アイデア発想の秘密

10
行き詰まった時には思い出そう!「考えること」と「悩むこと」の圧倒的な違い

行き詰まった時には思い出そう!「考えること」と「悩むこと」の圧倒的な違い

※この記事は2018年5月18日に公開した個人ブログをリライトしたものです 👉 この記事で得られるもの “悩む”のをやめて”考えられる”状態になるための具体的方法 皆さんは考えることと悩むことの違いについて考えたことがありますか?? アイデア発想が楽しくてしょうがないあそび師Kaiです。いいことを思いついた瞬間の楽しさって格別です。 でも、考えるのは楽しいけれど、悩むのってぜんっぜん楽しくないですよね💦 * * * 「考えること」と「悩むこと」の違いって? じゃ

4
【イベント】あそび屋式!アイデア発想を楽しもう♪〜 TIPS編-02 〜《発想》視点チェンジャーになろう!を開催しました!

【イベント】あそび屋式!アイデア発想を楽しもう♪〜 TIPS編-02 〜《発想》視点チェンジャーになろう!を開催しました!

!7/3(水)、第二回アイデア発想ワークショップを開催してきました!! 前回のイベントのテーマは「自分らしいアイデアを出そう!」 今回は「視点チェンジャーになろう!」というコンセプトでお送りしました。 *概要:Event Contents 前半では、 ・視点(切り口)を変えるとはどういうことか ・なぜ視点チェンジャーになるのが大切なのか を体感してもらうために、2つのカードゲームをプレイしてもらいました。 後半では、 ・りんごの切り口 ・いろいろな線 という課題を提

5
アイデア発想ワークショップ(キックオフイベント)を開催しました✨

アイデア発想ワークショップ(キックオフイベント)を開催しました✨

最近の野望は「自分らしい発想」ができる人を増やすこと! 5歳児視点で世界を遊ぶ、アイデア発想ナビゲーターKaiです。 令和元年、6月2日。 表参道のカフェ @fromcoffee さんをお借りして、 【アイデア発想ワークショップ】を開催しました♪ はじめての発想系イベントということで どうなることかとドキドキしていまいしたが、 超協力的なオーガナイザーあんさんのおかげで 和気藹々とした素敵なイベントになりました(*´艸`*) /////////////////////

2
よい発想をする(アイデアをたくさん出す)ためにやるべきこと

よい発想をする(アイデアをたくさん出す)ためにやるべきこと

ようこそ、Kaiの思考実験場へ…! 前回記事では、なんでもないアイデアをいいアイデアにするまでの4段階をベースに、第1ステージ『着想』の段階でやるべきことについて考えました。今回は、第2ステージ『発想』段階でやるべきことについて考えます。 この時点で、「個人」あるいは「チーム」の課題感が明らかになっているという前提で進めますので、過去note未読の方は先に下記noteをご参照ください。 🔗 いいアイデアができるまで(概論)〜4つのステージ〜 🔗 よい着想(フラッシュアイ

3
よい着想(フラッシュアイデア)を得たいアナタがやるべき3つのこと

よい着想(フラッシュアイデア)を得たいアナタがやるべき3つのこと

ようこそ、Kaiの思考実験場へ…! 前回の記事では、なんでもないアイデアがいいアイデアになるまでを4つのステージに切り分けて考えてみました。今回はその中のひとつめのステージ、『着想』の段階でやるべきことを考えます。 何度も言うようですが、アイデアというのは【問題を解決するための具体的な方法】のことです。問題を解決するには、まず起点となる問題が必要です。 この記事では、着想をじょうずに使って、適切な課題を設定することを最終目標にしています。 ------ ✂ -----

7
いいアイデアができるまで(概論)〜4つのステージ〜

いいアイデアができるまで(概論)〜4つのステージ〜

ようこそ、Kaiの思考実験場へ…! 今回は初心に戻って、「アイデアがどんな経過を辿って良いアイデアになるのか」のフローについて概要説明をしたいと思います!! 最初から良いアイデアを思いつける人なんていません。いえ、いることはいますが、多くはありません。大抵の【良いアイデア発想者】は、脳内で大したことないアイデアを良いアイデアに組み替えているのです。 ただのアイデアなら誰にでも出せる。 しかし、我々が出したいのはよいアイデアなのである。 by あそび屋Kai -----

8
ズルいアイデア発想法〜いいアイデアは、"らしさ”で作れ!〜

ズルいアイデア発想法〜いいアイデアは、"らしさ”で作れ!〜

ようこそ、Kaiの思考実験場へ…! 第4弾となるこの回ではちょっぴり趣向を変えて、【今すぐ使える!いいアイデアを出すための小手先テクニック】を公開したいと思います✨ 過去の3記事では、アイデアというものの定義や考え方について具体例を挙げながら考察してみました。 今回はそういった真面目な理論はちょっと脇においておいて、付け焼き刃でも「自分らしいアイデア」が出せるようになる、即効性のある方法をお伝えします。 ------ ✂ ------ 【前提】いいアイデアにも色々あ

500
いいアイデアの条件②-アイデア出しの範囲(スコープ)を攻略しよう!

いいアイデアの条件②-アイデア出しの範囲(スコープ)を攻略しよう!

ようこそ、Kaiの思考実験場へ…! 前々回では「いいアイデア」そのものについて、前回は「アイデアの抽象度」について定義しました。今回は、良いアイデアが出る「アイデアの範囲」について紐解いてゆきたいと思います。 せっかくいいアイデアが出せたと思ったのに、あとになって選定基準を聞いてみたら、考えていたものがまったくの大外れだった…という経験はありませんか? 私自身、過去に何度も(そんな前提があったなら先に言ってくれよ…!)と思ったことがあります。 この件については色々言いた

5
いいアイデアの条件①-アイデアの粒度を攻略しよう!

いいアイデアの条件①-アイデアの粒度を攻略しよう!

ようこそ。Kaiの思考実験場へ! 一生懸命アイデアを出してるのに、「うーん…だからさ、もっと具体的に。。」なんて言われてしまった経験がある方。それ、実は出すべきアイデアの粒度が定まっていないのが原因かもしれません。 前回は、"良いアイデア"の正体についてお話しました。 今回は、アイデアを「良いアイデア」にするための条件のひとつ。「アイデアの粒度」についてお話しようと思います…! ------ ✂ ------ 粒が揃わないってどんな状態? 子供の頃、「お母さんとか

45
"いいアイデア"の正体。

"いいアイデア"の正体。

ようこそ、Kaiの思考実験場へ…! 今日は、「いいアイデアの正体」についてお話します。 このページをご覧の皆さんなら、誰しも一度は「アイデアって言葉の意味、広すぎ…!」と感じたことがあるでしょう。 この思考実験場では、アイデアという言葉を「問題を解決するための"具体的な方法"のこと」だと定義しています。 逆に言うと、立てられた問に対する"具体的な解決策"が提示できれば、それらはすべてアイデアと呼べます。 え。でも…と思ったあなた。 あなたの感覚は大正解です⭕ そう。

6