見出し画像

バスケ、フットサル、フェンシング。プロフェッショナルたちが教えてくれたスポーツの可能性と新しい楽しみ方

先週、僕のブログで、フェンシング日本代表のアナリストを務め、日本スポーツアナリスト協会理事でもある千葉洋平さんにお誘い頂き、Fリーグのペスカドーラ町田対バルドラール浦安戦を観に行ったこと、そして、試合後に幸運にも、バルドラール浦安の星翔太さん、テクニカルディレクターの高橋健介さん、GKコーチで分析担当もされている橋谷英志郎さんと食事をする機会に恵まれたことは、ブログで紹介させて頂きました。

あのブログでは、どんなテーマについて話したかは紹介したのですが、詳細は何も語っていませんでした。

ブログという誰でも読める場だと、公開を控えたくなる情報もあったので、ブログでは詳しくは紹介しなかったのですが、僕の友人やTwitterのフォロワーの方からリクエスト頂いたので、どんな話をしたのか、少しだけ紹介したいと思います。(少しだけと書きましたが、3000文字ほどあります)

紹介するテーマは以下のとおりです。

・ローテーションとセカンドセット

・スクリーンプレーは、サッカーやフットサルでも有効か

・ステファン・カリーは何が凄いのか

・太田雄貴が繰り出す駆け引きの凄さ

ローテーションとセカンドセット

フットサルもバスケットボールと同じく、ファーストセットとセカンドセットがあります。速い動きが多いスポーツでは、頻繁に選手を入れ替え、プレータイムをチーム全体で分け合いながら、勝利を目指します。したがって、セカンドセットの活躍は、試合に勝つために必要不可欠です。

セカンドセットが出ている時間で失点せずにしのぎ、ファーストセットで得点して勝つ。あるいは、ファーストセットが上手くいかないけれど、セカンドセットで逆転して勝つ。こんなパターンで試合を進められたら最高です。

バルドラール浦安とペスカドーラ町田。このチームには、日本を代表するストライカーがいます。バルドラール浦安には、星翔太。ペスカドーラ町田には、森岡薫。長く日本代表でも活躍してきた2人のストライカーですが、この試合では2人が同じコート内で相まみえる事は、ほとんどありませんでした。なぜなら、2人は別々のセットでプレーしていたからです。

この続きをみるには

この続き: 3,271文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」で連載している人気のコラムをマガジンにまとめ、読みやすくしました。2,000円ですべてのコラムをバックナンバー含めて読むことができます。

アスリートとスポーツの価値について、自分なりに書いてきたコラムをまとめました。

または、記事単体で購入する

バスケ、フットサル、フェンシング。プロフェッショナルたちが教えてくれたスポーツの可能性と新しい楽しみ方

西原雄一

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

失敗とはトライしないこと
8
note有料マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」& 公式「スポーツまとめ」管理人 | スポーツアナリティクスジャパン(SAJ)実行委員 | うたのワークショップのお手伝い | 本業はオウンドメディアのプロジェクトマネージャー

この記事が入っているマガジン

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方
勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方
  • ¥800 / 月

Jリーグ、海外サッカー、ランニング、時事ネタなど、自分が普段楽しんでいるスポーツの楽しみ方について、ちょっと表で書けない話も含めて、毎日2,000文字くらいのコラムを書きます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。