見出し画像

呼吸器疾患での血ガスの見かた Part①

本日も臨床BATONにお越しいただきありがとうございます。

144日目を担当します、佐賀で急性期病院に勤務しています『小徹』です!

今回は『呼吸器疾患での血ガスの見かた Part①』についてお話ししていきたいと思います!

みなさんは動脈血ガス(以下:血ガス)データはアセスメントに活用していますか?

病院や施設によっては、血ガスと接する機会が少ないかもしれません。

しかし、この血ガスデータは検査結果を理解していくと、患者さまの目に見えない内部の状況を把握し、アセスメントする上で非常に重要なデータとなり得ることがあります。

例えば低酸素血症かどうかはパルスオキシメーターを使用することでおおよそ予測できますが、血ガスではpH、PaCO₂、HCO₃-、アニオンギャップ(AG)など血ガス分析をしないと分からないものもあります。

今回の記事では、呼吸性の変化にかかわる『pH』『PaCO₂』『HCO₃-』の3つに着目してみたいと思います!

続きをみるには

残り 2,084字 / 7画像
この記事のみ ¥ 200
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?