中村俊介@クリエイターをクリエイトするクリエイター

しくみデザイン代表、芸術工学博士。体の動きで演奏するAR楽器アプリ「KAGURA」や直…

中村俊介@クリエイターをクリエイトするクリエイター

しくみデザイン代表、芸術工学博士。体の動きで演奏するAR楽器アプリ「KAGURA」や直感型ビジュアルプログラミングツール「Springin'」などイノベーティブなプロダクトで世界中から数々のアワードを受賞している。

マガジン

  • スプリンギン・フェス シーズン1

    • 18本

    自宅からでも参加できるプログラミングイベント「スプリンギン・フェス シーズン1」に関連する記事をまとめていきます。 ビジュアルプログラミングアプリ『Springin'(スプリンギン)』について https://www.springin.org/

  • Springin'を一緒に作りませんか?

    • 5本

    現在ビジュアルプログラミングアプリ「Springin'」の開発や運営に関わってくだわるエンジニアやスタッフを募集中。ご興味をお持ちの方はぜひこちらの記事をご一読ください。

  • 中学2年生の七海ちゃんがしくみデザインにインターンに来るまで

    七海ちゃんがしくみデザインにお手紙をくれてから、一日インターンに来るまでのお話し(3部作)です。

  • 絶品!卵なしレシピ!!

    卵アレルギーの娘のために試行錯誤した、卵だけを使わない美味しいごはんのレシピをまとめました。

最近の記事

22年の時を超えて。

22年前の2001年、僕は九州芸術工科大学の大学院生だった。 建築から芸術工学に専攻を変えて2年が経ち、そろそろ何か作品をつくらなければヤバいというよくわからない焦りに追い立てられていた。 周りの人達が絵が描ける人ばかりのなかで、絵の描けない自分は何をつくったら良いのだろうか。そもそもつくりたいものなんてあるのか。むしろみんなに描いてもらうことそのものが作品になるような仕掛けがつくれないだろうか。デジタルを介したら絵も音も文字もマウスクリックも全部01の電気信号なんだから、

    • 企業文化の作り方(2)〜しくみデザインのしくみ〜

      前回の話はこちら。 アイデアの出し方にはセオリーがある。特別な才能を持った天才ではない僕だからこそ身についた、誰にでも適用できるアイデアが枯渇しない思考方法があるのです。だから今まで、アイデアが出てこなくて困ったことはありません。 これを3つの思考方法としてまとめてみます。 1. 敷居を下げる まずは一つ目は、敷居を下げること。 大抵のことは、難しいし大変だしつまんないしやりたくないんです。なんていうか、そう、面倒くさい。 面倒くさいのでなかなか始めないし、続かない

      • 企業文化の作り方(1)〜基礎となる考え方を掘り起こす〜

        きっかけはメディアアート大学院生のときにつくったメディアアート作品がきっかけで「しくみデザイン」を設立しました。体の動きで音楽と映像を生成する「神楽-KaGuRa-」という作品です。 これ。2002年だって。20年前だ。 思いのほか作品の評判が良く、いくつか賞を獲ったりしたので、ノリと勢いで起業してしまいました。ビジネスプランも事業計画もなにも作らず、友達や後輩たちと一緒に。 その時僕は大学院博士課程を修了して大学の先生になったばかりで、他のメンバーはまだ学生でした。ま

        • 評価をしない評価制度

          しくみデザインには人事評価制度がない。 そういうと、そろそろ評価制度サービス導入した方がいいんじゃない、って言われます。というか、事業を拡大し、人を増やし、上場を目指すならやらなきゃダメでしょ、という謎の圧力まである気がする。 言い換えます。 しくみデザインには、評価をしないという人事評価制度がある。 そもそも、人が人を評価するという時点で必ず問題が起こるに決まっていると思うし、僕が人の評価をするなんておこがましくてできない。やりたくない。 評価制度があったら、その制度

