呼吸器疾患での血ガスの見かた Part①
見出し画像

呼吸器疾患での血ガスの見かた Part①

本日も臨床BATONにお越しいただきありがとうございます。

144日目を担当します、佐賀で急性期病院に勤務しています『小徹』です!

今回は『呼吸器疾患での血ガスの見かた Part①』についてお話ししていきたいと思います!

みなさんは動脈血ガス(以下:血ガス)データはアセスメントに活用していますか?

病院や施設によっては、血ガスと接する機会が少ないかもしれません。

しかし、この血ガスデータは検査結果を理解していくと、患者さまの目に見えない内部の状況を把握し、アセスメントする上で非常に重要なデータとなり得ることがあります。

例えば低酸素血症かどうかはパルスオキシメーターを使用することでおおよそ予測できますが、血ガスではpH、PaCO₂、HCO₃-、アニオンギャップ(AG)など血ガス分析をしないと分からないものもあります。

今回の記事では、呼吸性の変化にかかわる『pH』『PaCO₂』『HCO₃-』の3つに着目してみたいと思います!


🔳『pH』『PaCO₂』『HCO₃-』について

この3つを簡単に結論付けると

この続きをみるには

この続き: 2,212文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンでは今まで投稿してきた全ブログ168本が入った詰め合わせパックとなっています。 このblogは、臨床BATONと言って脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている臨床の悩みや発見を読者の皆様と共有し、さらに全国のセラピスト達とバトンを繋いで、一緒に学ぶ成長していくことを目指したblogです。そんな想いをもったメンバーが集まってblogを書いています。

全国展開している脳外臨床研究会に所属するメンバー達が、『臨床で起こる悩み』『臨床での気づき』を読者の皆様と共有し、また知識を繋げていきたい…

または、記事単体で購入する

呼吸器疾患での血ガスの見かた Part①

脳外ブログ 臨床BATON

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!メンバーがHAPPYになります
脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている『臨床の悩みや発見』を『臨床BATON』というテーマで、読者の皆様と共有し、全国のセラピスト達と毎日バトンを繋いで、一緒に学び、成長していくことを目指しています。 そんな熱い想いを持ったメンバーが集まっています😊!