田舎の一匹狼セラピストが考える「当事者意識について」
見出し画像

田舎の一匹狼セラピストが考える「当事者意識について」

10月より臨床BATONが300円の有料マガジンになりました。 
 以前の記事は、この臨床BATONより1記事100円で購入可能ですが、新たなマガジンである臨床BATONマガジン(有料)では、マガジンを300円で購入いただくと今までの記事を全て読むことができます。
 ブログを読んでいただける事で、評価の意義や評価・治療の新しい視点、セラピストに必要な姿勢や人間性、そして、セラピストが抱える悩みなど多くの役立つ情報を得ることが出来ます。
これからも『ブログメンバーと共に学び、成長していくことを目指したブログ』を皆様にお届けするために切磋琢磨していきます。
パワーアップした「臨床BATON」をどうぞよろしくお願い致します。

本日も臨床BATONにお越し頂きありがとうございます。
29日目を担当させて頂くのは、最近、職場に「仕事は楽しいかね」という本をデスクの上に置き、同僚を少し変な雰囲気にさせてしまった「田舎の一匹狼セラピスト」ことPT貴田農士です。(←変な意味は無いです。ただ休憩時間に続きを読み切ってしまおうと思っていただけです)

さて、突然ですが、皆さんがリハビリテーションの専門職を目指したきっかけは何ですか?
ちなみに私は薬剤師の母や看護師の姉による薦めです。
本当は、アフリカの難民や地雷で足や手を失ってしまった人たちへの医療的な支援をすることが小さい頃の夢でしたが、いつのまにかこんな感じになっています(後悔は今のところないですよ)

たまに、この仕事を目指したきっかけが「昔、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士にリハビリでお世話になって・・・・」という方もいると思いますが、そのような方々は今の自分の仕事や対象者との関わり方にそのような経験はどのように、どのくらい活かされているのでしょうか?とても気になります。

また、最近職場で体調不良などが重なりだんだん動けなくなってきてしまった90歳以上の男性の対象者に「この気持ちはなった人にしかわからない」とおっしゃられました。

70歳代でもともと明るい性格、運動習慣も多く、建築関係の仕事をしていて活動的だったとの事でしたが、今は脳卒中でほぼ寝たきりになってしまっている男性対象者の方にhopeを聞くと「あるけど言いたくない」とおっしゃられました。


はたして、対象者の本当の気持ちとはどのようなものなのでしょうか・・・?


ということで、今回は「当事者意識について」という題目で投稿させて頂きますので、少々お付き合いいただければ幸いです。

・はじめに

この続きをみるには

この続き: 6,848文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンでは今まで投稿してきた全ブログ168本が入った詰め合わせパックとなっています。 このblogは、臨床BATONと言って脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている臨床の悩みや発見を読者の皆様と共有し、さらに全国のセラピスト達とバトンを繋いで、一緒に学ぶ成長していくことを目指したblogです。そんな想いをもったメンバーが集まってblogを書いています。

全国展開している脳外臨床研究会に所属するメンバー達が、『臨床で起こる悩み』『臨床での気づき』を読者の皆様と共有し、また知識を繋げていきたい…

または、記事単体で購入する

田舎の一匹狼セラピストが考える「当事者意識について」

脳外ブログ 臨床BATON

100円

この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
You're the best(あなたって最高)
脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている『臨床の悩みや発見』を『臨床BATON』というテーマで、読者の皆様と共有し、全国のセラピスト達と毎日バトンを繋いで、一緒に学び、成長していくことを目指しています。 そんな熱い想いを持ったメンバーが集まっています😊!