DEAR

認定NPO法人開発教育協会(DEAR)のnoteです。DEARは公正な地球社会の実現を目指して開発教育をすすめるNGO。ESD、SDGs、南北問題、環境、平和、人権、参加型学習、ワークショップ、ファシリテーションなどがキーワードです。 http://www.dear.or.jp/

「なんか今日、映画観たいな」をみんなにー平塚千穂子さん(シネマ・チュプキ・タバタ代表)

3年前、東京・田端の商店街にこだわりの小さな映画館CINEMA Chupki TABATA(シネマチュプキタバタ/以下、チュプキ)が開館した。音声ガイドとバリアフリー字幕*1 の常設...

100

「人を描けば心が動く」古居みずえさん(フォト・ジャーナリスト)

紛争下のパレスチナやイスラエルに通い、女性や子どもたちを追い続けるフォト・ジャーナリストの古居みずえさん。2011年からは、福島県飯舘村に通い、ドキュメンタリー映画...

100

基調講演「平和を築く学びー難民救援・紛争解決の視点から」緒方貞子(2003年)

国連難民高等弁務官等で活躍された緒方貞子さんが、去る10月22日に逝去されました。DEAR前身の開発教育協議会(DECJ)立ち上げ前の1980年に開催された開発教育シンポジウム...

「授業もテレビもワークショップも、伝え、扉を開く役割は一緒」立山芽以子さん(TBS New23 ディレクター)

平日夜のTBS系報道番組「NEWS23」。番組内の特集では、国内外の様々なイシューが深掘りして伝えられる。ディレクターとして、日系移民や第二次大戦、アフリカ、開発などに...

100

これからの開発教育の展開を考える 金谷敏郎(1983年)

DEAR設立時のメンバーのおひとりの金谷敏郎さん(国立教育研究所 アジア地域教育協力室室長・当時)が、去る4月に逝去されました。「Development Education」という英語を...

水俣のメッセージを"普通の人々"へー実川悠太さん(水俣フォーラム)

不知火(しらぬい)海の水俣病は、1968年にチッソ水俣工場の排水が原因と認められ、患者への補償・救済も不完全ながら進められた。教科書には「四大公害裁判」の1つとして...

100