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • スプリンギン・フェス シーズン1
          Springin’*スプリンギン 他
        • Springin'を一緒に作りませんか?
          Springin’*スプリンギン 他
        • 中学2年生の七海ちゃんがしくみデザインにインターンに来るまで
          中村俊介@クリエイターをクリエイトするクリエイター
        • 絶品!卵なしレシピ!!
          中村俊介@クリエイターをクリエイトするクリエイター

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          フライパン好き

          この週末は料理ばっかりしてた気がする。 フライパンだけで料理するのが好きなんです。 楽ちんだし、理科の実験みたいで楽しいから。弱火にして放っておけば失敗することもないしね。 まずは、我が家ではすっかり定番となった、フライパンまるごとハンバーグ。ボウルでゴムべらで材料こねて、そのまま小さめのフライパンにどーんと詰め込んで、後は蓋して弱火で放っておくだけ。手も汚れないし見た目もインパクトあって娘も喜ぶし、なんで昔はいちいち手でこねてたんだろうって思います。 もうひとつは、ク

          クリエイティブ職採用強化中

          先日、プレスカンファレンスを開催し、これからのしくみデザインとスプリンギンの目指している方向の話と新しいサービスの発表を行いました。 メディアに取材に来ていただいて、教育事業が主に記事になりました。福岡市の全GIGA端末にインストール可能になるっていう発表もしましたしね。 発表した内容は、ざっとこんな感じ。 ・Springin' Classroom サービス正式開始 ・Classroom専用アプリのリリース ・来年度より福岡市全GIGA端末でインストール可能に ・Spr

          作品はつくられただけで価値がある

          毎年「The Creators」というイベントの一環で、福岡市役所前の広場の特設会場で開催される、フクオカクリエイターズアワード受賞式。2017年から対象を子供に絞り、スプリンギンでつくった作品を募集するようになって今年で5回目です。 昨年はコロナ禍の中で開催が危ぶまれましたが、zoomでアメリカから受賞者が参加してくれたりと、コロナもプラスに変えて実施してきました。 そして今年。 福岡市の緊急事態宣言もあけて、受賞式には東京や大阪からも受賞式に駆けつけてくれるなど、と

          自分の生まれた年の30年前は第二次世界大戦終戦の年だった

          未踏ジュニアの成果発表の配信を見てたら、最後のプレゼンでKAGURA使って植物とセッションしてる高校生がいた。 ここだけ読んでもなんのこっちゃわからないと思うけど(笑)、めちゃくちゃ面白いのでぜひアーカイブ見てください。 ちなみに、KAGURAってのはこれです。 僕が大学院生の時につくったメディアアート作品を、10年後にしくみデザインでちゃんとエンジニアが開発し直してくれた、体の動きで演奏できるAR楽器です。 今日はお昼くらいから、この未踏ジュニアの配信を流しながら明

          自分の生まれた年の30年前は第二次世界大戦終戦の年だった

          10月29日、toio開発者のソニー・インタラクティブエンタテインメントの田中さんと対談します!

          なんと、1ヶ月も経たないうちに無料オンライン対談セミナー第2弾の開催です!しくみデザインの企画チームすごい。それにしても、こうやっていろんなステキな方と対談としてお話しできるなんて役得ですね。次は誰かな、と楽しみになります。 今回は、toioという、ロボットトイの開発者の田中さんです! toioって何?と言う方はこちらをご覧ください。 実は僕、田中さんとはtoioが正式に発売される前に、ご本人からtoioの説明をしていただいたことあるんですよ!プロトタイプの段階でSDKを

          10月29日、toio開発者のソニー・インタラクティブエンタテインメントの田中さんと対談します!

