジン

    • #お店 記事まとめ

      • 2,218本

      思想を持ったお店をつくったり、運営、デザインをしているひとやその感想などの記事をまとめるマガジンです。

      • #お店 記事まとめ

        • 2,218本

    最近の記事

    • 固定された記事

    かっぱ橋に突如現れた謎の海苔屋、その正体は…

    大正元年の頃、小道具商が軒を連ねたことが始まりと言われる「かっぱ橋道具街」。菊屋橋の交差点から言問通り(ことといどおり)まで約800mに渡って伸びる道具街通りに、今では総数170を超える個性豊かな店舗が並んでいます。そのちょうど真ん中を通る、元々は上野と浅草を高僧が詣でる為の「御成道」として繋げられた通り、それが「かっぱ橋本通り」と呼ばれています。 そんな歴史ある二つの通りが交わる場所に 2018年の5月、ポツンと現れた海苔屋がありましたとさ… 皆さま、初めまして! わた

      • 海苔漁師が語る『僕たちは毎年1年生』という言葉の意味。

        どう頑張っても、言葉や文章だけでは伝えきれないことがある。 『noteで発信している人が言うの?』そう思う方もいるかもしれませんが私自身がいつも歯痒く思うこと。 特に生産者がどれだけの努力を重ね市場に商品を提供しているか? そこは本当に難しい。 時には"ストーリー"や"マーケティング"という言葉が先に出て、本当に伝えたいことが皆さんに届いているのか?と不安になることも。 だからか、気づけば私がnoteを書き続ける理由は『発信したい』から、『本質をもっとうまく伝えられるよ

        • おいしいお米と海苔が楽しめる飲食店さんまとめ。

          秋も深まれば新米がおいしい季節に。 『お客さまのマイベスト米は何ですか?』なんて推し米トークが楽しい今日この頃です。 日々お店でも伝えていますが、海苔と相性の良い食べ物はお米だけではないと思っています。でもお米がおいしい季節こそ、おいしい海苔と楽しみたいですよね。 本日はぬま田海苔を使ってくださっている飲食店さんの中でも、お米と海苔の組み合わせにこだわってくださっているお店を中心にご紹介していきます。 『お米と海苔が大好きだ!』という方はゆるりとお付き合いください。 見

          • インバウンドが戻りつつある今こそ、やっておきたいこと。

            10月11日より入国時の水際対策が緩和されたこともあり、かっぱ橋道具街の空気感がガラッと変わりました。以前と同じとはいかないものの、コロナ前を思い出すような海外客で溢れる商店街。 円安の影響も大きく、様々なお店のショッパーを持ち歩く海外客を見かけるように。本当に嬉しいことですね。ぬま田海苔だけでみても13日以降グッと海外客の売上が伸びており、レジで免税手続きをしない日がほぼない状況です。 コロナ前には店舗で海外客に海苔のワークショップを開催したこともありました。 『世界

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • #お店 記事まとめ
            noteマガジン 他

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            3年ぶりに開催!「かっぱ橋道具まつり」でおすすめの魅力あふれるお店まとめ。

            3年ぶりに「かっぱ橋道具まつり」が帰ってきました。 前回開催が2019年10月。ここから想像もしなかったような出来事を乗り越え、またこの日が迎えられ嬉しい! 「かっぱ橋道具まつり」とは10月9日「道具の日」前後に開催される料理道具の祭典。普段休日のお店も開け、売り出し商品から1点ものの希少品まで並ぶ、最もかっぱ橋道具街が賑わう時期です。 今日はそんなお祭りを楽しんでもらうために有名店はもちろん、この3年で新しくOPENしたお店も含めご紹介。 来店が難しい方もリンクを貼りつ

            海苔漁師の夏休みの過ごし方。

            海苔の養殖シーズンは海が冷たい秋から春にかけてが本番。 冬の寒い時期の過酷な海苔漁を終え、漁師さんたちは今夏休みを過ごしています。 貴重な夏休み、どんな過ごし方をしているのでしょうか? 本当にのんびりお休みしているのか? 海苔漁師さんのオフシーズンの過ごし方について研究してみました。 本日もゆるりとお付き合いください。 【海苔屋への挨拶まわり】シーズンオフの6〜8月、海苔の生産者さんたちはお世話になっている全国の海苔屋さんへ挨拶まわりや視察を行っていきます。 何度かT

            夏におすすめ!手軽でおいしい海苔レシピ。

            7月も終わりに近づき、本格的に暑い日々がやってきました。 食欲が湧いてこない日もあるかもしれませんが、この暑さを乗り切るためには食べることは必要です。 『手軽にサッと栄養補給したい。』 そんな時に、海苔は栄養豊富で夏バテ防止にもおすすめの食材です。 本日はそんな海苔を活かしたお手軽レシピ、中でも夏が旬の食材や冷んやりレシピも含めご紹介していきます。 山口祐加さんに樋口直哉さんなど、noteでお馴染みの料理家さんのレシピもあるので、ぜひ参考に! 本日もゆるりとお付き合いく

            海苔屋が"おすすめ"する様々な産地の海苔まとめ。

            私が海苔屋に転職し早4年が経ちました。 ここまで生産者さんや海苔屋さんにひたすら質問し学び、様々な食材とのペアリングで海苔の可能性を探る日々。 中でも大切にしてきたのは『他の海苔屋さんの海苔も食べて勉強する』ということです。 すると『海苔屋さんによっても、それぞれ強みや得意な産地があるんだな』ということを強く感じました。食べくらべる中で自分たちの海苔の位置付けも確認できる。 他の海苔屋さんはライバル、というよりは同じ業界で戦う仲間で役割が違うな、と感じるようになりました。

