日本実業出版社

日本実業出版社のnoteです。まだ世に出ていない本の試し読みから日夜闘う編集者の「告白」まで、熱のこもったコンテンツをお届けします。公式サイト:https://www.njg.co.jp/ Instagram:https://www.instagram.com/njg_pr/
    • マインドフルネスの12の練習
      マインドフルネスの12の練習
      • 12本

      『「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門』から、日常生活の中で気軽にできるマインドフルネスの練習を紹介します。全12回。 photo by Lesly Juarez/unsplash

    • 「死」の文学入門 ~『「死」の哲学入門』スピンアウト篇~
      「死」の文学入門 ~『「死」の哲学入門』スピンアウト篇~
      • 12本

      『誰も教えてくれなかった「死」の哲学入門』著者、内藤理恵子氏の寄稿によるスピンアウト企画「『死』の文学入門」。さまざまな文豪と死をテーマに考察します。

    • プランニングの定義と「創造的プランニングの4STEP」
      プランニングの定義と「創造的プランニングの4STEP」
      • 9本
    • すべてのマガジンを表示
  • 「今、ここ」に意識を集中する練習

    「今、ここ」に意識を集中する練習

    ISBN:978-4-534-05414-2/判型:四六判/製本:並製/頁数:288/著者名:ジャン・チョーズン・ベイズ 仕事と人生のパフォーマンスが劇的に変わる「マインドフルネス」53のエクササイズ  「マインドフルネス」は、禅の考え方をベースに宗教的な要素を排したもので、 「今、ここで起きていることに意識を完全に向けて集中すること」といわれています。  グーグル、インテル、ナイキ、マッキンゼー、ゴールドマン・サックスをはじめとした世界の先端企業で 社員研修に取り入れられるなど、「心のエクササイズ」として広まっています。 また、プロテニスのジョコビッチ選手など、トップアスリートも実践し、注目されています。  「今、ここ」に意識を集中すると、過去の出来事にくよくよして後悔することもなく、 未来への不安もなくなり、余計なことを考えなくなります。  この本では、たとえば次のような、坐禅をしなくても日常で手軽に実践できる53の練習を紹介しています。 ・練習1  利き手でないほうの手を使う(→ 初心に戻る) ・練習10 電話が鳴ったら深呼吸する(→ 動作を止めることによって、体と心の緊張がほぐれる) ・練習21 青いものに目をとめる(→ 思いもかけないところに青い色があることがわかると同時に、空 の青さにあらためて感動するなど青い色がより鮮やかに見えてくる) ・練習40 「老い」の表われに目を向ける(→ 老いは「比較」によって感じるため、この瞬間を生きる と年齢を意識しなくなる) ・練習47 食べるものに思いをはせる(→ 数えきれないほど多くの生き物の命のエネルギーを 取り込んでいることに気づき、感謝する)  日常にマインドフルネスを取り入れると、毎日を無駄にダラダラと生きるのではなく、 身のまわりのことへの感謝の気持ちが生まれ、多くの「気づき」にあふれて、人生が豊かになります。
    1,760円
    まるペンSHOP 日本実業出版社オフィシャルWebストア
  • 社会保障DX戦略 アクセンチュアが提起する〈デジタル時代の雇用と年金〉

    社会保障DX戦略 アクセンチュアが提起する〈デジタル時代の雇用と年金〉

    ISBN:978-4-534-05851-5/判型:A5判  /製本:並製 /頁数:256/著者名:立石 英司 ◆求められる社会保障領域のDX 新型コロナにより、デジタル化が遅れている現状が顕わになりました。社会保障制度が拡充されていく一方で、申請用紙や添付書類が増え、事務作業はますます煩雑さを極めているのが実情です。そこで求められるのが、社会保障行政におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)です。 ◆豊富な実例で日本の社会保障の未来が描ける 世界規模で多くの政府機関の業務改革やDXを支援してきたアクセンチュアが、その経験と鋭い見識から「人生100年時代」における日本の社会保障のあり方を提起。アメリカ、イギリス、ドイツなどの海外機関や、JAL、認定NPO法人フローレンスなどの民間事業の成功事例を交えながら、今ある技術を活用して、よりよい生活を送るための日本の社会保障・行政サービスのデジタルによる変革について独自の視点で解説しています。 ◆現代のデジタル社会におけるトレンドもつかめる 本書では、日本の社会保障行政のDXを実現させるための課題認識はもちろん、現代のデジタル社会におけるトレンドについても解説。市民一人ひとりに合った「人間中心(Human Centric)」のサービスの考え方や、「デジタル・ツイン」の活用、エコシステム型プラットフォームへの転換などについても、具体例を用いて詳述しています。  
    2,200円
    まるペンSHOP 日本実業出版社オフィシャルWebストア
  • 一番やさしい・一番くわしい 完全図解 電気の基礎と実務

    一番やさしい・一番くわしい 完全図解 電気の基礎と実務

    ISBN:978-4-534-05850-8/判型: /製本: /頁数:/著者名: ■電気について「1項目1ページ、1つの図解」で解説! 電気の超基本的なしくみから、実際に街や家庭で電気が使われる実務の現場の知識まで、すべてが一気に見渡せる本。 1項目1ページで、各テーマをすべて図解で解説。実際の機器の図を見ることで、電気に対する理解が格段に深まります。 ■電気の初歩から応用、実用まで2編に分けて解説! 第1編は、「基礎編」として静電気、電圧、電流、電気抵抗、電気回路、電気機器の仕組み、シーケンス制御などの基本的なしくみを解説。 第2編は「実務編」として発電システムのしくみ、送配電の流れ、受給電の配線法、漏電防止などの安全措置まで、実際に電気がどのように送られ、使われているのかを紹介。 ■初学者から産業機器メーカーに勤める人、電気主任技術者試験受験者まで 電気に初めて興味を持った人から、産業機器メーカーに就職した人、電気主任技術者試験の受験者、電気実務に携わる人まで、手元に置いておけば必ず学べて役立つ一冊です。
    2,640円
    まるペンSHOP 日本実業出版社オフィシャルWebストア
  • もっとみる

「待つ時間」を活かして使う──マインドフルネスの12の練習 WEEK12

photo by photo by Lesly Juarez/unsplash 『「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強くやわらかくする「マインドフルネス」入門』(ジャン・チョーズン・ベイズ著)か…

優しい手で触れる──マインドフルネスの12の練習 WEEK11

photo by Morgan Mcdonald/unsplash 『「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強くやわらかくする「マインドフルネス」入門』(ジャン・チョーズン・ベイズ著)から、日…

電話が鳴ったら深呼吸する──マインドフルネスの12の練習 WEEK10

photo by Tomasz Zagorski/unsplash 『「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強くやわらかくする「マインドフルネス」入門』(ジャン・チョーズン・ベイズ著)から、日…

「身の周りの音」に耳を澄ます──マインドフルネスの12の練習 WEEK9

photo by Ivan Sean/unsplash 『「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強くやわらかくする「マインドフルネス」入門』(ジャン・チョーズン・ベイズ著)から、日常生活…

1日の終わりを「感謝」で締めくくる──マインドフルネスの12の練習 WEEK8

photo by Kevin Butz/unsplash 『「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強くやわらかくする「マインドフルネス」入門』(ジャン・チョーズン・ベイズ著)から、日常生活…

姿勢を意識する──マインドフルネスの12の練習 WEEK7

photo by callum shaw/unsplash 『「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強くやわらかくする「マインドフルネス」入門』(ジャン・チョーズン・ベイズ著)から、マイン…