マガジンのカバー画像

イラスト名建築ぶらり旅

13
運営しているクリエイター

記事一覧

イラスト名建築ぶらり旅 with 宮沢洋&ヘリテージビジネスラボ⑬

前庭整備で知るル・コルビュジエの魔法今回の行き先 国立西洋美術館本館と前庭近代建築の巨匠、ル・コルビュジエ(1887~1965年)の設計で1959年に完成した「国立西洋美術館」は、57年後の2016年に世界文化遺産に登録された。 正確に言うと、この年、国立西洋美術館本館および園地を含むル・コルビュジエの17の建築作品群が、「ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―」として世界文化遺産に一括登録された。17の建築はフランス、スイス、ベルギー、ドイツ、アルゼンチン

イラスト名建築ぶらり旅 with 宮沢洋&ヘリテージビジネスラボ⑫

曲線の魔術師はキャデラックにひらめき?今回の行き先 米子市公会堂“世界のTANGE(丹下健三)”“世界のANDO(安藤忠雄)”というように、日本には世界で活躍する建築家がたくさんいる。そんな中にあって村野藤吾(むらのとうご、1891~1984年)は、“世界の”という冠のつかない日本ベースの建築家だ。しかし、その卓越したデザインセンスは、日本の建築史上指折りであると誰もが認める。今回はその村野藤吾が、脂の乗った60代後半に設計した「米子市公会堂」を訪ねた。 三次元のラインが美

イラスト名建築ぶらり旅 with 宮沢洋&ヘリテージビジネスラボ⑩

元祖・カプセル建築、再生を繰り返して輝く今回の行き先 日本庭園 有楽苑(うらくえん) 「国宝茶室 如庵(じょあん)」取材協力/名古屋鉄道株式会社 この連載の「名建築」は幅広い。前々回が商業ビル(三愛ドリームセンター)、前回が地下鉄の駅舎(銀座駅)と来て、今回は茶室である。訪れたのは愛知県犬山市の「日本庭園 有楽苑」にある国宝茶室「如庵」。日本に3つしかない国宝茶室の1つだ。 なぜ如庵に行くことになったのかというと、如庵のある有楽苑の現況調査と修景計画に、この連載のガイド役

イラスト名建築ぶらり旅 with 宮沢洋&ヘリテージビジネスラボ⑪

3つの奇跡が残した「大正セセッション」の息吹今回の行き先 原爆ドーム原爆ドームはもともと何の施設だったかご存じだろうか。選択肢をいろいろ挙げたくなるが、もったいぶらずに言うと、広島県の「物産陳列館」である。今風に名付ければ「広島メッセ」か「広島国際展示場」だ。今回はそれを知ってからお読みいただきたい。なぜなら、この連載は「イラスト名建築ぶらり旅」。「原爆ドーム」と呼ばれる前の歴史を知ることで、この施設がタイトル通りの「名建築」であることがわかっていただけるはずだ。 7月の猛

イラスト名建築ぶらり旅 with 宮沢洋&ヘリテージビジネスラボ⑨

三線三様の光る柱でオシャレに「脱・迷宮」今回の行き先 東京メトロ銀座駅仕事帰りに、東京メトロ銀座駅で地下鉄を乗り継ぐと、改札やホームの内装がガラッと変わっていた。2020年10月のことだ。ネットで調べてみると、ちょうどその日が新デザインのお披露目日だった。 銀座線→日比谷線ホーム経由→丸ノ内線と地下鉄を乗り継いだ。気づいたのは、銀座線の改札階。あれ、柱が黄色く光ってる! 近寄ってみると、こんな模様だ。 この模様は、もしかして「銀座」の「G」? そして、日比谷線のホームに進む

イラスト名建築ぶらり旅 with 宮沢洋&ヘリテージビジネスラボ⑧

変わらず変わり続ける銀座のアイコン今回の行き先 三愛ドリームセンター東京・銀座のイメージといえば、多くの人が思い浮かべるのは「銀座4丁目交差点」ではないか。銀座通りと晴海通りが交差する場所だ。そして、この交差点の“顔”として頭に刷り込まれているのが「和光本館」と「三愛ドリームセンター」だろう。この2つの建物、デザインは全く違うのに、銀座に人々を迎え入れる“ゲート”のように見えてしまうのは私だけだろうか。 今回の目的地は、後者の「三愛ドリームセンター」の方だ。向かい合う和光本