            多様な職種のスタッフさんに支えられる海苔屋のお話。

            2018年5月に海苔屋を合羽橋にOPENした当初、スタッフは私と母のみでした。 あれから4年…今では8名体制に。 気付けば信頼できるスタッフさんばかり。本当に心強い毎日です。 と言っても社員ではなく、私と母以外は副業として働くアルバイトさん。 バーの店主、ジュエリー製造、着物の着付師見習い、アパレル販売員、バーテンダーと様々。 海苔屋で副業として働くことのメリットとは? 今日はスタッフさんを紹介しながら、ゆるりとお話していきます。 ぬま田海苔でのお仕事に興味ある方は、ぜひ

            母がメガネを買いかえたかった、本当の理由とは。

            とある日の午後、こんな事件がおきた。 母が、なかなかの金額の眼鏡を予約してしまったのだ。 『良い眼鏡をすごく安く買えたみたい。』という母を横目に、私の周りの兄弟達がざわめきだす。 眼鏡についてよく知る兄弟たちからしたら、少し高い金額だったようだ。 母と話し合い一度キャンセルしたものの、本人はまだ納得はできていないようだった。 『どうしても今より良いメガネが欲しいのよ。』 70歳をこえる母が、なぜ急にメガネを買いかえようとしたのか? 海苔屋で一緒に立つようになり4年が経ちま

            羽根つき焼きおにぎりの新味販売開始!~海苔屋が冷凍食品ECをやって感じた可能性とは?~

            今この時代を生き抜くためにたどり着いた"変化"。 私たちが出した答えは"冷凍食品EC"を始めることでした。 そんな決意から海苔屋がはじめた冷凍食品ECビジネスもスタートから1年を迎えます。 そしてこの記念すべきタイミングで、新しい味の焼きおにぎりを発売開始いたしました! 『リアル店舗に依存したビジネスから、概況に左右されにくいWEBビジネスへ。』 『自分たちの強みである初摘み海苔を活かした、新しいおいしさを提供する。』 『レンチンで海苔を巻けば、時短で出来たてのような贅沢

            海苔をデザインして製品化するまで。

            春の訪れを感じる、あたたかく過ごしやすい気候。 それは海苔漁もいよいよ終盤戦であることも教えてくれます。 海苔がおいしく育つのは海温が冷たい期間、秋の終わりから春にかけて。 初摘みから10番摘み以降まで、海苔を収穫し続けます。 その度に海苔入札も行われますので、買い付けた海苔を休む間もなく製品化していかねばなりません。 昨年、海苔入札について記事を書きましたが、おかげさまで今年もおいしい良い海苔を買い付けることができました! では買い付けた海苔をどうやって製品化し、店

            ぬま田海苔を使った料理が食べられる『こだわり食材の飲食店さん』まとめ!

            この2年、自分の中で一番変化があったこと。 それは外食の機会が非常に多くなったということです。 増える"おうち時間"を有意義にしてもらおうと、コンテストを開催するなどもしてきましたが、それは飲食店さんにとってどうなのだろうか…? 時代に逆行しているかもしれませんが、決められたルールを守りながら積極的に食べに行こう。 お店がつくる雰囲気、ところどころから伝わる店主のこだわり、思いがけないフーディーたちとの出会い。 そして何より出来たてのおいしさ。 訪れるたびに幸せを感じます

            個人経営の海苔屋が、なぜメディア掲載年間20本以上達成できたのか?要因をたどってみた。

            2021年もいよいよ今日で最後。振り返ってみると、今年1年ありがたいことに多くのメディア様に取り上げていただいていました。 その数なんと24本。 規模感としてそこまで多くはないかもしれませんが、個人経営の海苔屋としてはなかなか頑張ったように感じます。 PR費用も実はプレスリリース配信以外は¥1も使っていないのです。 そして今年はその配信も1回のみ。 それなのになぜ20本以上メディア掲載を達成できたのか? 本日はピックアップした記事をリバースしながら要因を探ってみます。 ど

            開幕戦が最終戦?その年最初の仕入れに全てを賭ける、海苔屋のお話。

            年も暮れ、11月になると海苔屋はだいたい憂鬱になります。(特に私) なぜなら海苔の入札、買い付けシーズンが始まるからです。 どんな海苔が買えるのか?表向きはワクワク。 中身は受験のような半端ないプレッシャー。 その年の買い付けに自分の海苔屋はもちろん、卸先やその先のお店の命運もかかってくるからです。 長年海苔入札を担当してきたプロを持ってしても100点満点の買い付けなんてないそう。 卸先や自分たちのお客さまにふさわしい美味しい海苔を仕入れるのはもちろん、いくらで仕入れた

            かっぱ橋道具街《裏》に広がるクラフト・タウン「松が谷」。 料理道具とモノづくりの街"ココHESO"へ!

            かっぱ橋道具街といえば、日本を代表する料理道具の聖地。 器やユニフォーム、暖簾に看板まで、なんでも揃ってしまいます。 WEBで買い物できるこの時代に、わざわざかっぱ橋までやってくる。 まさに時代と逆行したくなるほど魅力に溢れた商店街。 でも皆さん知っていましたか? そんな賑やかな通りの裏側に、"モノづくり・モノ選びのお店"が立ち並ぶことを。 かっぱ橋まで来たなら、料理道具だけではもったいない! ぜひ存分に楽しんでいってください。 本日はかっぱ橋道具街"裏"に広がるクラフ