「環境をコーディネートする」〜対象者様の行動が変わる環境設定〜
見出し画像

「環境をコーディネートする」〜対象者様の行動が変わる環境設定〜

脳外ブログ 臨床BATON

おはようございます。臨床BATONのご購読いただきありがとうございます。
213日目担当の他業種の経験を経てOTになり、休日は主夫や家事に日々奮闘しているごっちんです。今月もよろしくお願い致しますm(_ _)m

あっという間にもうすぐ6月ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
今年は梅雨入りも最速ということもあって雨も多くてジメジメする時期になりました(汗)
新年度を迎えて早2ヶ月、人の入れ替えや環境にも少しづつなれてきた頃でしょうか。

私は最近環境ってつくづく大切だと感じたことが多く体験したこともあり、今回のテーマとさせていただきました。

「環境をコーディネートする」〜対象者様の行動が変わっていける環境設定〜と題しまして
対象者様のADL・行動を変えるため環境によって人が変わっていける可能性を臨床経験を交えてお話していきたいと思います。

はじめに


結論から申しますと、環境をコーディネートするということは「環境が変化することで、本人の身体機能面を最大限引き出したなかでの行動・活動レベルに変化を出すこと」が可能になると考えます。

人が行動を変えるには行動変容モデルがあるという説明を前回のブログでさせていただきました。
行動変容についての記事は前回の記事を読んでいただけたらと思います。前回のブログはこちらhttps://note.com/nougeblog/n/n42dc060d8f68?magazine_key=m1d5aa60d66dc

行動変容を起こしていくためにも環境をコーディネートすることは重要であると考えます。

私の経験
私は療養・維持期病院に勤めていますが、人が行動変容していく上で心身機能を向上させていくことは大事です。しかし、心身機能があがったからといってADLや行動変容が変わるわけではありません。それには環境が活動・参加において行動制限させているという印象が強く感じました。
制限をかけている環境因子はどこからきているのか、またそれをコーディネートすることが行動変容を起こすきっかけにつながると思ったのです。

環境について考えていく前に…
環境にまつわる言葉を整理しながら考えていきたいと思います。

この続きをみるには

この続き: 4,013文字 / 画像3枚
このマガジンでは週3日、明日から臨床に活かせる新たな記事を皆様にお届けしています。 このblogは、臨床BATONと言って脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている臨床の悩みや発見を読者の皆様と共有し、さらに全国のセラピスト達とバトンを繋いで、一緒に学ぶ成長していくことを目指したblogです。そんな想いをもったメンバーが集まってblogを書いています。

全国展開している脳外臨床研究会に所属するメンバー達が、『臨床で起こる悩み』『臨床での気づき』を読者の皆様と共有し、知識と臨床を結び付けたい…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
好きありがとうございます\(^o^)/
脳外ブログ 臨床BATON
脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている『臨床の悩みや発見』を『臨床BATON』というテーマで、読者の皆様と共有し、全国のセラピスト達と毎日バトンを繋いで、一緒に学び、成長していくことを目指しています。 そんな熱い想いを持ったメンバーが集まっています😊!