イラスト名建築ぶらり旅 with 宮沢洋&ヘリテージビジネスラボ⑦

2度の大胆再生で気分はハリー・ポッター今回の行き先 茨城県立図書館入り口を入ると、まるでホグワーツ魔法魔術学校(ハリー・ポッターが通う学校)のような中世ヨーロッパ風の空間が出迎える。いきなりですが問題。この「茨城県立図書館」は、「図書館」になる前、何の建物だったでしょう? チッチッチッチッ……。 予備知識なしに答えられた人は、建築家か探偵になれる。筆者は、何も知らずにここに来たら、全く分からなかったと思う。 答えは「議事堂」だ。約50年前の1970年、水戸市三の丸に「茨城

イラスト名建築ぶらり旅 with 宮沢洋&ヘリテージビジネスラボ⑥

伝統と革新の京都を目と舌で味わう 今回の行き先 THE HIRAMATSU京都 え、ここがホテル? 約束の時間にメモの場所に行くと、案内役の西澤崇雄さん(日建設計エンジニアリング部門 サスティナブルデザイングループ ヘリテージビジネスラボ)が建物の前で待っていた。西澤さんがいなければ、呉服屋か美術商かと思って通り過ぎたかもしれない。 訪れたのは2020年3月に開業した「THE HIRAMATSU京都」。日建設計が設計の中心となって実現したラグジュアリーホテル。京都の町家を

イラスト名建築ぶらり旅 with 宮沢洋&ヘリテージビジネスラボ⑤

上野の隠れ家で味わう2つの“ナポリタン” 今回の行き先 国立国会図書館 国際子ども図書館 今回は「スパゲティ・ナポリタン」の話から始めたい。訪ねたのは東京・上野にある「国立国会図書館 国際子ども図書館」だ。その1階にある「カフェ ベル(Bell)」で、1年ほど前からナポリタンを注文する人が急増しているというのである。 実際、グルメサイトで「カフェ ベル」と検索してみると、こんな書き込みが見つかった。 「建築巡りをした後に、ランチを食べてきました。ドラマで食べていたナポリタ

イラスト名建築ぶらり旅 with 宮沢洋&ヘリテージビジネスラボ④

計算ずくのゆるり感、山縣有朋は名建築家?今回の行き先 無鄰菴(むりんあん) 「無鄰菴(むりんあん)の庭園を見ると、山縣有朋は優しい人だったということが分かります」。えっ、山縣有朋って、歴史の教科書で怖い顔をしているあの人? 「名建築ぶらり旅」なのに庭園?……と、今回も、並みの建築好きとは違う方向から切り込んできた案内役の西澤崇雄さん(日建設計ヘリテージビジネスラボ)。だからこの連載は楽しい。 歴史的建物とともに暮らす豊かなライフスタイルを伝える「イラスト名建築ぶらり旅」。4

イラスト名建築ぶらり旅 with 宮沢洋&ヘリテージビジネスラボ③

祝・重要文化財指定!魯山人ゆかりの味をモダン料亭で 今回の行き先 八勝館(はっしょうかん)「きっかけは、そちらにいらっしゃるニシザワさんですよ」。女将(おかみ)さんの言葉に、目の前にいるニシザワさんを二度見してしまった。思わず懐石料理を食べる手が止まる。えっ?この連載の案内役である西澤崇雄さん(日建設計 ヘリテージビジネスラボ)が、今回のキーマン? 歴史的建物とともに暮らす豊かなライフスタイルを伝える「イラスト名建築ぶらり旅」。3回目の今回は、昨年(2020年)、戦後建築と

イラスト名建築ぶらり旅 with 宮沢洋&ヘリテージビジネスラボ②

「塔博士」もびっくりの絶景タワーホテル 今回の行き先 中部電力 MIRAI TOWER(名古屋テレビ塔) 「タワー6兄弟」という言葉をご存じだろうか。「塔博士」とも呼ばれ、早稲田大学教授で構造エンジニアの内藤多仲(たちゅう)氏が設計の中心になった6つのタワーのことを言う。長男は「東京タワー」を想像してしまうが、そうではない。今回取り上げる名古屋テレビ塔だ。5月1日からはネーミングライツで「中部電力 MIRAI TOWER」という名前になっている(今回の記事は、完成時の話も多

イラスト名建築ぶらり旅 with 宮沢洋&ヘリテージビジネスラボ①

重要文化財で北欧のオープンサンドはいかが?今回の行き先 大阪府立中之島図書館(旧・大阪図書館)「今回、一番力を入れて伝えたいのはカフェなんです」。この連載のガイド役である西澤崇雄(たかお)さんは、事前の打ち合わせでそう切り出した。大阪府立中之島図書館は、名建築中の名建築。筆者も何度か行ったことがあるが、カフェには行ったことがない。「オープンサンドやパフェが有名なんですよ」と、うれしそうに語る西澤さん。堅そうに見えて、意外に乙女っぽい? 今回から始まる「イラスト名建築ぶらり旅