          得意を伸ばす文化

          先日、Twitterでけんすうさんのツイートをみて、俺完全に左下だわ、って思いました。 左下ってあんまり人気ないのかな。 よくよく思い返してみると、今まで頑張って努力したっていう記憶が無いんですよね。たぶん、僕今まで生きてきた中で努力したことないです。成長とか気にしたことなかった。 そもそも努力ってなんなのさ、ということなんだけど。 努力とは、自分は楽しいからやってるだけなんだけどまわりからすごい頑張ってると思われてること、だと思います。つらいけど将来のために無理して

          【動画あり】探求とは、答えのない冒険である。

          STEAM研究家でジャズピアニストで数学オリンピック金メダリストの中島さち子さんとの対談オンラインセミナー。楽しかった! 今回、企画運営は弊社しくみデザインの教育チーム。つまり、福岡からの配信でした。そしてさち子さんは今東京にいらっしゃいます。ということで、弊社の配信スタジオにさち子さんを遠隔で召喚して、それをzoomのウェビナーで配信するという方法に挑戦しました。 ちなみにこのスタジオは、しくみデザインのアプリ開発チームでサウンドクリエイターのマッキーと、なんでもつくっ

          【動画あり】探求とは、答えのない冒険である。

          結婚式の挨拶だけは緊張する

          しくみデザイン初の新卒入社をしてくれた子の結婚式に出席しました。はじめてで唯一の社会人経験がしくみデザインというのは果たして良いのか悪いのか(笑)。 勤め先の社長ではあるので、乾杯の挨拶を頼まれました。乾杯の挨拶って、長いとうっとうしいし乾杯だけだと寂しいし、なかなか難しいよね。とはいえ、もうすっかり人前で喋ることに慣れてしまったので、原稿は用意せず話すトピックだけ決めてた・・・んですが、出番の直前で話すことを変えちゃいました。ライブ感。 そんな感じだったので、全然緊張し

          無料オンラインセミナーで、中島さち子さんと対談します!!

          しくみデザインの教育チームで対談企画が進行中です。 第一弾は、STEAM研究家の中島さち子さん。 そもそもSTEAMってなにかっていうと。 - Science(科学) - Technology(技術) - Engineering(工学) - Arts(芸術、リベラルアーツ) - Mathematics(数学) この5つの頭文字を繋げたものです。 元々はアメリカから始まったもので、最初は「STEM」で科学技術教育に力を入れようというところに、Artも大事だよね、と後から追

          無料オンラインセミナーで、中島さち子さんと対談します!!

          信頼するけど期待しない

          今年しくみデザインに入社してくれたメンバーで、凄い特技を持っている人がいまして。グラレコっていうんですかね、ミーティングの議事録をその場でイラスト付きでとってくれるんです。ミーティングが楽しくなって最高です。 で、そのメンバーは新卒で、去年しくみデザインでインターン(オンラインでした)をしてくれていたときに、社員全員と1on1でインタビューしてそれを一枚にまとめてもらいました。 その時の、僕シュンスケのシートがこれです。 その中で、人生を楽しむコツを聞かれて、「相手に対

          スプリンギンで働くにはどうしたらいいですか

          先日、YouTubeのライブ配信で「スプリンギンの質問会」というのをやりました。あらかじめ送ってくれてた質問に加えて、その場でチャットに書き込んでくれた質問なんかに答えていく配信です。(2時間ぶっ続けでした!) 出演者は僕(シュンスケ)と、しくみデザインのエンジニアでSpringin'を最初からほぼひとりで開発していたタケポン(いまはチームで開発しています)です。なので、テクニカルな質問はタケポンが回答しつつ、その他の話は僕が回答するという役割で。 今回の配信には、子供も

          スプリンギンで働くにはどうしたらいいですか

          裏テーマ

          この夏、しくみデザインでは、小学校が夏休みになる8月の平日に、毎日無料オンラインワークショップを実施していました。 これは、取締役チーフデザイナーでしくみデザイン創業メンバーの中村誠の発案でして、どこにも出かけられない夏休みにデジタルで自由研究の作品づくりができたら良いよねー!もちろんスプリンギンで、ということで始まりました。 そしたらなんと、学研がコラボで乗っかってくれることになりまして、学研プレゼンツの「自由研究をつくろう!発表しよう!」というアワード開催にまで発展し